星付きでも気軽に楽しめる飲茶 ティム・ホー・ワン

星付きでも気軽に楽しめる飲茶 ティム・ホー・ワン

小籠包のディンタイホン(鼎泰豊)とイメージが近しく、台湾の企業かと思っていたら香港のお店でした、ティム・ホー・ワン(添好運)。

2009年と、比較的新しく看板を掲げた店ですが、『全世界最便宜的米芝蓮餐廳』 (世界一安いミシュラン星付きレストラン)と一気に有名に。便宜は安い、 米芝蓮はミシュラン mǐ zhī lián 、 餐廳は食堂を指します。

2018年4月、日本の1号店が日比谷にできてから1年以上たちますが、さすがに長い時間待つのは避けたいと思い、平日の14時過ぎに挑戦しました(訪問したのは6月)。この日は運よく雨だったので、待つ人も少なかった模様。15分待って入店できました。

全員が揃わないと入店できないので、代表者だけ並ぶのはNGです。

外で待っている間にメニューを見ることができます。このメニューはテーブルに着いてもテーブルマットとしてある感じ。確かに安い!あと、3個入りが多いので、無駄なく食べるなら3人で行くのがよいかも。

最初の注文は、指定の紙に書き入れます。ここに記したものは一気に来るので、少なめでもいいかもしれません。追加の注文は、店員さんに頼めばOKです。

窓際の席に通されました。若干のファミレス感あり。

飲茶と言えばお茶。お酒を飲まない私にとってはある意味安心の場所です。もちろんビールも置いていますが、一般の居酒屋のように多種多様揃えているわけではありません。

この店の名物は、甘辛の焼き豚が入ったメロンパンだそうです。ベイクドチャーシューパオという名前。

外はカリッと。割るとこんな感じです。

そうですね、味が濃いので私はそれほど楽しめなかったのですが、甘い味付けの中華系テーストであることは分かります。言ったらみたらし団子もこんな感じですしね。

他のラインアップは、外れなく美味しかったです。

お腹に余裕があれば、ちまきもおいしいです。蓮の葉は熱いうちの方がきれいに取れるのだそう。後ではもち米がくっついて大変みたいです。

中は具沢山ですよ。

サービス料が10%かかるのですが、ノンアルで一人2,500円以内でした。許容範囲ですね。以下はまとめです。

  • 平日、ランチやディナーを除いた時間帯、雨の日がねらい目
  • 3人もしくは5-6人で行くと効率よし。大人数ならいろんな品を楽しめる
  • ベイクドチャーシューパオ、一度はお試しを。持ち帰りより、サクサクを現地で

店内はこんな感じです。やっぱりファミレス。5月にオープンした2号店、新宿サザンテラス店もどうぞ。