両手に花!「選べなくて困る」おススメ作品群

「両手に花」ということわざは、一人の男性が二人の女性を伴っている時に使われる。その逆は、何て言うのかな。

http://betsuma.shueisha.co.jp/memories/

いくえみ先生が大好きなあたしは(一人称指定)、『POPS』で薬子が三島と湖太を両脇に抱えるシーン、くぅ~~印象的ですね。

私も、人生で一度だけ、しかも10分足らず、リアル薬子状態になったことあります。海外でしたが。

最近は、高橋一生さんと佐藤健さんにはさまれるLilicoさんを見て… 悶絶!

「半分、青い。」で律と涼ちゃんにはさまれる鈴愛も、いいよね~♡

 

映画でも、女1男2の三角関係は永遠のテーマなので、少しクラシックな1960~70年代から二人の男性を一人占めできる映画をご紹介。

  • 「突然炎のごとく」(Jule et Jim):F・トリュフォー監督1962年の作品。ジャンヌ・モローの瑞々しい演技が話題となった。
  • 「男と女」:(Un homme et une femme):こちらも、アヌーク・エーメの圧倒的な美しさが印象的。事故で他界した夫と、偶然出会った男性との間に揺れ動く主人公を描く。
  • 「明日に向って撃て!」(Butch Cassidy and the Sundance Kid):ジョージ・ロイ・ヒル監督1969年作品。恋愛色は薄いが、男2でも、女2男1でも成立しない絶妙なバランスが成立。
  • 「天国の日々」(Days of Heaven):テレンス・マリック監督の美しい映像に乗せて、若かりしリチャード・ギア様をご覧あれ。1978年。

たまには妄想のヒロインとなり、「どっちも好きで、選べない」を楽しみましょう!

発音イイネ!DA PUMPのUSA

DA PUMPさんのUSA、流行ってますね!
ウサ、て読む人たまにいますが、ユーエスエーですよ!
踊りも素敵ですが、ISSAさんの発音がいいんですよー。

アメリカ(America)のアール(R)の発音が素晴らしいです。
アメゥリィカー」って感じですから。

RとLの発音は難しい、とずっと言われています。

YouTubeにもたくさん出ていますが、簡単に伝えるとしたら

→ 舌べらはまるめて、口の中のどこにもくっつかない

→ 舌べらの先を、前歯の裏あたりに当てる

と、けっこう簡単にできますよ。

他のアーティストさんを見てみると、例えば安室奈美恵さんの「CAN YOU CELEBRATE?」。これは、CELEBRATEにLRが一緒にある難易度の高いワードです!

安室さんはLの時にきちんと舌をつけているように見えるので、OKかと思いますが、Rはもう少し巻いてもいいかな?と思います。コーラスでは英語ネイティブの方が歌っているので、それを参考にするのもいいですね。

私の世代だと、チェッカーズに「Long Road」という大好きな歌があるのです。これも、LRがほぼ同時に出てきて、舌をどうにかしようと思うとパニックに!

ボーカルは藤井フミヤさんですが、歌を聞いていると、ケースバイケースな感じで、LongかRong (wrong)か、RoadかLoadか、微妙です。日本語歌詞の歌としてはまったく問題なくいつも感動しているのですが、カラオケで歌うときにはちょっと英語の発音風に歌ってみたいですよね!

テイラー・スウィフトに櫻井くん 芸能と政治のあいだ

日々ニュースを見なくても生きていける世界だが、芸能人見たさでニュースを追うのはよいことと思っている。

各局、特徴のあるニュース番組には看板キャスターを設けて競っている中で、櫻井翔さんがNEWS ZEROに出続けていることは、本当に喜ばしいことだ。私は残念ながらファンではないが、若い人が社会に関心を持つことへのきっかけになるし、影響が大きいと思うからだ。

芸能人で、社会に斬りこむタイプの方がいないわけではなく、太田光さん、田村淳さんなどが思い浮かぶ。が、少数派であることに変わりない。櫻井くんに政治的スタンスを取ってほしいということではなく、自分が関心をもっている出来事に、政治(もしくは行政もしくは企業、主体は何でもいい)がどうアプローチしているのかを、知っていてほしいと思うからだ。

これとよく比較するのがアメリカ。テイラー・スウィフトのミュージック・アワードでの有権者登録呼びかけや、10月8日のインスタグラム投稿が話題になった。彼女が政治的な内容を公にするのは初めてという(出展)。

トランプ政権に変わった時、メリル・ストリープとトム・ハンクスが意気投合して『ペンタゴン・ペーパーズ』に出演したのも記憶に新しいが、アメリカではセレブが自らの政治的スタンスを公表することも珍しくない。

テイラー・スウィフトは2014年、自分の額曲がSportifyで無料提供されることに反対したり(出展)、セクハラに対して賠償金1ドルで訴訟を起こす(出展)など、芯のあるアーティストだ。

https://www.instagram.com/p/BopoXpYnCes/

今回のインスタグラムも、彼女の呼びかけはこうだ。「まずは登録して

特定の政党を支持して、ということではなく、関心を持ち、意見表明できる状態を作ろう、という呼びかけだ。愛の反対は無関心だと言われるように、関心がないものに愛は向けられない。日本でも、例えば櫻井くんを入口とした先に、住みやすい世界が広がればと思う。

 

一流上司の代表!ポーラ・アブドゥル

https://twitter.com/PaulaAbdul

御年56歳になる、ポーラ・アブドゥル。”(It’s Just) The Way That You Love Me”や”Straight Up”が記憶に残っているが、より印象に残っているのが2002年~2016年まで続いたオーディション番組『アメリカン・アイドル』の初代(シーズン1-8)審査員だ。

イギリスからの辛口プロデューサー、サイモン・コーウェル、同じくプロデューサーでやや落ち着いているアフリカ系のランディ・ジャクソンと、3人で審査員を務めたバランスもよく、女性かつ歌手というバックグラウンドからの発言が光っていた。

ポーラのスゴいところは、

  • 何せ一流圧倒的なスターであること。ポーラが退いた後、ジェニファー・ロペスやマライア・キャリーも審査員を務めたが、歌も踊りも抜群に上手い人に審査してもらえるだけで、本望だ。
  • 他を寄せ付けないスーパースターではなく、チャーミング。リアクションが大きく、たまにノリノリで、人間らしいキャラ。
  • 褒め上手。ポーラは「サンドイッチ・フィードバック(英語では compliment sandwich)」(出展)のお手本と評されていたが、褒めて、指摘して、また褒めるというスタイルで、決して突き放さない。

これって理想の上司ではないだろうか。

批評の内容が薄いという批判もあったが、彼女にしか言えないコメントもあると思う。採録されたものから見てみると、こんな感じ。

“You should wear dresses more often. You look absolutely beautiful. So you messed up the lyric — ‘recognition’ instead of ‘premonition.’ But do you want to know something? When you open up your mouth to sing, there’s something very, very soothing about your voice, and it’s like a breath of fresh air, and it’s like, ahh, I love that voice, and it’s different from any other voice in the competition, so keep on going. I think you did a really nice job.” 出展

「もっと頻繁にドレスを着たほうがいい。すごく美しく見えるわ。歌詞を間違えたのはよくなかった。でも一つ言うわね、あなたが歌い始めると、本当に心地よい、新鮮な空気をまとったような声で、うっとりするわ。あなたの声はとてもいい。今シーズンの候補者にあなたのような声の人はいないわ、だからこのまま続けなさい。とてもいい出来だったわ」

最後に。ポーラが最近のツイートで、こんなことを語っていた。

Teachers are SO IMPORTANT!! I will never forget the teachers that made a HUGE impact on me & my love for music & dance!

「先生はとっても大事!私に、そして私が打ち込める音楽と踊りに、大きな影響を与えてくれた先生方を、絶対忘れない!」

ポーラの背中を押してくれた方々の存在があったからこそ、次の世代に同じことをして還す、そして産業やビジネス自体を盛り上げていこうという、俯瞰したビジョンを持った方だ。将来現役でいることはアーティストの憧れではあろうが、日本で後進の育成に力を注いでいるのはまだ少数、コロッケさんと滝沢秀明さんくらいかもしれない。

 

 

やりたいことはまずやってみる

天職に出合えている人、天職を求め続ける人、様々だと思う。

食うための仕事と割りきっている人もいれば、職業と「好き」が一致していないと満たされない人もいる。

昔は「女性社員がキャバクラで働かないように」副業禁止を設けている、なんて半分本気のような冗談もあったが、もうダブルワーク、副業が認められる社会。仕事であれ趣味であれ、自分の限られた時間を何に使うかは、人生の大きなテーマだと思う。

自分の提供するものやことが社会的に生かせたら、それがその人の生きる理由。認められることは、その方向でよいというサインかもしれない。

前置きが長くなったが、私自身は書くことが好きだと、ずっと自覚はしていた。いや、実は考えるのが好きで、表現する手段として書いている。

一方で、最近テクノロジーの進化で今後必要なくなる職業も意識していて、あと20年くらい使えるスキルを学ぼうかと思い立ち、エンジニア養成スクールへ見学に行ったりもした。

が、「恐怖心」から出た動機は長続きしないのだ。

今は、少なくとも3年間書くことを決めた。仕事を終えくたくたで帰宅し、寝るまでの時間が1-2時間しかなくても、書こうと思う意欲がある。しかし、「この状態でプログラミングのオンライン講座、1時間頑張れる?」と自分に問うと、ノーだ。

かつていろいろな発信をするために、情報ポータル上で無料サイトを作成、運営していたことはあった。その時代はプロにお願いしていた。今、そのハードルが下がり、更新まで自分でできることは、私にとって2度目のチャンス。

好きなことが分からなくなったら、まず好きと思うことを始め、続けてみるのがいい。

アメフト国歌斉唱に不起立 賛成?反対?

uanm86ui_400x400
Colin Kaepernick (@Kaepernick7) | Twitter

スポーツ観戦はあまりしないのだが、ちょうど一か月前、ツイッターでアメリカの友人が「kneeling during national anthem NFL」について上げていた。ウィキペディアにも記述があるくらいの米国での社会現象で、2016年、コリン・キャパニックというアメフト選手が人種差別に反対して国歌斉唱時に起立せず、立膝をついたのをきっかけに、2017年反トランプ運動とともにこのポーズがじわじわ広まってきたことを知る。「選手の自由を尊重」「国家に失礼(disrespectful)」と、意見が二分した。

奇しくも2018年9月、シューズブランドのナイキがこのコリン・キャパニックを広告に起用したというニュースも目にした。メディアはナイキが反トランプと書き立てているが、若者にとってコリン・キャパニックがカッコイイことには変わりないだろう。

私自身は「選手の自由を尊重」を取るが、なぜ起立しないのか?歌わないのか?という理由も聞いてみたいと思う。

これと似た議論を8月にしたのを思い出した。友人たちが主催した「障害福祉青年フォーラム」で共生をテーマに話をした時だ。こういうところに集まるのは、基本的に共生社会やインクルージョンを推進しようとしている人たちだが、共生が押しつけではないこと、つまり共生したくない人が一定数いる中で、どちらか一方に決める必要はないということにも気づいておられるようだった。

世の中、たくさんの人がいる。誰と一緒にいるかを決める権利は、それぞれ持っている。その権利が守られる範囲において、それぞれが平和に暮らせたら、それが共生なのだと感じる。

もちろん、対話の場も必要だ。共生YES/NOだけでない、その人丸ごとの面白さを見ることができたら、ちがう展開があるはず。

 

「幸せになりたい!」から抜け出す

半年間楽しんだ朝ドラ「半分、青い。」は、大好きな北川悦吏子さんが脚本の作品。

post_22919_1

私の学生時代、朝ドラはどちらかと言えば男性ウケする話題で、「エラい会社役員(当時は男性が前提)に会ったら朝ドラの話題を振れば間違いない」くらい鉄板ネタと言われていた。

それが近年ディーン・フジオカさんの「五代ロス」現象を生むなど、女性での話題に変わっていった感がある。この5-6年の男性キャストを見ると、向井理さん、高良健吾さん、松坂桃李くん、福士蒼汰さん、鈴木亮平さんなど、私でも分かる人気の方々ずらり。今回も佐藤健さんの「律ロス」間違いなし。あ、「秋風ロス」か?

最終回の今週は、「幸せになりたい!」がテーマ。もちろん、ヒロイン鈴愛ちゃんの幸せを祈らずにはいられないが、幸せになるには簡単な方法がある。

自分が幸せだと思うことだ。

繰り返し説かれていることなので、私が理解しているままにお伝えする。「幸せになりたい!」は、「私は幸せではない」と同義。その思いが、無意識に「私は幸せではない」事実を引き寄せてしまい、もしくは「幸せになること」を自ら拒否してしまい、結果的に幸せになれない。

いやいや、幸せなんて一つもない、と思っている方がいるとしたら、まずこれを読んでくださっている時点で、

  • 電気がありスマホやPCがあることに感謝
  • 目から情報を得ることができることへの感謝
  • 読む時間があることに感謝
  • 屋根の下で、落ち着いて読めることへの感謝

など、どんなことに対しても感謝の気持ちを向けることができる。「ない」より「ある」に目を向けると、あることへの幸せが、自然と次の幸せを呼び込んでいくのだ。

そんな簡単だが忘れがちなことを思い出すために、たまにロンダ・バーンさんの「ザ・パワー」を読む。愛や感謝についてシンプルな言葉で書かれていて、装丁も素敵。前著「ザ・シークレット」よりもおススメ。

ヒカキンすごいから

ツイッター、インスタグラムは、だいたいどの企業・団体でも取り入れているかと思う。動画が大事と言われていながら、YouTubeは少しハードルが高く、YouTuberについては「知らない」「分からない」という人も多いのではないか。

ヒカキンとはじめしゃちょーは小学生に大人気。しかしテレビ界では子どもが真似するものは長く続かないため、YouTuberも一発屋なのではないか?と、私も食わず嫌いであった。

しかし動画を見ていくにつれて、自分の見方も少しずつ変わっていった。YouTuberさんにまつわる誤解を3つほど、紹介したい。

動画は短いものしかウケない?

6秒動画Vine(ヴァイン)はなくなってしまったが、Snapchatは10秒、Tik Tokも15秒と、短時間しか見ている人の興味を引き付けられないように感じてしまう。

しかし特にYouTuberさんの作品になると、特定のファンがついており、その方の世界観に浸りたい、その方を見ていたいというニーズが発生する。ヨガや筋トレであれば、5分プログラム、10分プログラムもある。

そのため、動画は短い方がよい、かどうかはケースバイケース。誰に何を届けたいかで、変わってくる。

動画は、いわゆる映像教材と一緒?

通常の教材は、後ろにホワイトボードがあって、教室にいるかのようなスタイルが多いだろう。YouTuberさんの場合、もう少しリアルだ。

バイリンガルのYouTuberさんが英語を教えているものでは、「海外のスタバ/マック/サブウェイで注文」「聞き返す時のフレーズ」「お土産を渡す」などより実践に近くリアルなシーンが見られる。そういう英会話教えてくれなかったよね、と思うと、切り口が素晴らしいと思う。

YouTuberは企業の味方?

例えばコスメ、菓子、飲料などの新商品を著名人に使ってもらう、というような売り方は昔からあり、ブロガーさんも例外ではなかった。YouTubeではさらに、YouTuberにスポンサーがついて、CMを作ることがある。YouTuberのチャンネルもしくは、企業のチャンネルで公開となるようだ。

YouTuberさんの一番の強みは、徹底的な「消費者目線」。

モノを売る側は、伝えたいことがたくさんある。だからたくさん並べてしまう。往々にして、それは消費者が知りたいことではない。

hikakin tv cover

以下の動画が、ヒカキンさんの事例だ。モノを売る側からは出てこない発想、かつ購買活動を妨げない仕掛けが、この動画に集約されている。考えていると見せずに考え抜いているヒカキンさんに、脱帽!

色んない・ろ・は・す全部混ぜたら何味になるの?

YouTuberは企業のイエスマンではないところが、テレビCMと違うかな。むしろ中立の立場。よい塩梅でいじりつつ、その商品に興味を持たせることには成功しているプロ。同じ動画でも、テレビとは別ジャンルで考えるのがよさそうだ。

60年代のやくざ映画がラグビーに影響?

日本でのラグビーW杯を1年後に控え、海外選手のタトゥー(刺青)が話題になりました。統括団体のワールドラグビーが、公共のプールやジムではタトゥーを隠すように、と呼びかけたことが発端です。

NHKは、イギリスBBCが「1960年代に派手な入れ墨をした “YAKUZA” (やくざ)が登場する任侠(にんきょう)映画が多く制作されたため」日本でタトゥーが暴力団を連想させるようになった、と解説したことを報道。大真面目なBBC、ナイス!

任侠映画ってなに?

  • 映画の一つのジャンルで、日本のやくざを扱うもの。組織犯罪を扱うジャンルはギャングスタ―・フィルムと呼ばれ、もちろんハリウッドでは戦前から作られていて、1970年代の『ゴッドファーザー』シリーズも立派なギャングスタ―・フィルム。
  • やくざ映画と言えば、東映。映画会社はほかにも松竹、東宝、大映、日活など、それぞれの看板で監督が作品を作っていた時代。
  • 東映では、高倉健さん、小林旭さん、千葉真一さんなどの主演作品がヒットしていた。
  • 任侠映画が多く制作された、とはシリーズものが量産されたことを指すと思われる。

高倉健さん人気か?

シリーズもので多くの方の目に留まったとなれば、高倉健さんのやくざ映画の数々。高倉健さんは、1960年代に「日本侠客伝」「昭和残侠伝」というやくざシリーズものに出ている。「網走番外地」も加えて三大シリーズらしいが、網走…は刑務所映画。

というわけで、BBCがそう解説するほどに影響があった、「1960年代に派手な入れ墨をした“YAKUZA”が登場する任侠映画」の代表格は、高倉健さんに決定!

A1dRozABDhL._SY445_

  1. ただ、日本人には「遠山の金さん」などでも刺青になじみがあるため、もう少し検証が必要。