テクノロジー

1/4ページ

中途ハンパな地方都市は「非密」に振り切ろう

今、在宅勤務やリモートワークの流れを受け、人口の集中する東京に住むのはむしろリスクだと言われるようになりました。 これは、少なくとも「大都市に出てくることがサクセスストーリー」だった30代以上の労働人口にとって、大きな変化です。35年住宅ローンを払い続けている最中なのに、勤務地も住居も、東京でなくてもよくない?という提案なのですから。 もちろん、軽井沢や伊豆のようなところに住めたら嬉しいです。小鳥 […]

たまにはデジタルデトックス

時間がないと嘆いておられる、すべての方にお伝えします。時間を作る方法。 デジタルデトックス! 私の場合はブログを書いているので、ノートパソコンはプライベートでも使うのですが… 時間を奪うのは、むしろスマホの方ですね。 先日通勤にスマホを忘れたことに気づきましたが、時間がなかったのでそのまま向かいました。電車の中、30分もしないのに長かったこと! 中吊り広告を見たり、ちょっと迷走もどきを […]

スマホで体温測りたい(と、みんな思う)

検温が日常のものとなりつつあります。 以前、こんな投稿をしました。 この中で、「くさいものが検知できる装置」がほしいと書きました。そして、そのデバイスはスマホだったら便利だなと思うのです。一番身近で、マルチな存在。そう、電話なのにメッセンジャーであり、カメラであり、電子マネーであり、ゲームであり、目覚ましアラームであり、計算機であるデバイス。 話を検温に戻すと、5月はじめに頭痛がして近くのクリニッ […]

園子温監督が語った、「終わりなき非日常」から新しい「終わりなき日常」へ

緊急事態宣言期間中、読み直した本の一つが、園子温監督の『非道に生きる』です。はっきり覚えているのですが、代官山の蔦屋書店を初めて訪れた時(2013 年春)、店内が楽しくてうれしくなり、調子に乗って買った1冊です。 非道に生きる posted with ヨメレバ 園子温 朝日出版社 2012年10月 楽天ブックス Amazon 7net 園監督の「実録もの」シリーズ 私にとって園監督と言えば『愛のむ […]

自由に「妄想」できなくなる時代へ

詳しく思い出せないのですが、20代の頃、北欧の思想だったかこんなことを聞いた覚えがあります。 「自分の頭の中は、誰にも侵されないので、何を考えても想像しても自由。そこから外に出す行為、つまり発言や行動することには、責任が伴う」という考え方。例えば、殺人や人種差別、小児性愛など、社会として禁じられている思想や行為があります。しかしその人が「思っている」だけであれば、他人が踏み入ることはできない、とい […]

3Dかつ体温が大事

ここ2年ほど、Zoomなどのオンラインプラットフォームを使った会議が増えました。会社以外でも色々な方とのつながりがあるため、どこかに集うことなく自宅やカフェからつなげて、バーチャルな会議に出席できるのは、有り難いことです。 一方で、すかいらーくが24時間営業を止めることが発表され、その原因として社の方が「昔は実際に会わないとできなかったことが、今ではできるようになっている環境の変化」というお話をさ […]

日本の農業は2.0になれるか(まだ無理かも)

農家(ファミリー)からやっと農業従事者(個人)へ。テックにはほど遠い(かも)。というのが今回の結論です。 農業2.0(Agriculture 2.0)というのは、2017年くらいから言われ始めた言葉で、IoTを使った農業のことを指します。 そして日本では「農家」という言葉が象徴するように、農業はファミリービジネスの代表格です。家族経営で、創業者で名誉会長が祖父、社長が本人、次期社長は息子、というパ […]

みやじインスタ、デジタルと相性いいアナログ

幅広い年代から愛される、エレファントカシマシの宮本浩次さん。「みやじ」の愛称で知られます。 彼のストレートな歌声に熱烈なファンがいる中で、時々フリーズしたり、頭をぐしゃぐしゃっとかき乱す姿がユニークすぎて、よくネットで話題になっています。 ロックスターとして優等生すぎる、太らない体。私はこっそり「ルパン三世体型」と呼んでいます。現在53歳、カッコよすぎ。 で、みやじさんも音楽シーンには40年近くお […]

本当のMaaSを教えてもらった

先日、「ボストンの女性リーダー研修が日本上陸!日本の地域社会をささえる女性リーダーたちの挑戦」というイベントに行ってきました。 行った理由は2つあります。1つはこのJWLI主催のプログラムに複数の友人が選抜され参加していること。もう1つは「地域×女性リーダー」に興味があったからです。東京でのシングルライフは、地域社会を感じにくい。地方都市に暮らす家庭持ちの女性たちは、もっと地に足付いた形で社会との […]

今さらバルミューダのトースターをお試し

なぜか銀座に行くとふらりと立ち寄ってしまう、松屋さん。この日はちこちゃんのインパクトありすぎるショーウィンドーがお迎えしてくれました。 さて、これもまたふらりと、7階のバルミューダ売り場に足を運びます。あの扇風機や、トースター、炊飯器と高級家電のラインアップを出している、東京都武蔵野市の会社です。扇風機で3万円ほどしますから、デザインの価格であることは明らか。そう言えば「半分、青い。」でもそよ風の […]

1 4