モデル

アンミカ先生「パリコレ学」第2弾始まる!

緊迫感のある部屋にハイヒールの音が響き、アンミカ先生入場… 怖すぎ!いえいえ、このくらいの緊張に耐えられなければ、パリコレには出られないです! 8名の合格者を選出 500名の応募の中から、書類選考を通過した25名が息をのむ会場。アンミカ先生、しょっぱなから「1期生よりも自分の方が優れていると思っている人は立ち上がって下さい」と。片手以上の人が立ちました。 そして、「立ち上がった勇気、度 […]

健康的なセクシー・サーファー、アラナ・ブランチャード

「女性的」と言うと、男性とはちがって柔らかい肌だったり、胸、腰、ヒップの曲線が特徴だったりします。しかし、媚びた上目遣いになったり、クネクネしたりすると、同性から見ていやらしくなったりもします。 健康的なセクシーってこういうことか!と、サーファーのアラナ・ブランチャードを見て納得してしまいました。 ハワイ生まれのナチュラル・ビューティー 1990年、ハワイのカウアイ島生まれ。金髪のロングヘア―で水 […]

「パリコレ学」小野寺さん、ついにランウェイへ(最終回)

小野寺南友さんがパリでオーディションを受け続けるところから、3月16日放送回は始まりました。ランウェイを歩くというのはすでに予告されていたので、どこのオーディションに受かったのだろう?と興味津々です。 アンミカ先生は、小野寺さんの応援に、冨永愛さんのメッセージを持ってパリ入りします。 冨永さんの応援メッセージには、「ダメだったキャスティングも、次のオーディションには関係ないから、気持ちを引きずらな […]

「パリコレ学」小野寺さん、パリへ行く

本ブログで取り上げていた「アンミカ先生のパリコレ学」、お陰様で多くの方に読んでいただいているので、あと2回の放送も密着することにしました。 高校生の小野寺南友さんは、パリ行きを手にします。と言っても、パリで事務所に所属する→オーディションを受けまくる→選考を勝ち抜いてランウェイを歩ける、という3段階を経なければなりません。 事務所については、アンミカさんの計らいですでに行くところが指定され、廊下を […]

アンミカ先生「パリコレ学」最終回と思いきや…

人気の企画が最終回と聞いて、実は最終回の前でした。いわゆる「引っ張る」というヤツですが、どうせ全部見るので支障ありません。 TBS「アンミカ先生のパリコレ学」2月24日放映分が第16回、最終回は17回目の放映ですね。 いわゆる「卒業」はパリコレ「不合格」なのですが、そんな5名が発表されました。以下、発表順です。 岩瀬マイラさん(176cm/21歳) 華がある、と最初からプラス評価をいただいていた岩 […]

金城武、アジア男性のイメージをリード!

今日お伝えしたいのは、色香のあるアジアの俳優さんたちがブランドのイメージキャラクターを務める時代になったことです。 1980年代~の時代背景 私が高校生だった1980年代後半は、まだまだ白人(Caucasian)がカッコいいという美的感覚があり、私もご多分に漏れずトム・クルーズが好きでした。 その時、アメリカから来ていた英語の先生に、好きな俳優さんを聞いたら、「ジョン・ローン!」と興奮気味に叫んで […]

アンミカ先生とタイラ・バンクスは似ている?パリコレモデル養成クラス

  林先生の初耳学で、「アンミカ先生のパリコレ学」が放映されています。 この前初めて見て、とっても面白かった。 これの元祖ともいえる番組があります。私が大好きな、そして私と同じ1973年生まれ!のアフリカ系スーパーモデル。タイラ・バンクス(Tyra Banks)。 タイラは『America’s Next Top Model』というモデルのオーディション番組をプロデュースし、自 […]