丁寧な暮らし

1/2ページ

手づくり味噌には昆布をイン!

普段、昆布を消費することは、なかなかないだろうか。塩昆布は使うことはあっても、昆布を毎日の食事に使うかというと、なかなかそうはならない。 私は「味噌玉」を作るようになってから、昆布の消費が日常的になった。味噌玉は、味噌とダシ、具材をボール状にしたもので、お湯に溶くだけで味噌汁になる。私はそれすら面倒で、味噌、ダシ、具材を小さなタッパーに入れて、お弁当に忍ばせている。 今年初めて味噌づくりをしたもの […]

塩加減のマジック!

塩はどの国の料理にも使われている、もっともベーシックな調味料の一つ。 食材によって塩のパーセントは違うが、それぞれ絶妙な塩加減になるのが、料理を通して分かってきた。今日は,私がトライしたことのあるレシピから3つをご紹介。塩の多い順です。 梅干しの作り方。初心者でも失敗しない簡単な漬け方。 (やまでら くみこ のレシピ) 今年、こちらのレシピを参考に、初めて梅仕事をしました。しそは入れずに塩のみで4 […]

スリランカのお土産として!体ぽかぽかドリンク「サマハン」

インドとスリランカはカレーなど共通の食文化もあると思うが、カレーに欠かせないスパイスは生活の一部になっているよう。 スリランカに行く人がいれば、ぜひお土産をお願いしたいのが、「サマハン」。体調が少し優れないときに飲むナチュラルな薬です。 ゆるやかに天然の成分で治すようなカゼ薬、日本なら葛根湯でしょうか。スリランカではクミン、コリアンダー、ジンジャー、コショウ等のスパイスミックスです。 写真のこの箱 […]

破れないストッキングが世界を変える!?

女性に生まれたことは100%喜ばしく思っているのだけれど、ストッキングだけは苦労した経験が多い。 20代の頃は、代謝もよいので暑く感じ、まとわりつくのが気持ち悪くて、履けない。大体素足にフットカバー的なもので済ませてしまう。 30代後半くらいから、足の乾燥や引き締めなどの目的もあってだんだんストッキングを履くようになったが… 悲しい哉、私は足が大きいのですぐに親指に穴を開けてしまう。1 […]

アクセサリーは作家から買う「ミンネ」

アクセサリーは習慣的にするものなので、付けなければ落ち着かない人もいれば、まったく付けなくて大丈夫な人もいると思う。私は肌の弱さから、汗をかいたりかぶれたりということを避けるために、アクセサリーを身に付けないことの方が多い。しかし、肌に負担をかけない軽くて細いものなどは、付けたいなと思うことがある。 「ミンネ」というサイト(アプリ)を見つけたのは、ちょうどハンドメイド作品の販売サイトが立ち上がった […]

手で食べる美味しさ 極めつきはポテチ

素手で握ったおにぎりが衛生的でないとして、食べない子どもがいると言う。ラップも普及しているし、コンビニおにぎりになれているからだろうか。 パンや麺は、手作りすれば素手でこねるものだ。和菓子は職人が手で成形している。それを思えば、感覚的な問題なのかな、とも思う。 手で食べる美味しさを一番感じたのは、私の場合ポテトチップスだ。本を汚したり、服を汚したり、何度となく裏切られた(?)食べ物。 人生で一度だ […]

築5年物件にピクチャーレールをつけてみた

好きなものと暮らすこと。誰もが憧れているだろう。現実は、たくさんのものに囲まれて、好きなものがどこか分かりづらくなっていることも多いと思う。 そんな、どうしても後回しにされがちなアイテムの代表格がアート、「絵画」や「額縁」ではないだろうか。賃貸物件は壁に穴を開けることができないし、分譲物件であっても変更の効かないような大がかりな冒険は避けたい。日本家屋の代表格である鴨居はもうないのが当たり前なので […]

フィンドホーンのフラワー・エッセンスで、体を整える

フィンドホーンのことを知ったのはかれこれ15、16年前、とあるシニア研究員から。もちろん出張や会議などで海外とご縁のあった方だが、スピリチュアルとは程遠い世界にいるように見えたその方の休暇先がフィンドホーンということで、「妖精が住んでいる」という説明をしてもらったように思う。スペルを教えてもらって、ウェブ検索したことを覚えている。現在は、フィンドホーン財団の日本語ページもできているようだ。 妖精& […]

鉄瓶に行きついた理由

わたくし、長らくラッセルホブスのケトルのファンでした。 ラッセルホブスのよいところは、フォルムが美しい!ステンレスで清潔感がある!そしてお湯が沸くのが速い! T-FALを使っている人も多いと思いますが、私はある程度の重量があるラッセルホブズの方が、持つときに安定して使いやすいと思います。 しかし、どうしても注ぎ口の根元(本体と注ぎ口のつなぎ目)から水漏れしてしまうこととなり、2台購入しています。そ […]

酵素玄米、美味しいから続けられる

酵素玄米が話題になったのは2013年頃に遡るだろうか。私の周りで始めた早い人たちは2015年、どうもスピリチュアルなイメージ。私が初めて口にしたのは2016年秋だったと思う。美味しくいただいたが、その時は何とも思わず。2017年夏にちょうど映画「いただきます」を見て(ブログ)、まず玄米がいいなと思ったところから始まる。 圧力釜や土鍋も持っているけれど、玄米生活を続けるのにできるだけ簡単に、生活に取 […]