映画

1/8ページ

フラットな視点で切り取った、厳しめの現実『ノマドランド』(2020)

こんにちは、映画ひと言ライターのJunkoです! フランシス・マクドーマンド主演ということだけで観に行くと決めた、2021年3月26日公開の『ノマドランド』。 不思議な映画でした。 見終わって1週間ほど経ちますが、それでも言葉にするのが難しい。私の中で、すぐに言葉にならない作品は、良作の基準の一つになっているかもしれません。 『ノマドランド』へのひと言 絞り出すとしたら… こんな感じで […]

私のなかの田中邦衛さん『北の国から』

トップ画像 (C) フジテレビ/ FOD 田中邦衛さん、2021年3月24日ご逝去のニュースが飛び込みました。謹んでお悔やみを申し上げます。 こんにちは、Junkoです! 田中邦衛さんの代表作は、何と言っても1981年からの『北の国から』テレビシリーズでしょう。アメリカの西部開拓を描いた『大草原の小さな家』からインスパイアされた作品、とも聞いています。私もまだオンデマンドでは見られない2013年に […]

ハリウッドスターの星読み:ジョニー・デップ

メジャー系でも単館系でも、ファンが多いですね。2月にアメリカで公開された『ミナマタ』(2021)も早く観たいところです。 こんにちは、映画☆星読みライターのJunkoです! 今日の星読みは、ジョニー・デップさんです。パッと思い出すのは、セクシーな海賊、ジャック・スパロウ? 私が彼の作品を一本上げるとすると、『シザーハンズ』(1990)でしょうか。当時、チャップリンとも比べられたと思うのですが、哀愁 […]

ハリウッドスターの星読み:ニコール・キッドマン

クール・ビューティそのもの。歳を重ねる姿も素敵です。 こんにちは、映画☆星読みライターのJunkoです! トム・クルーズ主演の『デイズ・オブ・サンダー』(1990)で共演し、その後結婚したのがニコール・キッドマンさん。オーストラリア出身で強めのパーマの印象があったニコールさん。どうも冷たい印象があったのですが、その後私は、みるみるうちに彼女の魅力に吸い込まれてしまいました。 ニコール・キッドマンさ […]

ハリウッドスターの星読み:ブラッド・ピット

石川三千花さんが評したように、「カッコつけてないのに、カッコいい!」のがブラッド・ピットです!(出典) こんにちは、映画☆星読みライターのJunkoです! ブラッド・ピットさん。誰もが認めるハリウッドスターです。星読みに加え、1990年代、2000年代の名画を添えていきます。『オーシャンズ』シリーズなどの大作は外しました。まずは『テルマ&ルイーズ』(1991)からどうぞ! 『テルマ&ルイーズ』は1 […]

絶望すぎて希望まで行けない『遠い夜明け』

「神よ、アフリカに祝福を」は南アフリカの国歌、素晴らしい曲です。 こんにちは、映画ひと言ライターのJunkoです! 私はデンゼル・ワシントンさんの大ファンで、彼の星読みも今後予定しています。その準備もあって、彼の過去の作品を観る(軽い気持ちで)リチャード・アッテンボロー監督の『遠い夜明け』(1987)に挑戦してしまいました。しかし、軽い気持ちで観られる映画ではなかったです。 『遠い夜明け』へのひと […]

リアルさからの共感、『花束みたいな恋をした』(2021)

その昔、有村架純さんと高畑充希さんがよく混じってしまっていました! こんにちは、映画ひと言ライターのJunkoです! じわじわと話題の映画、菅田将暉さんと有村架純さんが主演の『花束みたいな恋をした』。脚本の坂元裕二氏が、『東京ラブストーリー』時代からご活躍とは、知りませんでした。アラフィフでこの恋愛作品をおまとめとは、脱帽です。 では、さっそく『花束みたいな恋をした』へのひと言です。 『花束みたい […]

ハリウッドスターの星読み:マット・デイモン

高校の先輩だったら絶対恋してました! こんにちは、映画☆星読みライターのJunkoです! 「ハリウッドスターの星読み」企画、第3 回はマット・デイモンさん。アクションスターで活躍している感がありますが、典型的なイケメンでないところが好きなんです。ベン・アフレックさんとも親交があるのですが、ベン・アフレックの方が典型的なイケメンと言うか、配役が狭まってしまうタイプ。マット・デイモンはたまにジミー大西 […]

ハリウッドスターの星読み:レオナルド・ディカプリオ

緊急事態宣言も2度目の発令になりましたが、1日の通勤時間相当を何か有効活用できるはずだと信じています。そう、1度目にはできなかったかもしれないけれど2度目には…。 こんにちは、映画☆星読みライターのJunkoです! 常々リーディングしてみたいと温めていた企画「ハリウッドスターの星読み」を今日から開始します。初回はやっぱりレオナルド・ディカプリオさんを読みたいなぁと思って。ブラッド・ピッ […]

クセの強い脇役が見たくて映画を観る

東京で年末年始を迎えた方が、多かったようですね。 こんにちは、映画ライターのJunkoです! もし私が映画俳優だったら、主役よりも脇役になりたいと思ってしまいます。それは、「幅広い層に好印象を与えるよりも、ごく一部のファンに強烈に愛されたい」という性格が影響しているからでしょうか。 そして、脇役には脇役でいてほしいとも思ってしまいます。リリー・フランキーさんやむろつよしさんが主役を張ると、少し悲し […]

1 8