英語

1/3ページ

本と写真が好きな方、ライカのレスリー・キー写真展へどうぞ

「ライカ」(Leica)がカメラのブランドであることは言うまでもないですが、ある犬の名前でもあります。ソ連が打ち上げたスプートニクに乗せられた、ライカ犬(Laika)。私の中で殿堂入りしている映画『マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ』(1985)の冒頭に主人公の「宇宙を飛んで餓死したライカ犬より、僕の人生はましだ」という内容の、詩的な独白があります。 今日はカメラの方の「ライカ」の話。写真家のレスリー […]

マライアから教わった、ベターアングル

「ベターアングル」と言う言葉を知ったきっかけは、1990年代前半、マライア・キャリーが急ブレイクしたアルバムでした。カナダの友人から教えてもらいました。 マライア・キャリーさん MARIAH CAREY マライア・キャリー MUSIC BOX CD posted with カエレバ 楽天市場 Amazon 7net 米国エンターテインメント業界がアングロサクソン(いわゆる白色人種)中心の歴史を歩ん […]

ライフコーチ的なイネスが好き

最近日本からアジア全域へ活動の拠点を移してしまったと言われる、イネス・リグロンさん。1990年代後半からミス・ユニバース・ジャパンの育成に励まれ、森理世さんをミス・ユニバースで優勝させるなどの実績を作られた方です。イネスさんご自身はモデルをされていませんが、アンミカ先生を地で行くようなお立場ですね。 ポジティブ・ワードで心から祝福する イネスさんは、とにかく褒め上手です。彼女はフランス人で、ビジネ […]

あなたはペスカトリアン?

先進国には、宗教とは別にライフスタイルで食べる物を選んでいる人たちが多くいます。 食に困らず、そして食を選ぶ余裕がある。それだけ豊かと言うこともできますね。 最近、「ペスカトリアン」という言葉に出合いました。 想像できますね。魚を食べる人のことです。この場合、魚+野菜がOKです。 先日お会いしたカナダの方は、魚を止めて菜食主義になった人とお話されていました。2013年のドキュメンタリー『プラスチッ […]

常に社会を挑発!スパイク・リー監督新作『ブラック・クランズマン』

日本時間で2月25日、第91回アカデミー賞の発表があります。 私のアメリカ留学時代には、現地での日曜日、映画を学ぶ教授や学生が集まり持ち寄りパーティなどにしつつ、各自採点しながら受賞者を当てる、なんて風物詩もありました。 『ブラック・クランズマン』 今回楽しみなのは、スパイク・リー監督の新作『ブラック・クランズマン』(2018)が最優秀作品ノミネートされていることです。 日本では3月22日公開予定 […]

あなたの一番尊敬する人は誰?

ワタクシ20歳で一度米国留学しているのですが、その時の体験から。 日本とはちがった、尊敬する人 とある授業の一番最初に、小グループで自己紹介することになった時を覚えています。 質問がいくつか用意されていて、その一つが「あなたの一番尊敬する人は誰?なぜ?」(Who do you respect the most?) でした。 え、どうしよう…。私にはなぜか「夏目漱石」が思い浮かびました。 […]

ケア・パッケージは心を送ること

沖縄出身で、現在米国暮らしの友人が、Facebookで「care package」(ケア・パッケージ)としてお披露目していた食品の数々。 「わわらかてびち」や「なかみ汁」など、郷土色豊かですね! ケア・パッケージとは、「親類や友人に、ささやかなプレゼントや季節のものを詰めて送る小包など」( ALC英辞郎 )とありました。 英語の辞書で王道のメリアム・ウェブスター(Merriam-Webster)で […]

楽天が社会変革を加速する!「三方よし」なプログラム

楽天ソーシャルアクセラレーター(RSA)のDemo Dayに参加してきました。 楽天が「テクノロジーで社会課題」をテーマに、選考に勝ち抜いた6団体と社員との6か月協働プログラムを実施しました。その報告会です。 こんなに盛況! 定員300名で満員御礼でした。 プレゼン上手!美しいパワポ! 起業家さんたちは、概ね30~40代の方々でしょうか。やっぱりお話上手です。ストーリーがある、インパクトがある、コ […]

野菜の袋売り、どう変えられる?

友人が主催したMeet Upなるもの― 同じ志や関心を持った人の集まり― に参加してきました。 記念すべき初回Meet Up 「Sustainable Living Tokyo」 サステナブルな暮らしを自分たちから楽しくやっていこう、というゆるやかな集まりですが、知識や実践レベルも高い方がたくさんおられました。 友人以外は初対面で計16名が集まり、おそらく日本人は私ともう一人? アジア、北米、南米 […]

惜しい!JR東日本の冬のビジュアル

「ぜんぶ雪のせいだ。」はもう5年前の話だったのですね。JR東日本の冬の広告。 原田知世さんファンだったアラフォー男子の心を鷲づかみにしていました。男子と書いたのは、心が思春期だからです。 「行くぜ、東北。」シリーズなど、素敵なビジュアルが多く、ウェブ上でも人気。松岡茉優さん、可愛いし。 今年の冬は、新しいビジュアル。目に入ってきた途端、何かが足りないのに気づきました。 あれ、GO FOR! って? […]

1 3