小銭の行く末

money cash euro payPhoto by Skitterphoto on Pexels.com

子どもの頃は、目に見えて貯まることが楽しかった硬貨。日本でもすでに、電子マネーの普及で小銭を持ち歩く人が減ってきている。小銭が大量に集まると思われる、例えば神社の一部でも電子マネーが導入済だ。

ここ数年間に訪問したアメリカ、カナダ、ニュージーランド辺りでは、もともと現金代わりのデビットカードが使われていたため、換金をしなくとも、日本から持って行ったクレジットカードを使うことで問題なかった。ニュージーランドは1990年に1セントコインが廃止され、データ上のやり取りは残っているが、現金の取り扱いでは四捨五入が用いられている。

例:88セントのものを買う→1ドルを出す→10セントのお釣りがくる

え、12セントもらえないの?と思うのだが、得することもあるので、イーブンというわけだ。

一方で、最近メキシコを旅した友人は、「物乞いしている人に小銭を渡す」という可視化された施しの風習が残っていることを教えてくれた。日本でも街頭募金はどう変わっていくのだろうか。

募金という意味では、アメリカのアウトレットモールでカード払いをした際「~~~という非営利団体に、1ドル未満の端数を寄付しませんか?」と聞かれた。店員はこの質問を加えることが、社会貢献になるわけだ。消費者も、YES/NOだけで決められ、煩わしさがない。募金の場面は、電子マネーが使われるところに統合されていく方向なのかもしれない。

 

 

 

病院はホスピタルでいいの?

来日した外国人が体調を崩し、病院に連れていくことがこれまで何度もあった。特に冬のインフルエンザは、お気の毒だが団体行動が難しいため、外出を禁止してホテルステイしないといけない。

病院」を英語にすると、私たち「ホスピタル」って習っていないだろうか?

一度、高熱を出したドイツ人の若者に、「ホスピタルに行こう」と伝えたところ、とても素直で協力的だった人なのに「ノーーーッ!!!」と抵抗された。

涙目になるくらいだったので理由を聞くと、「まったく言葉の分からないところで、自分だけ取り残されたくない」不安だらけの表情をした。そう、彼が想像したのは「大病院での入院」だったのだ。

いやいや、もちろん時間外だったので大病院(日本赤十字)に行くことは間違いなかったけれど、あくまで「診察」だったのだ。

そう、この場合の英語は「クリニック」が適切。日本で言うと「診療所」だ。

日本語でも20名以上の入院設備がある場合を病院、それより小規模だと診療所、と言うそうだ。しかし英語だとホスピタル、と一様にに覚えてしまった気がする。

”We will go to a clinic.” のほかに、”We will see a doctor.”(医者に診てもらいましょう)と言ってもOK。

徹子さん、タモリさん、そして阿川さん

main

海外の要人をお迎えするなど、これまで比較的多くの現場を経験してきたが、その中でよく出てくるのが「席次」だ。これを、もっと一般の方に役立つようにお伝えしたい。

今回お話ししたいのは、「右上位」。自分より右にいる人のほうが上の位、という意味で、プロトコルという国際的な儀礼のルールでそのように決めている。ホストとゲストがいた場合、ホストを立てるのなら自分より右側にご案内する。逆に、ホストの自分のほうが明らかに上の場合(社長と社員、先生と学生など)には、自分より左に案内する方が相手にも親切だ。3人以上でも考え方は同じで、例えばスポーツの表彰台も、中央の1位に続いて、2位は3位よりも右側に位置している。

ひとつややこしいのが、舞台やテレビだと相対する形になるため、お顔を見ている場合には左側の人が上位にいることになる。「向かって左が上位席」となるが、自分中心に考えればとてもシンプルだ。

これで簡単な覚え方は、長寿番組『徹子の部屋』だ。徹子さんは必ずご自身の右側(画面では左)にゲストをお呼びしている。考えてみたら、タモリさんの『笑っていいとも!』もそうだった。部屋の場合、ドアの位置などによっても上位席が変わるが、基本的には「右上位」を徹子方式で覚えておくとよい。

一つ、どうしてもこのルールから外れるのが、阿川佐和子さんの『サワコの朝』だ。

nrr201190108_0-thumb-886x630-313189

『サワコの朝』での阿川さんは、画面の左、つまりゲストに対して上位席にいる。『徹子の部屋』と差別化したかったのだろうか、あるいはフリースタイルということなのかもしれないが、国際的なルールとしては、徹子さんの方を参照されたい。