60年代のやくざ映画がラグビーに影響?

日本でのラグビーW杯を1年後に控え、海外選手のタトゥー(刺青)が話題になりました。統括団体のワールドラグビーが、公共のプールやジムではタトゥーを隠すように、と呼びかけたことが発端です。

NHKは、イギリスBBCが「1960年代に派手な入れ墨をした “YAKUZA” (やくざ)が登場する任侠(にんきょう)映画が多く制作されたため」日本でタトゥーが暴力団を連想させるようになった、と解説したことを報道。大真面目なBBC、ナイス!

任侠映画ってなに?

  • 映画の一つのジャンルで、日本のやくざを扱うもの。組織犯罪を扱うジャンルはギャングスタ―・フィルムと呼ばれ、もちろんハリウッドでは戦前から作られていて、1970年代の『ゴッドファーザー』シリーズも立派なギャングスタ―・フィルム。
  • やくざ映画と言えば、東映。映画会社はほかにも松竹、東宝、大映、日活など、それぞれの看板で監督が作品を作っていた時代。
  • 東映では、高倉健さん、小林旭さん、千葉真一さんなどの主演作品がヒットしていた。
  • 任侠映画が多く制作された、とはシリーズものが量産されたことを指すと思われる。

高倉健さん人気か?

シリーズもので多くの方の目に留まったとなれば、高倉健さんのやくざ映画の数々。高倉健さんは、1960年代に「日本侠客伝」「昭和残侠伝」というやくざシリーズものに出ている。「網走番外地」も加えて三大シリーズらしいが、網走…は刑務所映画。

というわけで、BBCがそう解説するほどに影響があった、「1960年代に派手な入れ墨をした“YAKUZA”が登場する任侠映画」の代表格は、高倉健さんに決定!

A1dRozABDhL._SY445_

  1. ただ、日本人には「遠山の金さん」などでも刺青になじみがあるため、もう少し検証が必要。

 

 

おはよう以外の「グッドモーニング」

woman girl silhouette jogger
Photo by Pixabay on Pexels.com

グッドモーニングはおはよう、グッドイブニングはこんばんは、そんなふうに学習したはず。けれど、どうもネイティブの方のスピーチから、そればかりではないことを学んだ。

特に、午前のスピーチの結びに、グッドモーニングと言うことが多い。「おはよう」という訳を当てると、とても変な感じがする。

これは、Have a good morning. 「よい朝(午前)をお過ごしください」という意味だ。Have a good day. 「よい一日を」というのは聞いたことがあるだろう、それと同じだ。Good day. は「よい一日を」=「さようなら」として使えるので、「さようなら」がGoodbye. だけではないことが分かる。

形容詞+名詞というのは他にもあり、

Happy birthday!

事前なら「よいお誕生日を!」当日なら「お誕生日おめでとう!」

Merry Christmas!

事前なら「よいクリスマスを!」当日なら「クリスマスおめでとう!」

Happy new year!

事前なら「よい新年を!」年を越えたら「あけましておめでとう!」

日本語の訳は一つだけではないので、おなじみの英語フレーズ、ぜひ別のタイミングで使ってみてほしい。

 

小銭の行く末

money cash euro payPhoto by Skitterphoto on Pexels.com

子どもの頃は、目に見えて貯まることが楽しかった硬貨。日本でもすでに、電子マネーの普及で小銭を持ち歩く人が減ってきている。小銭が大量に集まると思われる、例えば神社の一部でも電子マネーが導入済だ。

ここ数年間に訪問したアメリカ、カナダ、ニュージーランド辺りでは、もともと現金代わりのデビットカードが使われていたため、換金をしなくとも、日本から持って行ったクレジットカードを使うことで問題なかった。ニュージーランドは1990年に1セントコインが廃止され、データ上のやり取りは残っているが、現金の取り扱いでは四捨五入が用いられている。

例:88セントのものを買う→1ドルを出す→10セントのお釣りがくる

え、12セントもらえないの?と思うのだが、得することもあるので、イーブンというわけだ。

一方で、最近メキシコを旅した友人は、「物乞いしている人に小銭を渡す」という可視化された施しの風習が残っていることを教えてくれた。日本でも街頭募金はどう変わっていくのだろうか。

募金という意味では、アメリカのアウトレットモールでカード払いをした際「~~~という非営利団体に、1ドル未満の端数を寄付しませんか?」と聞かれた。店員はこの質問を加えることが、社会貢献になるわけだ。消費者も、YES/NOだけで決められ、煩わしさがない。募金の場面は、電子マネーが使われるところに統合されていく方向なのかもしれない。

 

 

 

薄めて散布!米とぎ汁乳酸菌液

dav(右:仕込んで10日ほどの米とぎ汁乳酸菌液 500ml、
左:大さじ1程度の乳酸菌液を水で薄めた掃除用スプレー、わずかに白濁)

発酵に関心をもってEMの展示会に行ったのをきっかけに、ナチュラルクリーニング熱が再発。さっそく米とぎ汁、塩、黒糖をもとに発酵させる天然クリーナーづくりにチャレンジした。

米とぎ汁乳酸菌液は、呼び方も含めてこちらのサイトを参考にさせていただいた。食用・飲用にも使っている方がおられるようだが、私はもっぱら掃除と入浴に使っている。

軽くクイックルワイパーした後に、フローリングの床に希釈した液を吹き付けて乾拭きすると、とても気持ちがよい。コンロの油汚れなども落ちやすくなる。

問題は、独特のにおいだ。

自家製だとさすがににおいチェックまでできず、正常な範囲なのか分からない状況。「甘酸っぱい香りになる」「臭くなければOK」などの表現もなかなか参考にならない。リトマス紙を買ってチェックするほど科学的な要素もないと思い、また民間伝承なのであまり難しく考えるのはやめた。

一度、原液を3倍ほどに薄めてシュッシュしたところ、においがきつすぎる。例えるなら、銀杏の匂いだった。来客からも「するめのにおい?」と言われた。もし濃度が高く体によい菌がたくさんいるとしても、住んでいる人が楽しめない空間はいただけない。やはり大さじ1-2杯程度にし、においがほぼ分からないようにするのがよいかと。それでも無臭にはならない。

人間にとってよい菌は「発酵」、悪い菌は「腐敗」と教わった。米とぎ汁乳酸菌液は、このにおいで本当によい菌なのだろうか??

 

 

病院はホスピタルでいいの?

来日した外国人が体調を崩し、病院に連れていくことがこれまで何度もあった。特に冬のインフルエンザは、お気の毒だが団体行動が難しいため、外出を禁止してホテルステイしないといけない。

病院」を英語にすると、私たち「ホスピタル」って習っていないだろうか?

一度、高熱を出したドイツ人の若者に、「ホスピタルに行こう」と伝えたところ、とても素直で協力的だった人なのに「ノーーーッ!!!」と抵抗された。

涙目になるくらいだったので理由を聞くと、「まったく言葉の分からないところで、自分だけ取り残されたくない」不安だらけの表情をした。そう、彼が想像したのは「大病院での入院」だったのだ。

いやいや、もちろん時間外だったので大病院(日本赤十字)に行くことは間違いなかったけれど、あくまで「診察」だったのだ。

そう、この場合の英語は「クリニック」が適切。日本で言うと「診療所」だ。

日本語でも20名以上の入院設備がある場合を病院、それより小規模だと診療所、と言うそうだ。しかし英語だとホスピタル、と一様にに覚えてしまった気がする。

”We will go to a clinic.” のほかに、”We will see a doctor.”(医者に診てもらいましょう)と言ってもOK。

五島行きを決めた方へ

今年の夏、初の五島列島へ行ってきました!

ネットでいろいろ調べて計画を立てた個人旅行でしたが、こうだったらいいな!と思ったことを書き残しておきます。

dav

上五島と下五島

長崎県は島が多いことでも知られていますね(971もあるとか)。五島も140ほどあるようですが、ざっくり北側の「上五島」と南側の「下五島」に分かれることを覚えておいてください。下五島にある福江島(ふくえじま)が最大で、福江空港もあります。目的の島がある方以外は、初の五島はほぼ福江に行く、もしくは福江を含むことになると思います。ただし「福江島に世界遺産はありません」と、福江の方に言われます。

五島は長崎市以外からも行ける!

私は羽田―長崎の飛行機を押さえてからフェリーで五島に向かいましたが、調べるうちに福岡や佐世保からもフェリーが出ていました。飛行機は福岡から福江(下五島)にも出ているみたいです。ただ、出発点と帰着点を変えて(例:長崎IN、福岡OUT)三角移動したい方は、念入りに計画する必要がありそうです。

車が必須!軽でOK!

五島では、港に着いても空港に着いても、車が必要です。レンタカーの予約をお勧めします。いつも普通車に乗っている方も、軽のレンタルで構いません。普段乗らないから少しでも快適にと、高級車を予約しない方がよいかと。なぜか?一つは、ガソリンが島価格でリッター当たり20円くらい高いのです。少しでも燃費がよい方がいいですよね。もう一つは、狭い道と側溝が多いので、車が小回りがきく方がよいです。この2つは地元の方に聞いたので、参考にされるとよいと思います。



徹子さん、タモリさん、そして阿川さん

main

海外の要人をお迎えするなど、これまで比較的多くの現場を経験してきたが、その中でよく出てくるのが「席次」だ。これを、もっと一般の方に役立つようにお伝えしたい。

今回お話ししたいのは、「右上位」。自分より右にいる人のほうが上の位、という意味で、プロトコルという国際的な儀礼のルールでそのように決めている。ホストとゲストがいた場合、ホストを立てるのなら自分より右側にご案内する。逆に、ホストの自分のほうが明らかに上の場合(社長と社員、先生と学生など)には、自分より左に案内する方が相手にも親切だ。3人以上でも考え方は同じで、例えばスポーツの表彰台も、中央の1位に続いて、2位は3位よりも右側に位置している。

ひとつややこしいのが、舞台やテレビだと相対する形になるため、お顔を見ている場合には左側の人が上位にいることになる。「向かって左が上位席」となるが、自分中心に考えればとてもシンプルだ。

これで簡単な覚え方は、長寿番組『徹子の部屋』だ。徹子さんは必ずご自身の右側(画面では左)にゲストをお呼びしている。考えてみたら、タモリさんの『笑っていいとも!』もそうだった。部屋の場合、ドアの位置などによっても上位席が変わるが、基本的には「右上位」を徹子方式で覚えておくとよい。

一つ、どうしてもこのルールから外れるのが、阿川佐和子さんの『サワコの朝』だ。

nrr201190108_0-thumb-886x630-313189

『サワコの朝』での阿川さんは、画面の左、つまりゲストに対して上位席にいる。『徹子の部屋』と差別化したかったのだろうか、あるいはフリースタイルということなのかもしれないが、国際的なルールとしては、徹子さんの方を参照されたい。

 

 

食の大切さ 保育園児から教わる

『いただきます みそをつくる子どもたち』(2017)

640

もともと、主義主張の強いドキュメンタリーには、内容問わず反発する気持ちが出てきてしまうため、若干警戒しながら見た『いただきます』。同時期、友人の間で流行っていた酵素玄米は、どうもまゆつばだったのだが、本作品で一気に玄米ファンになってしまった。

作品は、はだし保育などでも知られる福岡の保育園の食育をつづる。園児の味噌づくり、玄米昼食、100回噛むこと、など実践している。玄米以外には一汁一菜、野菜、豆、海藻が中心で、魚もせいぜい煮干し、ちりめんなどが入るくらいだ。

私自身、小さいころから肌のトラブルがあったのだが、「遺伝子レベルでは、食べ物の変化にそんなにすぐついていけない」という言葉に説得力あり。実際にアレルギーや肌トラブル持ちの子が入園し、食事で改善しているという。肌トラブルには外的要因と内的要因があると考えられるが、食べ物は内的要因に関係しないわけがない。自分のおばあちゃんが食べていたものを参考にするのがよいらしく、みそ汁や漬物という「菌活」も始めるようになった。

私自身、玄米生活を始めて一年経つが、食べ始めの数か月で自然に体重が5-7キロほど落ちた。白米はおかずをたくさん必要とするし、特に外食では味付けが濃いので、たまにしか食べなくなった。自家製味噌や梅干しを仕込むようになり、家の掃除も米とぎ汁乳酸菌を活用するなど、今ではちょっとした菌オタク。

子どもたちが、大切なことを体で教えてくれた気がしている。

「カメ止め」人気が止まらない!

『カメラを止めるな!』(2018)

kametome映画評論をする者の性分として、映画を見た後にどうしてもしたくなってしまうことがある。
それは、その映画を①監督の過去の作品と比較し、テーマや表現の側面から分析すること、そして②映画史の大きなカーペットの上に作品を位置づけようとすること。

カメラを止めるな!』(2018)は、上田慎一郎監督の初長編作品で、すでにご覧になった方も多いと思う。作品は、大きく2つのパートに分かれている。前半はホラー、後半はコメディだ。

映画自体にフォーカスを当てた作品、映画について自覚的である作品は、Self reflexive と呼ばれる。『カメラを止めるな!』も、映画制作自体がテーマだ。

映画について自覚的な作品としてよく例に挙げられるのが、ウッディ・アレン監督『アニー・ホール』(1977)、ロバート・アルトマン監督『ザ・プレイヤー』(1992)。シーンでは伊丹十三監督『タンポポ』(1985)など。

 

前半のホラーは、37分ノンストップ。ハンドカメラの手ぶれも、長回しという技術も、これまであったやり方だ。ビデオカメラの一般化とともに、カメラの機動性が高くなり、少人数でも扱いやすくなり、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(1999)と似た印象。これも低予算で大ヒットを記録した。長回しは劇映画でも全編ワンカットを謳っている作品があり(フィリピン『人質交換』(2015)など)、ドキュメンタリーは基本カメラを止めなければワンカットになる。

後半はコメディ。サスペンスと似ているが、自分が知っていることを誰かは知らない、というところにギャップが生じ、笑いが起こる。「刑事コロンボ」シリーズをご存じだろうか。犯行シーンはいつも冒頭、そして犯人を追い詰めていく刑事さんに、観客は同化しつつ、名案にうなり、共感を寄せる。

「カメ止め」で素晴らしかったのは、キャスティングだと思う。劇中劇の映画監督は、濱津隆之さん。ペーソスたっぷりの表情で、観客のエールを集めるキーパーソンだ。劇中劇で助演女優となるしゅはまはるみさんは、個性派の小林 聡美さん、片桐はいりさんらの系列に入れてよい大物感あり。そして、主演女優の秋山ゆずきさんも、女性に嫌われるタイプの女性を好演している。

トム・ダッシュだけで価値あり

「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」

tomcruisemi6poster

MI6撮影時、御年55歳か。トム・クルーズのすごさを拝みに行く価値のある映画。トムにスクリーンで会えたなら、どんなにあのBGMのパーカッションで煽られようとも、無意味にヘリコプターを使ったシーンが続こうとも、気にならない。

一番の見どころは、トムの100メートルダッシュ。私は「トップ・ガン」世代でもあるので、映画を見始めたころからトム・クルーズと一緒に歳を重ね、人間だれしもそうであるように、体力の衰えも感じている。だからこそ、100メートルダッシュするトムをそれだけでリスペクト!!

走ると言えば、「あぶない刑事」。舘ひろしさん、柴田恭兵さんがいつも疾走していた。「さらば あぶない刑事」(2016)でも還暦過ぎたお二人の猛ダッシュが見られて、感激!

ほかの見どころもご紹介。一つは、街ロケ。「映画で町おこし」なんてのもよく聞く一方で、パリが出てもロンドンが出ても何とも思わないのではないか。いやいや、パリにはセーヌ川、ロンドンにはテムズ川があって、橋がある、観光名所がある、カフェがある。チェイスにはぴったりの環境。特にパリでは、放射状の街並みでオートバイのチェイスがあり、こっちからも責められた、次もダメ、とどんどん追い込まれていく様子が画面から伝わってくる。

脇役も素晴らしかった。アンジェラ・バセットがCIA長官として登場。アンジェラと言えば、「マルコムX」(1992)で演じた妻ベティ・シャバズ役が印象的で、可憐かつ芯のある女性のイメージ。今回の役は随分貫禄あり、図太さも含めて好演。

以下、少し残念だったところ。

▼アジアのプレゼンスが弱い。謎の男はアジア系だが、セリフがなくすぐに殺されてしまった。

▼日本語字幕。戸田奈津子先生はトム・クルーズが絶大な信頼をおく字幕翻訳者だが、御歳のせいか、現代の日本語感覚から少し離れる。一つ覚えているのは、「足を洗う」―――書き言葉としてありだが、登場人物の会話テンポとなじまなかった。

▼2時間半。なぜ?