外国のお友だちに手土産 厳選スナック・お菓子3点

インバウンド人気で、日本で外国人観光客がよく買っていくものは耳にします。菓子では例えばキットカットはフレーバーが多くて大人気。その他にも、抹茶フレーバーの菓子などが人気で、ドン・キホーテなどにはそれら商品が溢れていますね。

しかし来日したことがない人、日本にあまり関心がない人への手土産を選ぶ観点からは、少し状況も異なります。あんこやせんべいなど好みが分かれるものは避けたいし、チョコなど温度管理が大変なものもあるのが現実。意外にも喜んでいただけるスナック・お菓子を3つご紹介。

第1位 ヨックモック シガール

https://www.yokumoku.jp/

もう写真で答え出てますね。本当に一押しです。小さい頃、タバコを吸う真似をした人、「ハーイ」(全員)。繊細で、小麦粉製品なのに粉っぽさがなく、フワッとバターの香りに包まれる幸せ。中華圏にもエッグロール(蛋巻)はありますが、シガールは家庭菓子のハイエンドで、高級感があります。

割れやすいのが難点ですが、ちゃんと缶に入っているから大丈夫。少量のラインアップはエコな紙箱なのもいいです。空港のパスポートコントロールを通過して免税店で買える場合には、消費税分もお得ですよ。

第2位 歌舞伎揚

なぜかバーレーンの人に大人気な歌舞伎揚。「かぶきあーげ」と呼ばれています。バーレーン人の舌に合うのなら、中東で人気と言ってよいでしょう。現地のスーパーでもお金を出せば売っているそうですが、手ごろな価格で食したいですよね。あのほんのりした甘さと、揚げ菓子特有の雑多感がたまらない。

一つポイントは、みりんも含めてお酒が使われていないこと。イスラム教徒の方々はお酒を口にできないので、原材料がOKなのはポイント高いです。似たようなお菓子はたくさんありますが、天乃屋さんのがいいと思います。

原材料表示
うるち米(米国産、国産)、植物油、砂糖、しょうゆ(大豆・小麦を含む)、果糖ぶどう糖液糖、調味エキス(大豆を含む)、食塩、加工でん粉(小麦由来)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素

第3位 柿の種

なぜかノルウェーのお友だちが、柿の種好きだったので、北欧へのお土産なら大丈夫ではないかと。勝手な想像としては、魚を食べる国なので、鰹節ベースの味付けに抵抗ない可能性があります。魚より肉文化の国の方々だと、反応を示されることがあるので。

甘いものが苦手な人も、柿の種なら食べられるし、ビールにも合うようです。私のおススメは王道の亀田です。

 


送料無料《ヨックモック》YCG-F シガール(48本入り) 洋菓子 ギフト ハロウィン 缶入り 個包装 詰め合わせ チョコクッキー 内祝い お礼 お祝い お返し 手土産 スイーツ ご挨拶 贈り物 引越し 粗品 焼き菓子 快気祝 お菓子 百貨店 のし 人気

テイラー・スウィフトに櫻井くん 芸能と政治のあいだ

日々ニュースを見なくても生きていける世界だが、芸能人見たさでニュースを追うのはよいことと思っている。

各局、特徴のあるニュース番組には看板キャスターを設けて競っている中で、櫻井翔さんがNEWS ZEROに出続けていることは、本当に喜ばしいことだ。私は残念ながらファンではないが、若い人が社会に関心を持つことへのきっかけになるし、影響が大きいと思うからだ。

芸能人で、社会に斬りこむタイプの方がいないわけではなく、太田光さん、田村淳さんなどが思い浮かぶ。が、少数派であることに変わりない。櫻井くんに政治的スタンスを取ってほしいということではなく、自分が関心をもっている出来事に、政治(もしくは行政もしくは企業、主体は何でもいい)がどうアプローチしているのかを、知っていてほしいと思うからだ。

これとよく比較するのがアメリカ。テイラー・スウィフトのミュージック・アワードでの有権者登録呼びかけや、10月8日のインスタグラム投稿が話題になった。彼女が政治的な内容を公にするのは初めてという(出展)。

トランプ政権に変わった時、メリル・ストリープとトム・ハンクスが意気投合して『ペンタゴン・ペーパーズ』に出演したのも記憶に新しいが、アメリカではセレブが自らの政治的スタンスを公表することも珍しくない。

テイラー・スウィフトは2014年、自分の額曲がSportifyで無料提供されることに反対したり(出展)、セクハラに対して賠償金1ドルで訴訟を起こす(出展)など、芯のあるアーティストだ。

https://www.instagram.com/p/BopoXpYnCes/

今回のインスタグラムも、彼女の呼びかけはこうだ。「まずは登録して

特定の政党を支持して、ということではなく、関心を持ち、意見表明できる状態を作ろう、という呼びかけだ。愛の反対は無関心だと言われるように、関心がないものに愛は向けられない。日本でも、例えば櫻井くんを入口とした先に、住みやすい世界が広がればと思う。

 

メルカリとサステナビリティ

CMをよく見かける「メルカリ」も、私の周囲で使っている人はまだあまり多くない。会社員だと、数時間以内に返信をして、コンビニから出品して…という時間も厳しいだろうか。

https://www.mercari.com/

私は最近、大判スカーフとモッズコートのお買い物をした。スカーフは以前からほしかったが万単位の額が出しづらかったもの(1,500円で購入)、そしてモッズコートは昨シーズンに早々売り切れた人気アイテムで、着脱式ライナーにより長い期間着られるもの(8,000円で購入)。

C2C市場を見ると、これまでも書籍はアマゾンで売ることができたし、譲ります・買いますのサイトは存在していた。しかし、メルカリは

  • スマホで出品の撮影から決済までできる利便性
  • 自分の住所を書かなくても発送できる匿名性
  • 価値が分かる人に売りたいというMOTTAINAIの心

などがウケているように思う。

MOTTAINAIの心に関して、最近ノルウェー人の友だちと20年ぶりに再会した時のエピソードがある。彼女は「服はすべて中古で買う」主義とのこと。その理由は、「環境にとってよいから」だった。つまり、「まだ着られる状態のものであれば、自分が引き取る」ことで、ものの寿命を長くする、無駄にしない、エコな選択だ。消費社会へのわずかな反発だが、個人でできるアクションだと感じた。

日本ではそこまでピュアな動機では広がっていないものの、ほぼ新品もしくは数回着ただけの衣類であり、ブランド品であればなおさら、「誰か着たい人に安価でお譲りします」という気持ちに寄り添うプラットフォームであろう。

補足として、ヨーロッパではOxfam(NGO)やSalvation Army(救世軍)で古着を販売しており、ちょっとしたブランド品でも安く買うことができる。購入することで団体の活動資金になり、敷居の低い社会貢献となっている。

登録してみたい方は、こちらからどうぞ。


 

サンドイッチで加速? 食のパーソナライズ

飛行機では一度のフライトで数百回繰り返されるフレーズ、”Coffee or tea?” コーヒー紅茶も、ミルクや砂糖を入れる・入れないで少なくとも4通りの提供の仕方がある。安価なものだが個々の嗜好に対応している例だ。

食で個別アレンジされたもの、と言ってすぐに思い出すのが、サンドイッチの「SUBWAY」。サンドイッチが少し高級かつオシャレだった昭和の時代は、デパートの最上階レストランでサンドイッチとレモンスカッシュを頼み、具材は大抵ミックスで、食パンの耳を落とした適量のサンドイッチが、パセリや缶詰チェリーとともに、プレートに並んでいたものだ。今でもホテルであれば、このようなサンドイッチは、ピクルスとポテトチップが添えられ軽食として出てくる。

1990年代初頭、アメリカでのオーダー・サンドイッチに困惑。私が欲しいのはサンドイッチなのに、あれこれ聞かれるってどういうこと?パンの種類に始まって、メインの具材、野菜の種類、チーズの種類、ドレッシングの種類。あーめんどくさい!が初めの感想。野菜は全部ほしいから「エブリシング!」と伝えていたし、そもそもチーズの種類は分からないので、「そこのホワイト」「イエローワン、プリーズ」などと指さしていた(後から、私の好きなのはProvoloneという名前だと知る)。日本に「SUBWAY」が上陸したのも1991年とのことだが、お決まりのセットからパーソナライズの世界へ、価値観がシフトさせられる事象だったように思う。今はむしろ、「え、選べないの?」と疑問視するほどだ。

とは言え、釜揚げうどんの店ではうどんの温冷やトッピングを選べたりするから、あくまでサンドイッチ×日本の領域で画期的ということだったのかもしれない。他にも「つゆだく」「麺固め」など、パーソナライズではあるがあくまで提供される基本があり、それをアレンジする世界も存在している。今後どんな食材でどこまでパーソナライズが進むか、注目したいところ。

 

アメフト国歌斉唱に不起立 賛成?反対?

uanm86ui_400x400
Colin Kaepernick (@Kaepernick7) | Twitter

スポーツ観戦はあまりしないのだが、ちょうど一か月前、ツイッターでアメリカの友人が「kneeling during national anthem NFL」について上げていた。ウィキペディアにも記述があるくらいの米国での社会現象で、2016年、コリン・キャパニックというアメフト選手が人種差別に反対して国歌斉唱時に起立せず、立膝をついたのをきっかけに、2017年反トランプ運動とともにこのポーズがじわじわ広まってきたことを知る。「選手の自由を尊重」「国家に失礼(disrespectful)」と、意見が二分した。

奇しくも2018年9月、シューズブランドのナイキがこのコリン・キャパニックを広告に起用したというニュースも目にした。メディアはナイキが反トランプと書き立てているが、若者にとってコリン・キャパニックがカッコイイことには変わりないだろう。

私自身は「選手の自由を尊重」を取るが、なぜ起立しないのか?歌わないのか?という理由も聞いてみたいと思う。

これと似た議論を8月にしたのを思い出した。友人たちが主催した「障害福祉青年フォーラム」で共生をテーマに話をした時だ。こういうところに集まるのは、基本的に共生社会やインクルージョンを推進しようとしている人たちだが、共生が押しつけではないこと、つまり共生したくない人が一定数いる中で、どちらか一方に決める必要はないということにも気づいておられるようだった。

世の中、たくさんの人がいる。誰と一緒にいるかを決める権利は、それぞれ持っている。その権利が守られる範囲において、それぞれが平和に暮らせたら、それが共生なのだと感じる。

もちろん、対話の場も必要だ。共生YES/NOだけでない、その人丸ごとの面白さを見ることができたら、ちがう展開があるはず。

 

国を越えた芸術家、藤田嗣治

東京都美術館の「藤田嗣治展」に行ってきました。

dav

嗣治(つぐはる)って読めず、上野駅のチケットセンターで「藤田展… ふじたナントカじ展、1枚」と伝えたら、「藤田つぐはる展、1枚ですね」と教えてくれたお姉さんありがとう。藤田氏ご自身も、フランスでは「つぐはる」が難しいため、「つぐじ」というニックネームをお使いだったそうで… 救われた。

画家や作品についてすでに多くの研究がされているはずなので、ここではアイデンティティについて。

多くの人の中で、「私は〇〇人です」という国籍のアイデンティティは大きいと思う。藤田氏の場合は、1910年代に渡仏、中南米を旅行しており、戦中は日本にいて、戦後アメリカに渡り、フランス国籍に変え、晩年は地方での隠居生活、スイスの病院で生涯を終えている。今でこそ海外へ行くことは簡単になったが、画家だから旅ができたと言っていいだろう。

若き頃の藤田氏のトレードマークはおかっぱ頭に丸眼鏡、ちょび髭。西洋の中での東洋のルックスをかなり意識している。欧米や白人への憧れがあるのかと思いきや、中南米では褐色や黒い肌の人たち、日本でも日焼けした沖縄の人々を、たくさん描いている。日記は日本語で残している。

晩年カトリックの洗礼を受けた後は、黒人のマリア様のお顔を全員黒人の天使が囲んでいる絵や、マリア様の横にアジアの風貌をした自身と妻を描きこんでいる絵も見られる。宗教色のある作品は、フランスではそれでも「東洋人の描くキリスト教」と受け止められたようだが、国籍は関係なく、とても自由に作品制作に取り組んでいた様子が想像できる。

黒田氏は国に特徴づけたり収められたりできるような作風もなく、むしろ時期によってここまで色使いがちがうかというまでの作品の変遷が見られている。黒田氏を黒田氏たらしめたものが国籍ではないのは明らかで、彼を形容するには「芸術家」という言葉が一番しっくり来る。フランス政府、のちに日本政府からも受勲しているが、明らかに国の枠組みを超えた、世界のフジタ、と思える。開催は2018年10月8日(月・祝)まで。

 

 

 

 

60年代のやくざ映画がラグビーに影響?

日本でのラグビーW杯を1年後に控え、海外選手のタトゥー(刺青)が話題になりました。統括団体のワールドラグビーが、公共のプールやジムではタトゥーを隠すように、と呼びかけたことが発端です。

NHKは、イギリスBBCが「1960年代に派手な入れ墨をした “YAKUZA” (やくざ)が登場する任侠(にんきょう)映画が多く制作されたため」日本でタトゥーが暴力団を連想させるようになった、と解説したことを報道。大真面目なBBC、ナイス!

任侠映画ってなに?

  • 映画の一つのジャンルで、日本のやくざを扱うもの。組織犯罪を扱うジャンルはギャングスタ―・フィルムと呼ばれ、もちろんハリウッドでは戦前から作られていて、1970年代の『ゴッドファーザー』シリーズも立派なギャングスタ―・フィルム。
  • やくざ映画と言えば、東映。映画会社はほかにも松竹、東宝、大映、日活など、それぞれの看板で監督が作品を作っていた時代。
  • 東映では、高倉健さん、小林旭さん、千葉真一さんなどの主演作品がヒットしていた。
  • 任侠映画が多く制作された、とはシリーズものが量産されたことを指すと思われる。

高倉健さん人気か?

シリーズもので多くの方の目に留まったとなれば、高倉健さんのやくざ映画の数々。高倉健さんは、1960年代に「日本侠客伝」「昭和残侠伝」というやくざシリーズものに出ている。「網走番外地」も加えて三大シリーズらしいが、網走…は刑務所映画。

というわけで、BBCがそう解説するほどに影響があった、「1960年代に派手な入れ墨をした“YAKUZA”が登場する任侠映画」の代表格は、高倉健さんに決定!

A1dRozABDhL._SY445_

  1. ただ、日本人には「遠山の金さん」などでも刺青になじみがあるため、もう少し検証が必要。

 

 

小銭の行く末

money cash euro payPhoto by Skitterphoto on Pexels.com

子どもの頃は、目に見えて貯まることが楽しかった硬貨。日本でもすでに、電子マネーの普及で小銭を持ち歩く人が減ってきている。小銭が大量に集まると思われる、例えば神社の一部でも電子マネーが導入済だ。

ここ数年間に訪問したアメリカ、カナダ、ニュージーランド辺りでは、もともと現金代わりのデビットカードが使われていたため、換金をしなくとも、日本から持って行ったクレジットカードを使うことで問題なかった。ニュージーランドは1990年に1セントコインが廃止され、データ上のやり取りは残っているが、現金の取り扱いでは四捨五入が用いられている。

例:88セントのものを買う→1ドルを出す→10セントのお釣りがくる

え、12セントもらえないの?と思うのだが、得することもあるので、イーブンというわけだ。

一方で、最近メキシコを旅した友人は、「物乞いしている人に小銭を渡す」という可視化された施しの風習が残っていることを教えてくれた。日本でも街頭募金はどう変わっていくのだろうか。

募金という意味では、アメリカのアウトレットモールでカード払いをした際「~~~という非営利団体に、1ドル未満の端数を寄付しませんか?」と聞かれた。店員はこの質問を加えることが、社会貢献になるわけだ。消費者も、YES/NOだけで決められ、煩わしさがない。募金の場面は、電子マネーが使われるところに統合されていく方向なのかもしれない。

 

 

 

病院はホスピタルでいいの?

来日した外国人が体調を崩し、病院に連れていくことがこれまで何度もあった。特に冬のインフルエンザは、お気の毒だが団体行動が難しいため、外出を禁止してホテルステイしないといけない。

病院」を英語にすると、私たち「ホスピタル」って習っていないだろうか?

一度、高熱を出したドイツ人の若者に、「ホスピタルに行こう」と伝えたところ、とても素直で協力的だった人なのに「ノーーーッ!!!」と抵抗された。

涙目になるくらいだったので理由を聞くと、「まったく言葉の分からないところで、自分だけ取り残されたくない」不安だらけの表情をした。そう、彼が想像したのは「大病院での入院」だったのだ。

いやいや、もちろん時間外だったので大病院(日本赤十字)に行くことは間違いなかったけれど、あくまで「診察」だったのだ。

そう、この場合の英語は「クリニック」が適切。日本で言うと「診療所」だ。

日本語でも20名以上の入院設備がある場合を病院、それより小規模だと診療所、と言うそうだ。しかし英語だとホスピタル、と一様にに覚えてしまった気がする。

”We will go to a clinic.” のほかに、”We will see a doctor.”(医者に診てもらいましょう)と言ってもOK。

徹子さん、タモリさん、そして阿川さん

main

海外の要人をお迎えするなど、これまで比較的多くの現場を経験してきたが、その中でよく出てくるのが「席次」だ。これを、もっと一般の方に役立つようにお伝えしたい。

今回お話ししたいのは、「右上位」。自分より右にいる人のほうが上の位、という意味で、プロトコルという国際的な儀礼のルールでそのように決めている。ホストとゲストがいた場合、ホストを立てるのなら自分より右側にご案内する。逆に、ホストの自分のほうが明らかに上の場合(社長と社員、先生と学生など)には、自分より左に案内する方が相手にも親切だ。3人以上でも考え方は同じで、例えばスポーツの表彰台も、中央の1位に続いて、2位は3位よりも右側に位置している。

ひとつややこしいのが、舞台やテレビだと相対する形になるため、お顔を見ている場合には左側の人が上位にいることになる。「向かって左が上位席」となるが、自分中心に考えればとてもシンプルだ。

これで簡単な覚え方は、長寿番組『徹子の部屋』だ。徹子さんは必ずご自身の右側(画面では左)にゲストをお呼びしている。考えてみたら、タモリさんの『笑っていいとも!』もそうだった。部屋の場合、ドアの位置などによっても上位席が変わるが、基本的には「右上位」を徹子方式で覚えておくとよい。

一つ、どうしてもこのルールから外れるのが、阿川佐和子さんの『サワコの朝』だ。

nrr201190108_0-thumb-886x630-313189

『サワコの朝』での阿川さんは、画面の左、つまりゲストに対して上位席にいる。『徹子の部屋』と差別化したかったのだろうか、あるいはフリースタイルということなのかもしれないが、国際的なルールとしては、徹子さんの方を参照されたい。