たまにはデジタルデトックス

たまにはデジタルデトックス

時間がないと嘆いておられる、すべての方にお伝えします。時間を作る方法。

デジタルデトックス

Photo by Vlada Karpovich from Pexels

私の場合はブログを書いているので、ノートパソコンはプライベートでも使うのですが… 時間を奪うのは、むしろスマホの方ですね。

先日通勤にスマホを忘れたことに気づきましたが、時間がなかったのでそのまま向かいました。電車の中、30分もしないのに長かったこと!

中吊り広告を見たり、ちょっと迷走もどきをしながら、ボーッと車中を過ごしました。昔は必ず文庫を忍ばせたり、新聞を読んでいたりしたなー、と思い出したものです。今はどちらもほぼいないですね。

その日、自宅でスマホに手を伸ばす時間を意識したところ、15分に一度くらい見ている感じです。ま、ほぼ時計代わりですが。

昔の携帯電話なら、メッセージ(メール)はそれほど来ないので、頻繁に見る必要はなかったかと。それが、今はウェブサイトやSNSや動画が見られるから、格好の暇つぶしアイテムになっちゃったんですよね。

テレビもtime-eater だと思っていたんですが、テレビ消してもAmazon Prime見ていたり、YouTubeエンドレスに流していたりします…。

松丸亮吾さんオススメの、鍵がかかるボックス「タイムロッキングコンテナ」も、一定の効果がありますね。1万円くらいします。

私はひとまず、スマホ本体の方にアプリをダウンロードしてみます。こちらは、ロックがかかるのではなく、各アプリに割いてよい時間の上限を決めるものです。

今日〇時間使った、ということがアプリごとに分かるので、いかんいかん、と抑制できます。後は、自宅での充電を、取りづらいところでやることもコツかな。

ということで、時間の消費の仕方は確実に変わりました。スマホは大きいです。たまに時間がほしいと思ったら、スマホから離れましょう。喫茶店に文庫を持って行きましょう。海にスマホなしで出かけましょう。以上。