日本のパスポート最強ってよ

日本のパスポートの強さ指数1位との発表を受けて、パスポートにまつわる話題。

発表の原文はこちら The Henry Passport Index

発表元の「ヘンリー&パートナーズ」はIATAの調査をベースにしているとのことで、IATAのランキングはこちら Global Passport Power Rank 2018

Photo by rawpixel.com from Pexels

IATAのランキングでは第3位群にいるので、今回別の調査でたまたま「第1位」になったことが話題を呼んだよう。もともと上位にいることは間違いないです。多くの国と友好関係にあり、海外旅行を楽しむことができ、そして自国が安定しているからこそ帰ってこられる。誇らしいことです。

日本のパスポートについて、三つほど小話を。

  • 緑の公用旅券

赤(10年)、紺(5年)以外に、緑が公用旅券。日本大使館で働く方のように長期の方から、公費で海外出張に行く比較的短い方まで、作成されています。一般旅券を持っている人たちが、なぜわざわざ公用旅券を作るのか分からなかったのですが、もしかして…。

緑のパスポート、行ける国が指定されています。公に務めるとは、そういうことなのですね。

ちなみに茶の外交旅券もあるそうですが、見たことはありません。

  • 査証欄増補

査証欄と呼ばれる白いスペースには、スタンプ押したり、VISA(シールのような形状)を貼られたりします。お仕事が多い方は早くいっぱいになってしまいますよね。こちら、手数料を払ってページを増やしてもらえます。ただし一度だけ。押すところがなくなると、パスポートとして使えなくなるので、計画的に準備する必要がありますね。

  • 海外では常時携帯

よく、「ホテルの金庫に置いて行ってもよいか」「コピーを持ち歩けばいいか」と相談を受けるのですが、私は常時携帯をお勧めしています。これは、今のところパスポートでしか身分を証明できないから。

逆の立場になると分かりますよね。日本で外国人の方が「私は〇〇国の△△という名前の者です」と言ってもパスポートがなければ信用できず、警察に連れていかれるかもしれません。

私は一度、ロシアのモスクワ市内観光地で警察からパスポートを見せるよう言われたことがあります。ホテルに置いたまま、手元にありませんでした。はじめはお金をせびられているかと思い無視していたのですが、帰してくれそうもなく、同行者を人質?に残し、ホテルに取りに行く、という失敗談。そのことからも、注意深く携帯するようにしています。

価値ある日本のパスポートですから、旅の最初から最後まで離さずに持っていましょうね!万が一紛失したら、現地の警察と日本大使館へ連絡を!

 

 

お仕事させていただく?

actress adult attractive audience
Photo by Pixabay on Pexels.com

テレビを見ていると、タレントさんのお話に多い表現が、「~~さんとお仕事させていただく」だ。「お仕事をご一緒させていただく」もある。やや回りくどい言い方に聞こえる。長い言い回しにすることで、丁寧というベールに包んでいる感がある。うーん、本当に丁寧なのか?

リクナビによれば、「相手の許可を受けているか」「恩恵を受けているか」がポイント。例えば、「先日Aさんとお仕事させていただいた」時、Aさんの許可は受けていないだろう。番組プロデューサーやマネージャーが決めたことで、お互いプロとして仕事しているからだ。また、一緒に仕事したこと自体が特別な体験だったとは思うが、直接的な恩恵を受けているとも言い難い。

「光栄にもお仕事をご一緒しました」

「お仕事をご一緒する機会をいただきました」

くらいが無難かなーと思う。

最近のキッズたちはテレビを見ないというので、テレビの影響もさほどないかもしれないが、日本語のなかでも難しい尊敬語、丁寧語、謙譲語を区別して使える有名人は、かっこいいなと思う。

 

 

おはよう以外の「グッドモーニング」

woman girl silhouette jogger
Photo by Pixabay on Pexels.com

グッドモーニングはおはよう、グッドイブニングはこんばんは、そんなふうに学習したはず。けれど、どうもネイティブの方のスピーチから、そればかりではないことを学んだ。

特に、午前のスピーチの結びに、グッドモーニングと言うことが多い。「おはよう」という訳を当てると、とても変な感じがする。

これは、Have a good morning. 「よい朝(午前)をお過ごしください」という意味だ。Have a good day. 「よい一日を」というのは聞いたことがあるだろう、それと同じだ。Good day. は「よい一日を」=「さようなら」として使えるので、「さようなら」がGoodbye. だけではないことが分かる。

形容詞+名詞というのは他にもあり、

Happy birthday!

事前なら「よいお誕生日を!」当日なら「お誕生日おめでとう!」

Merry Christmas!

事前なら「よいクリスマスを!」当日なら「クリスマスおめでとう!」

Happy new year!

事前なら「よい新年を!」年を越えたら「あけましておめでとう!」

日本語の訳は一つだけではないので、おなじみの英語フレーズ、ぜひ別のタイミングで使ってみてほしい。

 

トム・ダッシュだけで価値あり

「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」

tomcruisemi6poster

MI6撮影時、御年55歳か。トム・クルーズのすごさを拝みに行く価値のある映画。トムにスクリーンで会えたなら、どんなにあのBGMのパーカッションで煽られようとも、無意味にヘリコプターを使ったシーンが続こうとも、気にならない。

一番の見どころは、トムの100メートルダッシュ。私は「トップ・ガン」世代でもあるので、映画を見始めたころからトム・クルーズと一緒に歳を重ね、人間だれしもそうであるように、体力の衰えも感じている。だからこそ、100メートルダッシュするトムをそれだけでリスペクト!!

走ると言えば、「あぶない刑事」。舘ひろしさん、柴田恭兵さんがいつも疾走していた。「さらば あぶない刑事」(2016)でも還暦過ぎたお二人の猛ダッシュが見られて、感激!

ほかの見どころもご紹介。一つは、街ロケ。「映画で町おこし」なんてのもよく聞く一方で、パリが出てもロンドンが出ても何とも思わないのではないか。いやいや、パリにはセーヌ川、ロンドンにはテムズ川があって、橋がある、観光名所がある、カフェがある。チェイスにはぴったりの環境。特にパリでは、放射状の街並みでオートバイのチェイスがあり、こっちからも責められた、次もダメ、とどんどん追い込まれていく様子が画面から伝わってくる。

脇役も素晴らしかった。アンジェラ・バセットがCIA長官として登場。アンジェラと言えば、「マルコムX」(1992)で演じた妻ベティ・シャバズ役が印象的で、可憐かつ芯のある女性のイメージ。今回の役は随分貫禄あり、図太さも含めて好演。

以下、少し残念だったところ。

▼アジアのプレゼンスが弱い。謎の男はアジア系だが、セリフがなくすぐに殺されてしまった。

▼日本語字幕。戸田奈津子先生はトム・クルーズが絶大な信頼をおく字幕翻訳者だが、御歳のせいか、現代の日本語感覚から少し離れる。一つ覚えているのは、「足を洗う」―――書き言葉としてありだが、登場人物の会話テンポとなじまなかった。

▼2時間半。なぜ?