メルカリとサステナビリティ

CMをよく見かける「メルカリ」も、私の周囲で使っている人はまだあまり多くない。会社員だと、数時間以内に返信をして、コンビニから出品して…という時間も厳しいだろうか。

https://www.mercari.com/

私は最近、大判スカーフとモッズコートのお買い物をした。スカーフは以前からほしかったが万単位の額が出しづらかったもの(1,500円で購入)、そしてモッズコートは昨シーズンに早々売り切れた人気アイテムで、着脱式ライナーにより長い期間着られるもの(8,000円で購入)。

C2C市場を見ると、これまでも書籍はアマゾンで売ることができたし、譲ります・買いますのサイトは存在していた。しかし、メルカリは

  • スマホで出品の撮影から決済までできる利便性
  • 自分の住所を書かなくても発送できる匿名性
  • 価値が分かる人に売りたいというMOTTAINAIの心

などがウケているように思う。

MOTTAINAIの心に関して、最近ノルウェー人の友だちと20年ぶりに再会した時のエピソードがある。彼女は「服はすべて中古で買う」主義とのこと。その理由は、「環境にとってよいから」だった。つまり、「まだ着られる状態のものであれば、自分が引き取る」ことで、ものの寿命を長くする、無駄にしない、エコな選択だ。消費社会へのわずかな反発だが、個人でできるアクションだと感じた。

日本ではそこまでピュアな動機では広がっていないものの、ほぼ新品もしくは数回着ただけの衣類であり、ブランド品であればなおさら、「誰か着たい人に安価でお譲りします」という気持ちに寄り添うプラットフォームであろう。

補足として、ヨーロッパではOxfam(NGO)やSalvation Army(救世軍)で古着を販売しており、ちょっとしたブランド品でも安く買うことができる。購入することで団体の活動資金になり、敷居の低い社会貢献となっている。

登録してみたい方は、こちらからどうぞ。


 

何が不便かメモメモ テクノロジーのために

テクノロジーの進化に、新しいものの登場が加速している。

これまでも、主婦が発明したアイデアから、年商何億円にもなるようなグッズが登場することはあった。日々お世話になっている「地下鉄乗り換えマップ」も、その一つだ。お掃除ロボット「ルンバ」も、無人で掃除機をかけてもらえるありがたい世界が実現している。

私のような文系人間は、テクノロジーそのものに貢献できることは少ない(と思う)。しかし、事象をそのまま受け入れたり流されたりするのではなく「これがあったらいいのに」と思える発想や、その手前の「これって不便」をいう思いを見逃さないことはできる。そして、その発想はとても役立つはず。

私からの提案として、特に以下のものは開発を切望!

に代わるもの

英国紳士を彷彿させる長傘から、ビニール傘、折りたたみ傘、日傘などありとあらゆる傘があるが、基本的な形は変わらない。片手がふさがる、強風では役に立たない、置き忘れる、など様々なリスクも。それ以外はレインコート、レインポンチョしかない。まずは、自分の動きに合わせてくれて、送風で雨を吹き飛ばしてくれる、ハンズフリーな傘がほしいと思う。

くさいものが検知できる装置

香水や制汗剤などの職場では嗅覚のスペシャリストもおられるが、不快なにおいをやっつけたいという思いは一般家庭にも多く見られるだろう。

家に帰ったら、なんか臭い… でも何が原因か分からず対策のしようがない…。そんなこともしばしば。靴箱か?洗面所か?お風呂場か?ある程度絞り込むこともできるが、「食器棚のタッパーの一つから強烈な匂いを発していた」ことが原因だった、ということを、嗅覚スペシャリストが突き止めたテレビ番組も見たことがある。

口臭チェッカーがあるくらいなので、臭いものの場所と種類を究明してくれるようなお手頃のデバイスがほしい。

アスファルトより地球にやさしい素材

自動車の発明と並行して普及したであろう、アスファルト。コンクリート・ジャングルと呼ばれるように熱放出の面で課題が多い。強度があることから転ぶと痛く、水はけも悪い。

21世紀中に発明されるかな?と待ち遠しいのだが、アスファルトに代わる素材で地球を覆うことができたら、地球も息ができるようになり、より快適な暮らしが生まれるはず。もしそれが地震の衝撃を少しでも和らげるような機能があれば、なお役立つのでは。

旅行のお役立ちサイトとアプリ

個人旅行の場合、旅の行き先を決めた後、具体的にどこに行くかを調べますよね。

adult adventure beautiful climb
Photo by Nina Uhlíková on Pexels.com

デジタルネイティブの皆さんは、TwitterやInstagramでハッシュタグを使い検索しているようです。私はいつもガイドブックを買わずに、ウェブで調べていますが、特に海外旅行でこれまで活用度の高かったウェブサイトとアプリを、紹介します。

TripAdvisor

TripAdvisor、海外旅行では日本よりも早く、観光スポットや飲食店の前でステッカーを見てきた気がします。日本語サイトでもおおむね海外情報にアクセスできます。ホテルはいろいろなサイトで取れますが、特に「観光」と「レストラン」が使える!ユーザーの満足度を☆の数で確認できるので、レストランなら日本の「食べログ」と同じコンセプト。

バンクーバーでの滞在最終日午前にスタンリー・パークのサイクリングを入れたり、台北の養心茶楼でシックなベジタリアン飲茶を満喫など、とても役立ちました。

運転するならMAPS.ME

海外でレンタカーするなら、MAPS.ME(Apple / Google)がおススメです。なぜなら、Wi-Fiなしの環境でも使えるから。これは大きいです。GPS機能はついているので、現在地が分かり、「次の交差点を左折」などのナビもしてくれます。

使いたいエリアの地図をダウンロードしていく必要があるので、Wi-Fiありの環境で準備しておくことをお忘れなく。

公共交通機関ならGoogle Map

Google Mapは日常的にも使っている方が多く、待ち合わせに遅れた際、Google Mapと「にらめっこしてた」「泣かされた」という話も聞きますよね。

海外でバスや電車を使う場合、かなり正確に路線や時刻を表示してくれるので、助かります。

特に海外のバス利用は、安くて助かる代わりに、到着地までのいくつバス停を通過するか、どこで「降車」リクエストを出すか、など冷や汗もの。Google Mapで調べておけば安心です。

私は少しアナログな方法で、検索画面のスクリーンショットを撮っておき、Wi-Fiのない環境でも手掛かりを残せるようにしています。

Happy travels!

小銭の行く末

money cash euro payPhoto by Skitterphoto on Pexels.com

子どもの頃は、目に見えて貯まることが楽しかった硬貨。日本でもすでに、電子マネーの普及で小銭を持ち歩く人が減ってきている。小銭が大量に集まると思われる、例えば神社の一部でも電子マネーが導入済だ。

ここ数年間に訪問したアメリカ、カナダ、ニュージーランド辺りでは、もともと現金代わりのデビットカードが使われていたため、換金をしなくとも、日本から持って行ったクレジットカードを使うことで問題なかった。ニュージーランドは1990年に1セントコインが廃止され、データ上のやり取りは残っているが、現金の取り扱いでは四捨五入が用いられている。

例:88セントのものを買う→1ドルを出す→10セントのお釣りがくる

え、12セントもらえないの?と思うのだが、得することもあるので、イーブンというわけだ。

一方で、最近メキシコを旅した友人は、「物乞いしている人に小銭を渡す」という可視化された施しの風習が残っていることを教えてくれた。日本でも街頭募金はどう変わっていくのだろうか。

募金という意味では、アメリカのアウトレットモールでカード払いをした際「~~~という非営利団体に、1ドル未満の端数を寄付しませんか?」と聞かれた。店員はこの質問を加えることが、社会貢献になるわけだ。消費者も、YES/NOだけで決められ、煩わしさがない。募金の場面は、電子マネーが使われるところに統合されていく方向なのかもしれない。