グルメ

1/3ページ

チャコール感満載のハンバーガーをどうぞ 永田町「ザ・バーガーショップ」

永田町界隈はビジネスパーソンのためのランチが充実していると言い難いエリアですが、意外なグルメスポットかもしれません。当ブログでも、ラーメンの「ソラノイロ」、ドーナツの「ホーカスポーカス」などご紹介してきました。 今回はハンバーガー「ザ・バーガーショップ」です。 ハンバーガーと言えばマクドナルドの代名詞だった1970~80年代、価格は200円台から400円程度でした。 1,000円近くするいわゆるグ […]

星付きでも気軽に楽しめる飲茶 ティム・ホー・ワン

小籠包のディンタイホン(鼎泰豊)とイメージが近しく、台湾の企業かと思っていたら香港のお店でした、ティム・ホー・ワン(添好運)。 2009年と、比較的新しく看板を掲げた店ですが、『全世界最便宜的米芝蓮餐廳』 (世界一安いミシュラン星付きレストラン)と一気に有名に。便宜は安い、 米芝蓮はミシュラン mǐ zhī lián 、 餐廳は食堂を指します。 2018年4月、日本の1号店が日比谷にできてから1年 […]

ジュージュー言わない焼肉の店29on(ニクオン)

私はかなりの確率でテレビ東京の番組を見ているので、『カンブリア宮殿』から企業を知ることも多いです。 2018年6月の放送で、「29on」(ニクオン)を知りました。favyという会社の運営する会員制の肉料理のお店です。 家庭用でも出ている低温調理器具を使い、お肉が固くなる手前の温度(60度台)で真空パックの肉に火を通すやり方。そうすると旨みである肉汁も閉じ込められ、柔らかい赤身の肉が出来上がります。 […]

日本一やさしいスリランカカレー「アユボワン」

日本一とつけたのは、わたくし史上という意味です。大昔スリランカに行ったことがあるので、おそらくカレーは食べたのだろうけれど、日本でスリランカカレーを食べたのはこのお店が初めてかと。 谷中・千駄木エリアのよみせ通り、「アユボワン」。目印は延命地蔵です。 【よみせ通りトリビア1】いつもスピーカーからBGMが流れているのですが、このビジュアルにしてクラシックの時もハワイアンの時もあり、ゆるすぎる選曲が好 […]

ホーカスポーカス、ドーナツどーでしょ?

永田町にある高級ドーナツ店 青っぽい永田町GRID、未来的で好きなビルです。 そして1階にはファクトリーとカフェを併設したドーナツショップ。 価格帯がケーキと同じなので、ミスドの100円とか連想して行かないようにご注意を。 ショーケースも、撮影どうぞと言ってくださいました。 食べたら分かるんですが、これドーナツという名のケーキです。(多分)揚げておらず、焼いたり蒸したりしている模様。 味はR […]

不思議な国でアフタヌーン・ティー体験(6月2日まで)

表参道のセントグレース大聖堂という結婚式場の向かいに、ポルトフィーノという船着き場(ポルト)を模した多店舗施設があります。今回はそこに店舗を構える「VINO BUONO」で展開しているアフタヌーン・ティーをご紹介。 場所は、UMAMI BURGERの上だから、分かりやすいです。 今回こちらにお邪魔しようと思ったきっかけは、単純に「不思議の国のアリス」が好きだから、でした。ディズニーで水色のスカート […]

ペットボトルでない緑茶の味わい(静岡)

静岡市内、森内茶農園さんを訪問しました。 お友だちにお誘いいただき、「お茶と地そばを楽しむ会」に参加。 のどかな風景が広がります。こちらは、大量生産ではなく少量のロットで、自分たちの目の行き届く範囲で、お茶を生産されている農家さんのようです。 静岡では「やぶきた茶」を初めとするブレンド茶が有名です。ブレンドは、一定した味を保つのが得意でしょうか。一方でいわゆるシングルオリジン(1品種)は特有の味わ […]

高田馬場より静岡愛をこめて「ガッツ」

静岡とおでんと私 「静岡おでん」と言うブランドにまで発展しましたが、 静岡でおでんと言えば、子どものおやつであり、軽食であり、酒のつまみです。駄菓子屋さんでおでんを仕込んでいるところも多く、おでん街には飲み屋もひしめいていました。 黒いだしで煮たおでんに、だし粉、ねりからしを付けて食べます。私は高校生の頃は、だし粉をかけるのはスタイリッシュでないと思い、粉なしで食べていました。今思えば、カルシウム […]

俺のレーズンパンを食する幸せ

世の中には、レーズンが好きな人と、レーズンが嫌いな人がいます。 これは、他の食材よりも顕著に好き嫌いが出ます。たぶん干してあるからですね。ブドウが好きでも干しブドウ嫌いはいると思います。 私とレーズン 私はレーズン嫌いからレーズンまあまあ好きに転じました。 小さい頃はあのグチュッとした触感と中途半端な甘さが嫌い。好きになったのは料理に合わせるようになってからです。直接食べるより自然な甘さを活かすこ […]

たかが、されど、福島のキャラメルポップコーン

アメリカの映画館では、バターのかかったポップコーンの匂いが特徴的だったことを思い出します。なぜか?入場料だけでは売上が上がらないため、原価が安くて管理が簡単なポップコーンを売り始めた、というのが定説のようです。今では日本のシネコンでもポップコーンは定番ですね。 映画のおやつとしてのチープな存在ならまだしも、原宿でギャレットポップコーンに行列ができた時には、驚きました。日本上陸は2013年2月1日だ […]

1 3