丁寧な暮らし

2/2ページ

アクセサリーは作家から買う「ミンネ」

アクセサリーは習慣的にするものなので、付けなければ落ち着かない人もいれば、まったく付けなくて大丈夫な人もいると思う。私は肌の弱さから、汗をかいたりかぶれたりということを避けるために、アクセサリーを身に付けないことの方が多い。しかし、肌に負担をかけない軽くて細いものなどは、付けたいなと思うことがある。 「ミンネ」というサイト(アプリ)を見つけたのは、ちょうどハンドメイド作品の販売サイトが立ち上がった […]

手で食べる美味しさ 極めつきはポテチ

素手で握ったおにぎりが衛生的でないとして、食べない子どもがいると言う。ラップも普及しているし、コンビニおにぎりになれているからだろうか。 パンや麺は、手作りすれば素手でこねるものだ。和菓子は職人が手で成形している。それを思えば、感覚的な問題なのかな、とも思う。 手で食べる美味しさを一番感じたのは、私の場合ポテトチップスだ。本を汚したり、服を汚したり、何度となく裏切られた(?)食べ物。 人生で一度だ […]

築5年物件にピクチャーレールをつけてみた

好きなものと暮らすこと。誰もが憧れているだろう。現実は、たくさんのものに囲まれて、好きなものがどこか分かりづらくなっていることも多いと思う。 そんな、どうしても後回しにされがちなアイテムの代表格がアート、「絵画」や「額縁」ではないだろうか。賃貸物件は壁に穴を開けることができないし、分譲物件であっても変更の効かないような大がかりな冒険は避けたい。日本家屋の代表格である鴨居はもうないのが当たり前なので […]

フィンドホーンのフラワー・エッセンスで、体を整える

フィンドホーンのことを知ったのはかれこれ15、16年前、とあるシニア研究員から。もちろん出張や会議などで海外とご縁のあった方だが、スピリチュアルとは程遠い世界にいるように見えたその方の休暇先がフィンドホーンということで、「妖精が住んでいる」という説明をしてもらったように思う。スペルを教えてもらって、ウェブ検索したことを覚えている。現在は、フィンドホーン財団の日本語ページもできているようだ。 妖精& […]

鉄瓶に行きついた理由

わたくし、長らくラッセルホブスのケトルのファンでした。 ラッセルホブスのよいところは、フォルムが美しい!ステンレスで清潔感がある!そしてお湯が沸くのが速い! T-FALを使っている人も多いと思いますが、私はある程度の重量があるラッセルホブズの方が、持つときに安定して使いやすいと思います。 しかし、どうしても注ぎ口の根元(本体と注ぎ口のつなぎ目)から水漏れしてしまうこととなり、2台購入しています。そ […]

酵素玄米、美味しいから続けられる

酵素玄米が話題になったのは2013年頃に遡るだろうか。私の周りで始めた早い人たちは2015年、どうもスピリチュアルなイメージ。私が初めて口にしたのは2016年秋だったと思う。美味しくいただいたが、その時は何とも思わず。2017年夏にちょうど映画「いただきます」を見て(ブログ)、まず玄米がいいなと思ったところから始まる。 圧力釜や土鍋も持っているけれど、玄米生活を続けるのにできるだけ簡単に、生活に取 […]

メルカリとサステナビリティ

CMをよく見かける「メルカリ」も、私の周囲で使っている人はまだあまり多くない。会社員だと、数時間以内に返信をして、コンビニから出品して…という時間も厳しいだろうか。 https://www.mercari.com/ 私は最近、大判スカーフとモッズコートのお買い物をした。スカーフは以前からほしかったが万単位の額が出しづらかったもの(1,500円で購入)、そしてモッズコートは昨シーズンに早 […]

ふるさと納税でもエコに 「へむへむ」

ふるさと納税、浸透はしたけれど過剰な返礼品が問題にもなりました。 もちろん節税メリットがあれば嬉しいし、同じ税金なら少しでも役立つところに、と思いますよね。 ひのきを手編みしてできたたわし、へむへむ。エコに詳しいお友だちが教えてくれました。洗剤がいらず、油モノもきゅっきゅっとキレイになります。スポンジはどうしてもカビの問題があるのですが、ひのきは水に濡れたままでも、臭くなったりぬめりが出てきたりし […]

薄めて散布!米とぎ汁乳酸菌液

(右:仕込んで10日ほどの米とぎ汁乳酸菌液 500ml、 左:大さじ1程度の乳酸菌液を水で薄めた掃除用スプレー、わずかに白濁) 発酵に関心をもってEMの展示会に行ったのをきっかけに、ナチュラルクリーニング熱が再発。さっそく米とぎ汁、塩、黒糖をもとに発酵させる天然クリーナーづくりにチャレンジした。 米とぎ汁乳酸菌液は、呼び方も含めてこちらのサイトを参考にさせていただいた。食用・飲用にも使っている方が […]

食の大切さ 保育園児から教わる

『いただきます みそをつくる子どもたち』(2017) もともと、主義主張の強いドキュメンタリーには、内容問わず反発する気持ちが出てきてしまうため、若干警戒しながら見た『いただきます』。同時期、友人の間で流行っていた酵素玄米は、どうもまゆつばだったのだが、本作品で一気に玄米ファンになってしまった。 作品は、はだし保育などでも知られる福岡の保育園の食育をつづる。園児の味噌づくり、玄米昼食、100回噛む […]