外国のお友だちに手土産 厳選スナック・お菓子3点

インバウンド人気で、日本で外国人観光客がよく買っていくものは耳にします。菓子では例えばキットカットはフレーバーが多くて大人気。その他にも、抹茶フレーバーの菓子などが人気で、ドン・キホーテなどにはそれら商品が溢れていますね。

しかし来日したことがない人、日本にあまり関心がない人への手土産を選ぶ観点からは、少し状況も異なります。あんこやせんべいなど好みが分かれるものは避けたいし、チョコなど温度管理が大変なものもあるのが現実。意外にも喜んでいただけるスナック・お菓子を3つご紹介。

第1位 ヨックモック シガール

https://www.yokumoku.jp/

もう写真で答え出てますね。本当に一押しです。小さい頃、タバコを吸う真似をした人、「ハーイ」(全員)。繊細で、小麦粉製品なのに粉っぽさがなく、フワッとバターの香りに包まれる幸せ。中華圏にもエッグロール(蛋巻)はありますが、シガールは家庭菓子のハイエンドで、高級感があります。

割れやすいのが難点ですが、ちゃんと缶に入っているから大丈夫。少量のラインアップはエコな紙箱なのもいいです。空港のパスポートコントロールを通過して免税店で買える場合には、消費税分もお得ですよ。

第2位 歌舞伎揚

なぜかバーレーンの人に大人気な歌舞伎揚。「かぶきあーげ」と呼ばれています。バーレーン人の舌に合うのなら、中東で人気と言ってよいでしょう。現地のスーパーでもお金を出せば売っているそうですが、手ごろな価格で食したいですよね。あのほんのりした甘さと、揚げ菓子特有の雑多感がたまらない。

一つポイントは、みりんも含めてお酒が使われていないこと。イスラム教徒の方々はお酒を口にできないので、原材料がOKなのはポイント高いです。似たようなお菓子はたくさんありますが、天乃屋さんのがいいと思います。

原材料表示
うるち米(米国産、国産)、植物油、砂糖、しょうゆ(大豆・小麦を含む)、果糖ぶどう糖液糖、調味エキス(大豆を含む)、食塩、加工でん粉(小麦由来)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素

第3位 柿の種

なぜかノルウェーのお友だちが、柿の種好きだったので、北欧へのお土産なら大丈夫ではないかと。勝手な想像としては、魚を食べる国なので、鰹節ベースの味付けに抵抗ない可能性があります。魚より肉文化の国の方々だと、反応を示されることがあるので。

甘いものが苦手な人も、柿の種なら食べられるし、ビールにも合うようです。私のおススメは王道の亀田です。

 


送料無料《ヨックモック》YCG-F シガール(48本入り) 洋菓子 ギフト ハロウィン 缶入り 個包装 詰め合わせ チョコクッキー 内祝い お礼 お祝い お返し 手土産 スイーツ ご挨拶 贈り物 引越し 粗品 焼き菓子 快気祝 お菓子 百貨店 のし 人気

日本のパスポート最強ってよ

日本のパスポートの強さ指数1位との発表を受けて、パスポートにまつわる話題。

発表の原文はこちら The Henry Passport Index

発表元の「ヘンリー&パートナーズ」はIATAの調査をベースにしているとのことで、IATAのランキングはこちら Global Passport Power Rank 2018

Photo by rawpixel.com from Pexels

IATAのランキングでは第3位群にいるので、今回別の調査でたまたま「第1位」になったことが話題を呼んだよう。もともと上位にいることは間違いないです。多くの国と友好関係にあり、海外旅行を楽しむことができ、そして自国が安定しているからこそ帰ってこられる。誇らしいことです。

日本のパスポートについて、三つほど小話を。

  • 緑の公用旅券

赤(10年)、紺(5年)以外に、緑が公用旅券。日本大使館で働く方のように長期の方から、公費で海外出張に行く比較的短い方まで、作成されています。一般旅券を持っている人たちが、なぜわざわざ公用旅券を作るのか分からなかったのですが、もしかして…。

緑のパスポート、行ける国が指定されています。公に務めるとは、そういうことなのですね。

ちなみに茶の外交旅券もあるそうですが、見たことはありません。

  • 査証欄増補

査証欄と呼ばれる白いスペースには、スタンプ押したり、VISA(シールのような形状)を貼られたりします。お仕事が多い方は早くいっぱいになってしまいますよね。こちら、手数料を払ってページを増やしてもらえます。ただし一度だけ。押すところがなくなると、パスポートとして使えなくなるので、計画的に準備する必要がありますね。

  • 海外では常時携帯

よく、「ホテルの金庫に置いて行ってもよいか」「コピーを持ち歩けばいいか」と相談を受けるのですが、私は常時携帯をお勧めしています。これは、今のところパスポートでしか身分を証明できないから。

逆の立場になると分かりますよね。日本で外国人の方が「私は〇〇国の△△という名前の者です」と言ってもパスポートがなければ信用できず、警察に連れていかれるかもしれません。

私は一度、ロシアのモスクワ市内観光地で警察からパスポートを見せるよう言われたことがあります。ホテルに置いたまま、手元にありませんでした。はじめはお金をせびられているかと思い無視していたのですが、帰してくれそうもなく、同行者を人質?に残し、ホテルに取りに行く、という失敗談。そのことからも、注意深く携帯するようにしています。

価値ある日本のパスポートですから、旅の最初から最後まで離さずに持っていましょうね!万が一紛失したら、現地の警察と日本大使館へ連絡を!

 

 

旅行のお役立ちサイトとアプリ

個人旅行の場合、旅の行き先を決めた後、具体的にどこに行くかを調べますよね。

adult adventure beautiful climb
Photo by Nina Uhlíková on Pexels.com

デジタルネイティブの皆さんは、TwitterやInstagramでハッシュタグを使い検索しているようです。私はいつもガイドブックを買わずに、ウェブで調べていますが、特に海外旅行でこれまで活用度の高かったウェブサイトとアプリを、紹介します。

TripAdvisor

TripAdvisor、海外旅行では日本よりも早く、観光スポットや飲食店の前でステッカーを見てきた気がします。日本語サイトでもおおむね海外情報にアクセスできます。ホテルはいろいろなサイトで取れますが、特に「観光」と「レストラン」が使える!ユーザーの満足度を☆の数で確認できるので、レストランなら日本の「食べログ」と同じコンセプト。

バンクーバーでの滞在最終日午前にスタンリー・パークのサイクリングを入れたり、台北の養心茶楼でシックなベジタリアン飲茶を満喫など、とても役立ちました。

運転するならMAPS.ME

海外でレンタカーするなら、MAPS.ME(Apple / Google)がおススメです。なぜなら、Wi-Fiなしの環境でも使えるから。これは大きいです。GPS機能はついているので、現在地が分かり、「次の交差点を左折」などのナビもしてくれます。

使いたいエリアの地図をダウンロードしていく必要があるので、Wi-Fiありの環境で準備しておくことをお忘れなく。

公共交通機関ならGoogle Map

Google Mapは日常的にも使っている方が多く、待ち合わせに遅れた際、Google Mapと「にらめっこしてた」「泣かされた」という話も聞きますよね。

海外でバスや電車を使う場合、かなり正確に路線や時刻を表示してくれるので、助かります。

特に海外のバス利用は、安くて助かる代わりに、到着地までのいくつバス停を通過するか、どこで「降車」リクエストを出すか、など冷や汗もの。Google Mapで調べておけば安心です。

私は少しアナログな方法で、検索画面のスクリーンショットを撮っておき、Wi-Fiのない環境でも手掛かりを残せるようにしています。

Happy travels!

小銭の行く末

money cash euro payPhoto by Skitterphoto on Pexels.com

子どもの頃は、目に見えて貯まることが楽しかった硬貨。日本でもすでに、電子マネーの普及で小銭を持ち歩く人が減ってきている。小銭が大量に集まると思われる、例えば神社の一部でも電子マネーが導入済だ。

ここ数年間に訪問したアメリカ、カナダ、ニュージーランド辺りでは、もともと現金代わりのデビットカードが使われていたため、換金をしなくとも、日本から持って行ったクレジットカードを使うことで問題なかった。ニュージーランドは1990年に1セントコインが廃止され、データ上のやり取りは残っているが、現金の取り扱いでは四捨五入が用いられている。

例:88セントのものを買う→1ドルを出す→10セントのお釣りがくる

え、12セントもらえないの?と思うのだが、得することもあるので、イーブンというわけだ。

一方で、最近メキシコを旅した友人は、「物乞いしている人に小銭を渡す」という可視化された施しの風習が残っていることを教えてくれた。日本でも街頭募金はどう変わっていくのだろうか。

募金という意味では、アメリカのアウトレットモールでカード払いをした際「~~~という非営利団体に、1ドル未満の端数を寄付しませんか?」と聞かれた。店員はこの質問を加えることが、社会貢献になるわけだ。消費者も、YES/NOだけで決められ、煩わしさがない。募金の場面は、電子マネーが使われるところに統合されていく方向なのかもしれない。

 

 

 

五島行きを決めた方へ

今年の夏、初の五島列島へ行ってきました!

ネットでいろいろ調べて計画を立てた個人旅行でしたが、こうだったらいいな!と思ったことを書き残しておきます。

dav

上五島と下五島

長崎県は島が多いことでも知られていますね(971もあるとか)。五島も140ほどあるようですが、ざっくり北側の「上五島」と南側の「下五島」に分かれることを覚えておいてください。下五島にある福江島(ふくえじま)が最大で、福江空港もあります。目的の島がある方以外は、初の五島はほぼ福江に行く、もしくは福江を含むことになると思います。ただし「福江島に世界遺産はありません」と、福江の方に言われます。

五島は長崎市以外からも行ける!

私は羽田―長崎の飛行機を押さえてからフェリーで五島に向かいましたが、調べるうちに福岡や佐世保からもフェリーが出ていました。飛行機は福岡から福江(下五島)にも出ているみたいです。ただ、出発点と帰着点を変えて(例:長崎IN、福岡OUT)三角移動したい方は、念入りに計画する必要がありそうです。

車が必須!軽でOK!

五島では、港に着いても空港に着いても、車が必要です。レンタカーの予約をお勧めします。いつも普通車に乗っている方も、軽のレンタルで構いません。普段乗らないから少しでも快適にと、高級車を予約しない方がよいかと。なぜか?一つは、ガソリンが島価格でリッター当たり20円くらい高いのです。少しでも燃費がよい方がいいですよね。もう一つは、狭い道と側溝が多いので、車が小回りがきく方がよいです。この2つは地元の方に聞いたので、参考にされるとよいと思います。