映画

1/9ページ

劇中プロップに注目!『スティルウォーター』

こんにちは、星読み☆映画ライターのJunkoです! マット・デイモンは大好きな俳優さんなので、その理由だけで見にいきました。最近そんなんばっかりですけれども。新作の『スティルウォーター』です。 つまり、スティルウォーターが何か、監督や撮影場所、共演者などの情報はゼロです。初の父親役だったことだけは聞いていました。 では早速、ひと言です。 『スティルウォーター』へのひと言 事件の鍵には、とってもアメ […]

ファッション映画ではなかった『ハウス・オブ・グッチ』

こんにちは、星読み☆映画ライターのJunkoです! アダム・ドライバーが出ているということだけで出かけてしまった、『ハウス・オブ・グッチ』(2021)。2022年1月14日公開したてです。グッチだからでしょうか、映画館も8割は女性客です。 リドリー・スコット監督(『ブレードランナー』)だというだけで見に行く価値があるのですが、159分にもかかわらず見入ってしまった面白さでした。そこで、知識ゼロでも […]

『突然ですが占ってもいいですか?SP』二階堂ふみさん(2021年12月22日放送)

トップ画像 (C) Fuji Television / TVer こんにちは、映画☆星読みライターのJunkoです! 2021年末の『突然ですが占ってもいいですか?SP』では、27歳にして存在感を放つ女優、二階堂ふみさんが登場しました。ヘアスタイルはアフロ編み込みでしょうか、可愛らしいです。私自身は、園子温監督の『ヒミズ』(2012)の印象が強いです。 楽屋での二階堂さんです。「近ーい」と反応した […]

ハリウッドスターの星読み:ブルース・リー

新年おめでとうございます! 星読み☆映画ライターのJunkoです!本年もよろしくお願いします。2022年も、当面週2回(月・木)の更新となります。 新しい年の1本目の投稿、何にしようか迷いますよね。Blue Threeサイトで、ブルース・リー氏の星読みしていなかったことに気づいたわたくし。すぐに彼のチャートを用意しました。 パッと目につくのは、Tスクエアと言われている赤い直角三角形。比較的スムーズ […]

ハリウッドスターの星読み:ヴィム・ヴェンダース

Cover Photo https://af.wikipedia.org/wiki/Wim_Wenders こんにちは、映画☆星読みライターのJunkoです!11月、12月はエネルギーチャージのため、週2回(月・木)の更新とさせて下さい。  渋谷Bunkamuraル・シネマで特集『ヴィム・ヴェンダース レトロスペクティブ ROAD MOVIES/夢の涯てまでも』が上映されていました。本日(2021 […]

偶然が現場でも起きているほっこりさ、『偶然と想像』

トップ画像:https://twitter.com/FilmWFF/header_photo こんにちは、星読み☆映画ライターのJunkoです!11月、12月はエネルギーチャージのため、週2回(月・木)の更新とさせて下さい。 濱口竜介監督の『偶然と想像』(2021)を、東京フィルメックスのオープニング作品として見ることができました。12月17日、Bunkamuraル・シネマでの公開が控えているよう […]

日本は公害先進国だった記憶を呼び覚ます『ミナマタ』(2020)

こんにちは、星読み☆映画ライターのJunkoです!11月、12月はエネルギーチャージのため、週2回(月・木)の更新とさせて下さい。 観たかった映画にやっと行くことができました。ジョニー・デップ主演の『ミナマタ』(2020)です。ほぼ満員のスクリーンで観ることができて、幸せ。 『ミナマタ』へのひと言 『ミナマタ』を観て考えたのは、なぜこの映画が50年の時を経て作られたか、です。 カメラマンが命を削り […]

ピクトグラムで黒子を見せる日本文化

こんにちは、映画☆星読みライターのJunkoです! 今日は、東京オリンピックで話題になったピクトグラムについて。 ピクトグラム自体はもうお馴染みかと思いますが、文字(言葉)ではなくビジュアルで理解を促すよう作られたイラストのこと。 英語でpictogram(個々を指す場合)、またはpictograph(総称)です。 人類は古代エジプトの頃から、象形文字など、見たものを描いて意味を持たせることはして […]

勝手にキャスティング!『シャン・チー テン・リングスの伝説』(2021)

(C) Marvel こんにちは、星読み☆映画ライターのJunkoです! わたくし、マーベル・スタジオの作品を観たのは初めてかもしれません。トビー・マグワイア主演の『スパイダーマン』は観ているのですが、アメコミに苦手意識があり、マーベルになってから手つかずでした。 それが、『シャン・チー テン・リングスの伝説』予告で本作にトニー・レオンが出ることを知り、これは行かねば、と。そして公開日(9月3日) […]

心の闇にいくつもの現実が交錯、『ドライブ・マイ・カー』

こんにちは、星読み☆映画ライターのJunkoです! 濱口竜介監督の『ドライブ・マイ・カー』(2021)を観てきました。3時間ということで覚悟して行きましたが、意識が飛ぶこともなく見入ってしまいました。見終わって、3時間必要な作品だったな、とも感じています。 映画公式サイトで、『Hollywood Reporter』(米国の映画雑誌/ウェブ)が本作をロードムービーと表現していたのですが、若者が旅に出 […]

1 9