未分類

1/2ページ

BrueThreeローンチからもっともよく読まれた記事

Pickup 未分類

今日で125記事。 つぶやきを、一日一人でも新規に読んでくださっている方がいることは、有難いことです。こういう記事が読まれてるんだという気づきにもなったので、今日までのベスト3を公開します。 1位 アンミカ先生が気になる(2018.12.4) アンミカ先生の「パリコレ学」、現在第14回まで順調に進み、私の大好きな写真家レスリー・キー氏もゲスト審査員として登場し、ますます見逃せません。冨永愛さんが出 […]

DAISOに一目置いている理由

100円ショップ、どこでも一緒と思っていませんか? はい、大体一緒なのは分かります。私はダイソー推しなのですが、デザイン性や女子のカワイイを重視する方はセリア推しの方が多いように思います。キャンドゥは店舗によって、ビジネスマン向け、外国人観光客向けなど、売れ筋を揃えている印象です。 まず、設立年と本社所在地。他社さんと比較してみます。 キャンドゥさんは、1993年設立の東京の会社。セリアさんは、1 […]

ますますファンが増えるヒグチユウコさんの展示

世田谷文学館「ヒグチユウコ展 CIRCUS」へ、足を運びました。 骨太な世田谷文学館 世田谷文学館は、少なくとも過去に2回、ガラスの仮面展と、浦沢直樹展で来たことがあります。 美内すずえと『ガラスの仮面』展(2007) 浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる(2016) 世田谷区を文化の発信地とする構想の一環で1995年設立、現在は公益財団法人が運営しており、過去にも、他ではできないようなユニークな展 […]

額装して分かった、3つのポイント

好きなポストカードくらいは買っても、額に入れようとまで思わない、そもそも額がない、というのが一般的な温度感でしょうか。思い立って額縁を買うことになった方へ、いくつかのヒントをお届けします! 額に入れる現物を持っていこう 今回は、ワンフロア―が額縁で埋め尽くされている、世界堂新宿本店へ行きました。 この辺りからもうドキドキするのですが、世界堂は売る方もアートのプロなので、 店内では結構の確率でガチン […]

猫好きなら全部分かる?猫ワールドあれこれ

1980年代に「しば漬け食べたい」でブレイクしたバイリンガルキャスター、山口美江さんが好きでした。山口さんは、タレント業よりも実業家として活躍されましたが、中でも「猫グッズをたくさん扱っている。猫ぎらいだが、猫グッズは売れるから」と話していたことが印象的です。 猫よりも犬派なワタクシですが、今日は猫特集です! 猫十字社さんの『小さなお茶会』 小さなお茶会(1)新装版 posted with ヨメレ […]

e-TAX、時間削減を期待!

確定申告の季節です。 通常サラリーマンは申告する必要はないのですが、私は大学、自治体、NPOなど数か所に寄付をしていることもあり、申告しています。 2018年11月上旬、ある通知が来ました。 2018年の確定申告は、税務署で事前にID申請をすれば、郵送しなくてよく、電子提出を認めるという内容でした。 手続きは5分、全国どこの税務署でもできるというのがポイントで、私は最寄りの税務署で手続きしましたが […]

困った時のペンジュラム

頭で考えすぎた時、誰かにえい!と決めてほしい時はありませんか? そんな時は、コインを投げて決めてもいいと思いますが、自分のからだに聞く方法を3つ、ご紹介します。 オーリング・テスト ネット上に引用できるレベルの文献がないのですが、オーリング・テストは、片手の指でOKサインを作り、輪をキープできるよう力を入れてもらいます。別の人が輪っかの部分を引っ張り、輪が離れるかどうかで判断するものです。 知りた […]

プロの見立てに頼る楽しさ

自分のことは一番分からない、とよく言います。 面白がって 心理テストをやるのも、自分を知りたいからです。 これは、外見でも同じこと。ご自分のセンスに自信がある方はいいですが、何が似合うか分からないから「パーソナルカラー診断」「骨格診断」などに頼りがち。 今日は、プロに頼ることをおススメしたく、私の信頼しているプロたちとのエピソードを紹介します。 ヘアスタイル 私の信頼している美容師さんは、私の似合 […]

イタ気持ちよく、足裏から健康に 

足裏マッサージ。好きな方も、苦手な方もおられますね。 テレビでは、痛がるリアクション芸のように、足裏マッサージが登場します。実際痛いので、演技は難しいくらいに冷や汗が出たりします。 私は、安全な健康法として、足裏マッサージを取り入れています。 足裏マッサージとは 足裏マッサージは、おもに 英国式リフレクソロジー のように、リラクゼーションを目指すもの 台湾式足裏マッサージのように、 カラダ改善を目 […]

法律を学んだ先の話

法学部を目指す高校生は、どんな将来を描いているでしょうか? 私自身、法学部を目指したことはありません。能力以前に、興味が持てなかった、法学部は六法全書を読んで弁護士になるためのところ、だから自分には関係ない、くらいの乏しいイメージしか持っていませんでした。 社会人になると、法学部出身の人たちはみな賢くて、文系エリートという感じ。では、法律の知識はどこで使うんでしょうね? 日経ビジネスオンラインに、 […]