3月20日の宇宙新年に期待

よく読んでいる占い師(インフルエンサー)の方が何人かいます。 Love Me Doさんによれば、風水では20年に一度運勢が変わるそうです(新型コロナウイルスと5Gを結びつける「水瓶座のグレートコンジャンクション」! Love Me Doがアクエリアス時代の生き方を指南!)。成人式は20歳、式年遷宮も20年ごとですから、一つの区切りと見るのは一般的かもしれません。 2020年は始まりから大変な感じが […]

コム・デ・ギャルソンと「文化の盗用」問題

2020年1月の、秋冬パリコレクション。 コムサ・デ・モードで複雑な出来事が起こりました。(記事はこちら Comme Des Garçons: Row over white fashion models’ cornrow wigs ) 私はこれを見た瞬間、古代エジプトだと分かりましたし、カッコいいと思いました。 デザイナーのRei Kawakubo氏、そしてヘアスタイル担当の Juli […]

シンクロニシティ!イップ・マンの「お告げ」

昔からスピリチュアルな話題には関心の高かった私。進むべき道に迷ったときには、いろいろな方法があります。以前もペンジュラムをご紹介しました。 今も「自分の使命や天職は何か?」と、あらゆる出来事をヒントにしながら過ごしています。 今通っている鍼灸院で、施術中先生と他愛ない話をするのですが、その先生と、太極拳がいいという話をしていたら、突然こんな会話に。 先生:「〇〇さん(私のこと)、映画好きそうですよ […]

台湾時間を吉祥寺で「月和茶」

久しぶりに吉祥寺に遊びに行きました。以前来たのは3年くらい前だし、その時はまだ伊勢丹もあったし… と、訪問が街の変化に追いつかない状態です。 でも新宿や銀座のように、休日出かけて喫茶店が満席、待つのは当たり前、という感じまで行かないのが、吉祥寺らしくもあり。このくらいの活気が丁度いいな~と思います。 今回は、ふらりと見つけた台湾のティーハウス「月和茶」(ゆえふうちゃ)。昔勉強した中国語の知識では、 […]

大人になってから見た、『レオン』のせつなさ

外出を控える人も増えているご時世、AmazonプライムやNetflixがお手頃な「時間つぶし」になりつつあります。 『レオン』は1994年のリュック・ベッソン作品。ジャン・レノとナタリー・ポートマンが出演する、殺し屋の物語です。当時見た私は20代前半。デビュー作となるナタリー・ポートマン可愛いな、ミルクを紙袋に入れてくれるなんてオシャレだな、とかジャン・レノがイタリア系に見えないな、とか思ったり、 […]

定点観測 ブログの成長日記(2020年1月、2月)

大きな変化はない2か月間でした。 2020年1月… 4,4xxPV (AdSense収益 4xx円)2020年2月… 4,5xxPV(AdSense収益 7xx円) クリック数は1月が18、2月が20でしたが、収益は異なるものですね。Amazonや楽天のアフィリエイトも、振込最少額に満たないものの、少しずつ増えています。 2か月間の検索流入を見てみると、1位から5位までは以 […]

ネコ顔にイヌ顔… PETS ROCK

決して新しいネタではないんですが、出合ってしまった、PETS ROCK。イギリスからのペットとCGを組み合わせたグッズのブランドです。 “You rock!” (最高!スゴイ!)という表現があるように、rockにはイケてるって感じの意味があるので、「ペット最高!」みたいな屋号かと思います。 これ見つけちゃいました。 リーさんはネコ顔ってことか。 アイコンはたくさんあるんです […]

イマの感性を磨く努力

一昔前までは、当事者の情報を得るために、「雑誌」がありました。女性誌も男性誌も、年代と性別で対象を絞っていますから、「セブンティーン」の次は「non-no」で、卒業したら「MORE」だとか、「リンネル」を卒業したら「大人のおしゃれ手帖」などの流れもあります。もちろん「25ans」のように、25歳という名の雑誌が、雑誌とともに育った40代に読まれていることもあります。 そうそう、雑誌は情報の宝庫でし […]

高田馬場の良心、とんかつ「いちよし」

高田馬場で立ち寄る理由になるとんかつ屋さんに行ってきました。 こちら、 山手線と垂直に走る、早稲田通りです。線路すぐ外側に見える、さかえ通りを進んでください。 ほどなくして左側に、白いのれんが美しい「いちよし」が見えます。 店内には、無駄がない。カウンターと4人席テーブルがいくつかで、休日の13時過ぎにスッと入ることができました。席はすぐに埋まってしまいますが、常に回転しています。並ぶかどうかは、 […]

ところ変わればFYも変わる

外資系などにお勤めの方、FYがFinancial Year (Fiscal Year) というのをご存知ですね。 いわゆる「年度」というやつです。 欧米の企業では6月決算が多い気がします。例えば今期でいえば、2020年度は2019年7月から2020年6月までです。新しい方の年度に合わせるんですよね。 理由を私なりに考えると、「時代先取り感」かなと思っていました。 月刊誌も、4月号を2月下旬に発売し […]

1 2 33