Junko

3/22ページ

映画料金の値上げ発表が痛い今日この頃

6月からの映画料金が1,800円から1,900円に上がるという、最近のニュース(TOHOシネマズのお知らせはこちら)。これまでも高いという印象はあったけれど、「え…」というのが正直な感想です。 TOHOシネマズによれば、「アルバイト人件費を中心とした運営コストの上昇や各種設備投資への負担増」とありました。シネマコンプレックスが出てから映写やチケット販売は効率化されましたが、たしかに家賃 […]

競ってないけど軽い敗北感… の時は心を見るチャンス!

好きになった人の口から、好きなアイドルや女優さんの名前が出てきたこと、あると思います。日常会話だし、有名人だし。 なのにその時の、自分の中での何とも言えない敗北感って、何でしょう。 映画『ノルウェイの森』を見て、水原希子さんがいいねと言った、A君。 中山美穂さんが好きで、そのせいかロングヘア―好きだった、B君。 宮崎あおいさんが好きで、オリンパスの一眼レフを買ってしまった、C君。 アナウンサーの話 […]

芸人先生2 #6 ミキがバスガイドに伝える現場第一主義

「芸人先生2」本日の講師は、 しゃべくり漫才で知られ、女子高生に人気の兄弟ユニット、 「ミキ」のお二人。「ミキ バスガイドにアドリブ力を講義する」(2019年5月6日放送分)をお届けします。 採録まで正確ではありませんこと、ご容赦ください。 昴生(こうせい)さんと 亜生(あせい)さんのコンビで、「あせいこうせい」「こうせいああせい」と自己紹介。「バスガイドと芸人は同じ」この言葉の意味が、講義を通じ […]

「ミスUSA」弁護士に期待する明るい未来

今月はじめ、「ミスUSA 2019」(ミスユニバースの米国代表 )が決定しました。ノースカロライナ代表のチェスリー・クライスト(Cheslie Kryst)さんです。28歳で168cm、社会人として落ち着いていて、モデルのように飛びぬけて高身長でもないところが、一般の方とも親和性が高いと思われます。 弁護士ということも注目されています。 アメリカには「ミスUSA」のほかに、「ミス・アメリカ」と「ミ […]

ジュージュー言わない焼肉の店29on(ニクオン)

私はかなりの確率でテレビ東京の番組を見ているので、『カンブリア宮殿』から企業を知ることも多いです。 2018年6月の放送で、「29on」(ニクオン)を知りました。favyという会社の運営する会員制の肉料理のお店です。 家庭用でも出ている低温調理器具を使い、お肉が固くなる手前の温度(60度台)で真空パックの肉に火を通すやり方。そうすると旨みである肉汁も閉じ込められ、柔らかい赤身の肉が出来上がります。 […]

Koki,さんのキュートなティーンエイジャー英語

5月12日(第二日曜日)は母の日です。私たちは例外なくお母さんから生まれていますから、どんなに確執があっても、ケンカしていても、照れくさくても、この日は何か贈り物でも電話一本でもしたらいいのではないか、と私は思います。 2018年にELLE JAPONの表紙を飾り話題をさらったKoki,さんは、15歳でした。中学から高校にかけては、思春期で親に反発することもあるのでは?と想像しますが、Koki,さ […]

芸人先生#5 みやぞん・あらぽんの超プラス思考術(ANZEN漫才)

NHKの「芸人先生2」、今回はANZEN漫才のみやぞん、あらぽんのお二人が、はとバスの社員さんに対して行った 「愛され社員になる超プラス思考講座 」 (2019年4月29日)放映分です。バスガイドや整備士など、若手から中堅の社員の方が受講されました。採録ほど正確ではありませんこと、ご容赦ください。 東京都足立区出身のANZEN漫才のお二人。みやぞんさんは、リーゼントにするまでは相方よりも目立たない […]

パリコレ学2 #3 天国も地獄もあったファッション審査

前回に続いて、 モデル自身の個性と服のよさを出せているかをチェックする、ファストファッション審査の回です。SNS時代には、ただ服を着せてもらうだけではなく、自分のセンスを発信していけることが求められます。 予告では「アンミカ大激怒!」って、そういう振り方怖い…。今回は4名の方が審査を受けました。 岡本百恵さん(21歳/176cm) アンミカ先生には「かなり絞らなければいけない」と言われ […]

「だんな」「よめ」のない令和にしたい

たかみなさん、ご結婚おめでとうございます! 令和のスタートから、おめでたいニュースでした。リーダー格の彼女らしく、15歳年上のお相手を選ばれたことも何となく納得でした。 新しい時代に突入してもなかなか変わらないのが、言葉とその後ろにある人の意識です。 ですから、この「だんな」と「よめ」Tシャツ、いじられる目的は分かっていながらかなりガッカリしてしまいました! 家父長制の続くニッポン 家を単位とする […]

ユディトIと対面!早めがおススメ、クリムト展(7月10日まで)

クリムトが嫌いな人はほとんどいないのでは、と思われるほど、100年以上経った今も熱烈に愛されているウィーンの画家。最近では藤井フミヤさんもクリムト好きだと知りました。 上野の東京都美術館で、4月23日から「クリムト ウィーンと日本1900」が始まっています。目印は、銀のボールがあるところ! 人気の展示に何時間も待つのでは、とハナから諦めていたのですが、ツイッターを見ると「10分待ち」「待ち時間なし […]

1 3 22