台湾

非力で艶やかなレスリーが彷徨う…『ブエノスアイレス』

『ブエノスアイレス』という映画を語るには、王家衛監督について語りたいし、レスリー・チャンについて語りたいし、トニー・レオンについて語りたくなる。 この作品は、今から20年以上も前の1997年、まだ社会的マイノリティの度合いが強かった時代のゲイ映画。しかも香港からみて地球の裏側が舞台であり、アウェイ感ハンパない。アジア人いない、言葉が通じない。しかし仕事といえば、中国系の観光客相手、そして中華料理店 […]

台湾時間を吉祥寺で「月和茶」

久しぶりに吉祥寺に遊びに行きました。以前来たのは3年くらい前だし、その時はまだ伊勢丹もあったし… と、訪問が街の変化に追いつかない状態です。 でも新宿や銀座のように、休日出かけて喫茶店が満席、待つのは当たり前、という感じまで行かないのが、吉祥寺らしくもあり。このくらいの活気が丁度いいな~と思います。 今回は、ふらりと見つけた台湾のティーハウス「月和茶」(ゆえふうちゃ)。昔勉強した中国語の知識では、 […]

パリコレ学2 #15 レスリーさん撮影で平田さんと岡本さんの存在感光る

レスリーさんの「彼女の持っている存在感で1位を決めました」と言うコメントを、アンミカ先生が「期待が大当たりでございます」と受けます。いったい誰が選ばれたのでしょうか? 今回、男性モデルとのコラボは初めてで、モードメークということも手伝ってか、学院生は正解が分からず苦しんだそうです。 前回の3人に続いて、早速残りの6人の撮影を見ていきましょう。 門田玲さん(16歳/173cm) 門田さんは1期生のた […]

パリコレ学2 #14 レスリー・キー氏がモデルを次々とイメージチェンジ

第1期に続き、今回の講師はファッション・広告界で活躍する写真家、レスリー・キーさんです。予告では「噛んで!」「食べて!」と指示が飛ぶ撮影現場、どうなるでしょうか? 【2019/9/7追記 男性モデル情報追加】 ハイブランドの衣装、プロのメイクを施された状態で開始、アンミカ先生は黒のロングスリーブシャツに、サテン地で前スリットの入ったグレーのロングスカートです。赤いバラを拾って会場に入ります。 アン […]

星付きでも気軽に楽しめる飲茶 ティム・ホー・ワン

小籠包のディンタイホン(鼎泰豊)とイメージが近しく、台湾の企業かと思っていたら香港のお店でした、ティム・ホー・ワン(添好運)。 2009年と、比較的新しく看板を掲げた店ですが、『全世界最便宜的米芝蓮餐廳』 (世界一安いミシュラン星付きレストラン)と一気に有名に。便宜は安い、 米芝蓮はミシュラン mǐ zhī lián 、 餐廳は食堂を指します。 2018年4月、日本の1号店が日比谷にできてから1年 […]

テクノロジーは、楽しさと並走させたい

デジタル・デバイドという言葉はもう古い、もしくはデジタル化しすぎて細分化しているのかもしれないけれど、デジタルの「食わず嫌い」がいる世の中で今日伝えたいこと。 それは「楽しさ」について。 トークン&ICカード 話は少し遠回りして、私の父。家族で2回台湾に遊びに行っているのですが、父が一度目に台湾のファンになった理由が、地下鉄のトークンです。 海外では一人で公共交通機関を使うような冒険もしないはずの […]