テクノロジー

キャッシュカードの再発行には時間がかかる

キャッシュレスの波が押し寄せる中、銀行のATMを使う方はまだまだ多いかと思う。 先日、長財布をあるところに忘れ、別の外出先で気づき、電話しても見つからなかったため、あーやっちまったと。 と言っても、もし悪用されてしまった場合、「足がつくことには手を出さない」と容易に想像される。クレジットカードも止められていればエラーが出る、ATMでも顔が録画カメラに残る、などを考えれば、あとは現金と免許証の個人情 […]

破れないストッキングが世界を変える!?

女性に生まれたことは100%喜ばしく思っているのだけれど、ストッキングだけは苦労した経験が多い。 20代の頃は、代謝もよいので暑く感じ、まとわりつくのが気持ち悪くて、履けない。大体素足にフットカバー的なもので済ませてしまう。 30代後半くらいから、足の乾燥や引き締めなどの目的もあってだんだんストッキングを履くようになったが… 悲しい哉、私は足が大きいのですぐに親指に穴を開けてしまう。1 […]

アクセサリーは作家から買う「ミンネ」

アクセサリーは習慣的にするものなので、付けなければ落ち着かない人もいれば、まったく付けなくて大丈夫な人もいると思う。私は肌の弱さから、汗をかいたりかぶれたりということを避けるために、アクセサリーを身に付けないことの方が多い。しかし、肌に負担をかけない軽くて細いものなどは、付けたいなと思うことがある。 「ミンネ」というサイト(アプリ)を見つけたのは、ちょうどハンドメイド作品の販売サイトが立ち上がった […]

英語が必須のアントレプレナー

今年の夏だっただろうか、テレビ東京で若手起業家の商談会を取り上げていた時のこと。起業家同士が交流できたり、投資家が現れたり、そんな機会にあふれるはずの会で、課題があるという。 海外からの来訪者が口々に、「日本人起業家が英語を話さないので、コミュニケーションが取れない」と漏らしていた。取材に答えてくれたのもマレーシア人で、英語はもちろん東南アジアらしいアクセントで話している。 平準的な集団教育を受け […]

これで目を大切に ブルーライトカットの無料アプリ

最近は随分紫外線への理解が深まり、ファッションよりも目を守る目的でサングラスをする人が多くなったように思う。また、PCやスマホと密接に生活している私たちには、ブルーライトのカットが必須だ。 早速、私の使っているPCとスマホの無料アプリをご紹介。 PC:f.lux(フラックス) fluxとは「流動」と訳されるが、絶え間ない変化があるという意味から、昼間は昼らしく、夜は夜らしく光を調整してくれるアプリ […]

Eスポーツは新しいタイプの「スポーツ」

海外ニュースでEスポーツの言葉を聞いたのが、ちょうど一年前。ビデオゲーム観戦をスタジアムで?と、さっぱり分からなかったことを記憶している。 その後日本のテレビや新聞に取り上げられ、スポーツ庁でも議論されるなど、着々と馴染みのあるものになってきた。 Eスポーツを見てみて、いわゆるスポーツ、フィジカルスポーツか?という問いには、NOなのだと思う。反射神経、機敏さは求められるが、肉体を使うという点では、 […]

メルカリとサステナビリティ

CMをよく見かける「メルカリ」も、私の周囲で使っている人はまだあまり多くない。会社員だと、数時間以内に返信をして、コンビニから出品して…という時間も厳しいだろうか。 私は最近、大判スカーフとモッズコートのお買い物をした。スカーフは以前からほしかったが万単位の額が出しづらかったもの(1,500円で購入)、そしてモッズコートは昨シーズンに早々売り切れた人気アイテムで、着脱式ライナーにより長 […]

何が不便かメモメモ テクノロジーのために

テクノロジーの進化に、新しいものの登場が加速している。 これまでも、主婦が発明したアイデアから、年商何億円にもなるようなグッズが登場することはあった。日々お世話になっている「地下鉄乗り換えマップ」も、その一つだ。お掃除ロボット「ルンバ」も、無人で掃除機をかけてもらえるありがたい世界が実現している。 私のような文系人間は、テクノロジーそのものに貢献できることは少ない(と思う)。しかし、事象をそのまま […]

旅行のお役立ちサイトとアプリ

個人旅行の場合、旅の行き先を決めた後、具体的にどこに行くかを調べますよね。 デジタルネイティブの皆さんは、TwitterやInstagramでハッシュタグを使い検索しているようです。私はいつもガイドブックを買わずに、ウェブで調べていますが、特に海外旅行でこれまで活用度の高かったウェブサイトとアプリを、紹介します。 TripAdvisor TripAdvisor、海外旅行では日本よりも早く、観光スポ […]

小銭の行く末

Photo by Skitterphoto on Pexels.com 子どもの頃は、目に見えて貯まることが楽しかった硬貨。日本でもすでに、電子マネーの普及で小銭を持ち歩く人が減ってきている。小銭が大量に集まると思われる、例えば神社の一部でも電子マネーが導入済だ。 ここ数年間に訪問したアメリカ、カナダ、ニュージーランド辺りでは、もともと現金代わりのデビットカードが使われていたため、換金をしなくとも […]