英語

1/4ページ

Go To キャンペーンの謎が解けたよ

少し英語を勉強した方だと、「Go To キャンペーン」と聞いて、あれ?と思うと思います。 Go To の後には、「場所」が来るのが一般的です。「~へ行く」の~がないのは、変な感じがします。Go to school とか言うくらいですから、旅行に限った話ではありません。 英字サイトでは、「Go To Travel Campaign」とされているようですが、Go To キャンペーンと同じなのでしょうか […]

ケイスケホンダの英語をお手本に

サッカーには詳しくないアラフィフのわたくし、中田英寿さん(1977年生まれ)に近い世代ですが、大変近い存在に思えるのは本田圭佑さん(1986年生まれ)です。もちろん、お会いしたこともなくまったく近くないのですが…。 海外のチームに移籍するのは、中田選手も成し遂げていて、流ちょうなイタリア語で話されていたことも記憶しています。それに対して本田選手は英語、むしろ国際的により通じる言葉で、よ […]

コロナコロナって日本以外でも言う? 世界の声をまとめてみた

「コロナが憎い」という言葉がありました。これは、このウイルスさえなければ、ということで新型コロナウイルスそのものが憎いという意味だと思いますが、「コロナにかかった」と言えば新型コロナウイルス感染症に罹患したことを指しますし、「アフターコロナ」と言えば、パンデミック(感染症の世界的な大流行)が収束したら、という意味になります。コロナはいかようにも取れる曖昧ワードとなっています。 「コロナ」(coro […]

「自粛を要請」の英語は

不要不急の外出自粛を要請。「自粛を要請」がおかしな日本語だと、ネットで話題になっていました(出典)。たしかにね、自分の意志があって成立することなのに、他人が頼むのはおかしいです。 そして4月7日の時点で、「緊急事態宣言 首相の会見内容を全大使館に通知」とありました。では大使館は日本で暮らす自国民に対してどう情報共有しているかな、と気になりチェックしました。 米国大使館では、この首相の会見内容を受け […]

ところ変わればFYも変わる

外資系などにお勤めの方、FYがFinancial Year (Fiscal Year) というのをご存知ですね。 いわゆる「年度」というやつです。 欧米の企業では6月決算が多い気がします。例えば今期でいえば、2020年度は2019年7月から2020年6月までです。新しい方の年度に合わせるんですよね。 理由を私なりに考えると、「時代先取り感」かなと思っていました。 月刊誌も、4月号を2月下旬に発売し […]

言葉好きの心をくすぐるHiNative.com

私は「言葉好き」というほどではないのですが、これまで英語、中国語、アラビア語など勉強したことがあり、外国語にはそこそこ興味がある方なのだと思います。 今は主にビジネス英語を使う生活をしていますが、新しい表現を覚えると使ってみたくなったり。カッコつけた表現、くだけた表現、いろいろあるからです。 先日ふと、too と as well のちがいを知りたくなりました。どちらも「~も」の意味があります。Hi […]

「レンチン」は意外とアツい言葉

音自体が言葉になるのを擬音語と言いますが、がっつり日本語になってしまったものに「チンする」があります。電子レンジで温める、と言えばいいでしょうか。バリエーションとしては「レンチン」。 カジュアルな言い方なので、コンビニでは 決して 「チンしますか?」ではなく、「温めますか?」ですけれど。出来上がった時の「チン」という音で電子レンジを示すって、スゴいことだと思います。 英語だとmicrowave(電 […]

使える単語、procrastinator (プロクラスティネイター)

わたくし、自称「procrastinator」です。ポジティブな言葉ではないのに、なぜか愛着を持って使ってしまう。しかも、この言葉知ってると、ちょっと英語話せる感じが出ます。 まず、ケンブリッジの辞書で「procrastinate」(動詞)を引いてみましょう。 procrastinate verb [ I ] to keep delaying something that must be done […]

クリスマスカードを選ぶときに

街にはクリスマスツリーが立ち並びます。外国人のお客さんやお友だちに、クリスマスカード出そう、という時期ですよね。 日本人だと少し忘れがちですが、クリスマスはキリスト教信者にとってお祝いの日、宗教行事ですね。ですから、「メリークリスマス!」(よいクリスマスを/クリスマスおめでとう)は、信者が言うことです。 話を戻して、クリスマスカード。クリスチャンでない人が出すには、どうしたらよいでしょうか?そんな […]

シアトルで見つけた英国、クランペット・ショップ

最近、成城石井で「クランペット」を見つけました。「穴ぼこだらけの英国式パンケーキ」と紹介されています。ちょっとしたブームだそうです。 実は今年の夏、米国シアトルを旅行中、アメリカ人からクランペットのお店を紹介され、行きました。その時クランペットを知らなかった私も、アメリカの食べ物でないことは分かりました。アメリカの「甘くてふわふわ」とはちがう味と触感。クランペットは「塩味寄りでもちもち」、食事にも […]

1 4