静岡

静岡のソウルフード、おでんの名店「おがわ」

静岡のおでんで育ったので、静岡おでんという言葉にはとても違和感があります。静岡市にはおでん街もありますが、高校生まではおでんはスナック、土日のお昼なんかによく食べますね。 静岡を出たときのおでんは別世界でした。静岡以外のおでんは食べない!と意地になって、コンビニのおでんも上京後15年ほど拒否していたくらいです。 静岡市内でよく知られているおでん屋の一つが、浅間(せんげん)通りの「おがわ」。 浅間神 […]

日本人好み、治一郎の柔らかバウムクーヘン

バウムクーヘンはかなり知名度の高いドイツ語です。バウムは木、クーヘンはケーキですから、英語だとツリーケーキ(これ本当)。年輪のようになっている見た目からの由来ですね。 お砂糖もたっぷりなので本当に特別な時にしか食べないようにしていますが、素材の味が出る、ごまかしの効かない部類のお菓子だと思っています。 本来のバウムクーヘンはしっかり焼き上げる固めの生地だと聞きますが、日本で進化したのはフワフワ系。 […]

ハンバーグのさわやか人気が止まらない(静岡)

さわやかって、形容詞じゃないんですか?いえいえ名詞ですよ、店名なんです。「炭焼きレストランさわやか」。 店名のさわやかよりも、炭焼きが目立つロゴです。こちらの名物は、牛肉100%の炭焼きハンバーグ。 1976年浜松に生まれたさわやか株式会社、店舗が静岡市で展開するのは2002年。私自身は高校卒業の1991年までを静岡で過ごしたため、さわやかを知りません。2019年10月現在、県内33店舗で営業中の […]

ペットボトルでない緑茶の味わい(静岡)

静岡市内、森内茶農園さんを訪問しました。 お友だちにお誘いいただき、「お茶と地そばを楽しむ会」に参加。 のどかな風景が広がります。こちらは、大量生産ではなく少量のロットで、自分たちの目の行き届く範囲で、お茶を生産されている農家さんのようです。 静岡では「やぶきた茶」を初めとするブレンド茶が有名です。ブレンドは、一定した味を保つのが得意でしょうか。一方でいわゆるシングルオリジン(1品種)は特有の味わ […]

高田馬場より静岡愛をこめて「ガッツ」

静岡とおでんと私 「静岡おでん」と言うブランドにまで発展しましたが、 静岡でおでんと言えば、子どものおやつであり、軽食であり、酒のつまみです。駄菓子屋さんでおでんを仕込んでいるところも多く、おでん街には飲み屋もひしめいていました。 黒いだしで煮たおでんに、だし粉、ねりからしを付けて食べます。私は高校生の頃は、だし粉をかけるのはスタイリッシュでないと思い、粉なしで食べていました。今思えば、カルシウム […]

名物ケーキが食べられる 富屋珈琲店(静岡)

「あー、あそこのケーキ食べたい!」 私にとってそう思わせる静岡のケーキは、キルフェボンではございません。順孔(じゅんこう)です。 以前は市街地に店舗があったため、自転車で立ち寄れましたが、そのお店は閉じ、郊外のお店に統合したとのこと。こちらは街中にあった時の写真です。 JunkoとしてはJunkoを応援したい。私のプチ自慢でもあったお店です。 現在営業していないのは仕方ないので、統合されたという富 […]