麹町カフェのクオリティそのまま、EAT GOOD PLACE (東池袋)

麹町カフェのクオリティそのまま、EAT GOOD PLACE (東池袋)

先日チベット瞑想で誘導いただき心のすす払い、その後強烈にぐったり。そして軽やかになりました。

こんにちは、Junkoです!

豊島区、攻めてますよね。20代~30代ディンクスを中心にファミリー層に住みやすい街づくりを進め、成功。2020年7月にオープンしたイケ・サンパークに行ってきました。

ビル群を背に、スコーンと抜けた青空が気持ちいいです。白いテントのように見えるのが、土日のファーマーズ・マーケット。検温して入場するシステムでした。

親子連れも多く、ベビーカーや自転車、たくさんありました。

今日のお目当ては、12月12日にオープンしたての公園内カフェ、「EAT GOOD PLACE」です。千代田区のオフィス街にあった麹町カフェがお店をたたみ、こちらに移転したそうなのですが、麹町カフェが大変美味しかったので、期待が高まります。

ポイント1:予約して行きましょう。

寒空の中、外で待つのは辛いですからね。

お店は贅沢に平屋!

天井が高くて気持ちよいです。

店内中央にはグリーンがありました。

ポイント2:メニューはスマホで確認。

席に案内され、「メニュー下さい」と声をかけたところ、QRコードから読むよう言われました。お店のウェブサイトを見にいく感じです。ペーパーレスや非接触の観点からはよいかもしれない。紙のメニューも用意しています、とありました。

自分のスマホで見るのは問題ないのですが、メニューが頭に入っていかず、ページの行き来も面倒です。結局おススメや、組み合わせのアドバイスは直接店員さんに聞くことになります。

Wi-Fiが使えるのも嬉しいですね。

入口入ってすぐのテイクアウト用と思われるカウンターは、すべて英語表記。スタイリッシュな演出かな。

さて、「本日のブランチ 1,600円」を頼みました。

カブ系のひと口スープと、パンが出てきました(注:パンは3人前)。外気の寒さから、ほっこり体を温めるのにちょうどいいスープでした。

ポイント3:パンは実はおかわりできる。

メインは、ビーフストロガノフにバターライス。箸休めのカブまで手がこもっていて、やさしい味。

パンのおかわりももらってしまったのですが、別のホワイト系、ブラウン系1種類ずつ、持ってきてくれました。パンのクオリティ高し! 残さないように、お腹と相談していただきましょう。

そして、「コーヒーとプチデザートのセット 500円」を追加していたので、ここからデザートタイムです。

ポイント4:コーヒーうまし!

この日のケーキはホワイトチョコとクランベリーのパウンドで、酸味が効いていてとてもよかったです。そしてさらに満足度が高かったのはコーヒーです。

実はマグカップがやや大きめで、たっぷりサイズ。しかも雑味がなく、適度に酸味があり、きちんと淹れて下さったのが分かります。

平地の芝を眺めながらクオリティの高いフードをいただき、税込2,100円というのはコスパよく、とても贅沢な時間を過ごすことができました。

こちらがテラス席です。

ポイント5ペットと来られる!

特にストーブとかはないようでしたので、少し寒そうでしたが、ワンコと来ている方が多かったです。

あと、トイレが共用で1つしかなかったので、できれば改善いただきたいなと話していました。

だだっ広い公園もいいですし、たまにEAT GOOD PLACEに来るのもいいですね。イケ・サンパークが池袋の価値を上げていくこと、間違いなしです。

EAT GOOD PLACEは英語的には意味をなさないかもしれません。Eat goodで「よく食べる」、Eat good foodで「きちんとした食事をする」という意味があります。ワタシ的には、ホップ、ステップ、ジャンプみたいで語呂がよいと思います。

「何を食べる」「どこで食べる」が満たされるEAT GOOD PLACEが好きだ! 「誰と食べる」が加われば、最高だ!

EAT GOOD PLACE
https://www.epietriz.com/restaurants/eat-good-place
Google Map