カフェ

1/2ページ

酒粕と友だちになれる 酒蔵櫂(かい)(山梨)

こんにちは、映画☆星読みライターのJunkoです! 山梨グルメのご紹介、続いては酒蔵でもありごはん&カフェでもある「櫂」(かい)をご紹介。泊まった古民家でオススメいただいたお店。地元民愛用のお店は間違いないです。 日が落ちると真っ暗になってしまう地方都市、ナビを頼りに「櫂」まで向かいました。近くには大きな神社がありました。 駐車場に車を止め、2階建の建物に向かいます。すでにタイムスリップした雰囲気 […]

最強デザート!川沿いイタリアン「トランクウィル」(山梨)

こんにちは、Junkoです! 今日から山梨シリーズが数回続きます。緊急事態宣言が明けて、多くの方が旅行モードになっている時期でしょうか。 山梨も広いのですが、今回は山梨市・笛吹市を巡ってきました。 土曜日のランチ時間、モダンな屋舎の山梨市駅に初めて降り立ち、車社会の山梨で駅前に何かあるかな… とネット検索。本来は土地のものを希望しつつ、滞在期間中に叶うだろうと思ったので、ジャンルは限定 […]

「ちょうどいい」のコーヒーショップ、フグレン(代々木八幡)

フグレンは、ノルウェー発のコーヒーショップと聞いています。でも絶対そうと見えない外観が、好き。 なんだこの、日本家屋! 大都会でぜいたくな一軒家だし。 鳥の赤い看板が目印で、鳥がノルウェー語で「フグレン」なのだそう。いわゆるオシャレなお店として、若者を中心に支持されています。オープンが2012年とのことで、私もその頃から時折利用しています。 フグレンの特徴は、居心地のよさかな、と。 もちろんコーヒ […]

激戦区でもコーヒーショップを選ぶ派に、ユニゾンテイラー(東京・人形町)

こんにちは、Junkoです! 以前茅場町の「ストリーマーコーヒーカンパニー」をご紹介しましたが、今日は人形町駅交差点の裏側に位置する「ユニゾンテイラー」をご紹介。2017年オープンとのこと。 東京メトロだと水天宮前駅や人形町駅があるエリア。日本橋や証券取引所とも近くビジネス街に隣接していながら、こののどかな雰囲気がいつも不思議です。クリスマスの時期もクリスマス色はゼロ、商店街では頑なに正月に備える […]

食器が主役!テンション上がるイッタラのカフェ(表参道)

iittalaのお皿大好き! 我が家の洋食器は90%がiitalaです。 こんにちは、Junkoです! 最近表参道エリアづいているわたくしですが、今回は偶然見つけたイッタラ表参道のカフェ。場所はざっくりと、国連大学の裏で、Found MUJIあたりを入っていきます。 お店としてはかなり控えめで、食器を売っているようには見えない。内装は隈研吾さんのデザインとのことです。 お店ではちょうど、ティーマシ […]

麹町カフェのクオリティそのまま、EAT GOOD PLACE (東池袋)

先日チベット瞑想で誘導いただき心のすす払い、その後強烈にぐったり。そして軽やかになりました。 こんにちは、Junkoです! 豊島区、攻めてますよね。20代~30代ディンクスを中心にファミリー層に住みやすい街づくりを進め、成功。2020年7月にオープンしたイケ・サンパークに行ってきました。 ビル群を背に、スコーンと抜けた青空が気持ちいいです。白いテントのように見えるのが、土日のファーマーズ・マーケッ […]

家庭フレンチを気軽に楽しむ「アッシュカフェ」(梶原)

都電もなかに出合いました。可愛くておいしいですよー。添加物トレハロースとあって、え?と思ったのですが、自然界に存在する糖質ということで、問題なさそう。 こんにちは、Junkoです! 今日は、このもなかが買える「都電もなか本舗 明美製菓」近くに発見したアッシュカフェを紹介。まさに「近所にほしいカフェ」です。都電荒川線「梶原」が最寄りです。 近所にほしい、の意味は「適度に気分転換できる」「フードが美味 […]

ゆる作業で普段づかいできる「喫茶ランドリー」(森下)

ステイホームの日々、ブログの話題は映画を見るか、寝かせていたものを今さら書くという感じです。 森下の喫茶ランドリー、ちょうど1年前に訪問していました。東京、両国駅から国技館を背に南下していく感じで、向かいました。喫茶ランドリーは、まちの「寄り合い所」的な場所を目指したもののようですが、たしかに道中お店がなく、よって人通りもなく、さびしい感じ。 外観です。照明が素敵ですね。ランドリーは主張しておらず […]

好きな渋谷になるカフェ「ホワイトグラスコーヒー」

誤解なきように言うと、渋谷は大好きな街。だけど、英語で「outgrow」(大きくなって着られなくなる)という言葉があるように、自分がその地に少し合わなくなってしまった感覚があります。渋谷から表参道や青山や六本木に流れていくような…。 そんな中で、友人がおススメのカフェに連れて行ってくれました。「ホワイトグラスコーヒー」(WHITE GLASS COFFEE)です。わたし、「このカフェがある渋谷は好 […]

イマの感性を磨く努力

一昔前までは、当事者の情報を得るために、「雑誌」がありました。女性誌も男性誌も、年代と性別で対象を絞っていますから、「セブンティーン」の次は「non-no」で、卒業したら「MORE」だとか、「リンネル」を卒業したら「大人のおしゃれ手帖」などの流れもあります。もちろん「25ans」のように、25歳という名の雑誌が、雑誌とともに育った40代に読まれていることもあります。 そうそう、雑誌は情報の宝庫でし […]