やりたいことはまずやってみる

天職に出合えている人、天職を求め続ける人、様々だと思う。

食うための仕事と割りきっている人もいれば、職業と「好き」が一致していないと満たされない人もいる。

昔は「女性社員がキャバクラで働かないように」副業禁止を設けている、なんて半分本気のような冗談もあったが、もうダブルワーク、副業が認められる社会。仕事であれ趣味であれ、自分の限られた時間を何に使うかは、人生の大きなテーマだと思う。

自分の提供するものやことが社会的に生かせたら、それがその人の生きる理由。認められることは、その方向でよいというサインかもしれない。

前置きが長くなったが、私自身は書くことが好きだと、ずっと自覚はしていた。いや、実は考えるのが好きで、表現する手段として書いている。

一方で、最近テクノロジーの進化で今後必要なくなる職業も意識していて、あと20年くらい使えるスキルを学ぼうかと思い立ち、エンジニア養成スクールへ見学に行ったりもした。

が、「恐怖心」から出た動機は長続きしないのだ。

今は、少なくとも3年間書くことを決めた。仕事を終えくたくたで帰宅し、寝るまでの時間が1-2時間しかなくても、書こうと思う意欲がある。しかし、「この状態でプログラミングのオンライン講座、1時間頑張れる?」と自分に問うと、ノーだ。

かつていろいろな発信をするために、情報ポータル上で無料サイトを作成、運営していたことはあった。その時代はプロにお願いしていた。今、そのハードルが下がり、更新まで自分でできることは、私にとって2度目のチャンス。

好きなことが分からなくなったら、まず好きと思うことを始め、続けてみるのがいい。

P.S. 私が見学に伺ったエンジニア養成スクールは「TECH:CAMP」。頻繁に説明会が開催されていて、さまざまな相談に乗ってくれます。

アメフト国歌斉唱に不起立 賛成?反対?

uanm86ui_400x400
Colin Kaepernick (@Kaepernick7) | Twitter

スポーツ観戦はあまりしないのだが、ちょうど一か月前、ツイッターでアメリカの友人が「kneeling during national anthem NFL」について上げていた。ウィキペディアにも記述があるくらいの米国での社会現象で、2016年、コリン・キャパニックというアメフト選手が人種差別に反対して国歌斉唱時に起立せず、立膝をついたのをきっかけに、2017年反トランプ運動とともにこのポーズがじわじわ広まってきたことを知る。「選手の自由を尊重」「国家に失礼(disrespectful)」と、意見が二分した。

奇しくも2018年9月、シューズブランドのナイキがこのコリン・キャパニックを広告に起用したというニュースも目にした。メディアはナイキが反トランプと書き立てているが、若者にとってコリン・キャパニックがカッコイイことには変わりないだろう。

私自身は「選手の自由を尊重」を取るが、なぜ起立しないのか?歌わないのか?という理由も聞いてみたいと思う。

これと似た議論を8月にしたのを思い出した。友人たちが主催した「障害福祉青年フォーラム」で共生をテーマに話をした時だ。こういうところに集まるのは、基本的に共生社会やインクルージョンを推進しようとしている人たちだが、共生が押しつけではないこと、つまり共生したくない人が一定数いる中で、どちらか一方に決める必要はないということにも気づいておられるようだった。

世の中、たくさんの人がいる。誰と一緒にいるかを決める権利は、それぞれ持っている。その権利が守られる範囲において、それぞれが平和に暮らせたら、それが共生なのだと感じる。

もちろん、対話の場も必要だ。共生YES/NOだけでない、その人丸ごとの面白さを見ることができたら、ちがう展開があるはず。

 

ふるさと納税でもエコに 「へむへむ」

ふるさと納税、浸透はしたけれど過剰な返礼品が問題にもなりました。

もちろん節税メリットがあれば嬉しいし、同じ税金なら少しでも役立つところに、と思いますよね。

pd_8aff9933f8a60dfc322104dab3687031490fe9b4
「ふるさとチョイス」 三重県尾鷲市サイト

ひのきを手編みしてできたたわし、へむへむ。エコに詳しいお友だちが教えてくれました。洗剤がいらず、油モノもきゅっきゅっとキレイになります。スポンジはどうしてもカビの問題があるのですが、ひのきは水に濡れたままでも、臭くなったりぬめりが出てきたりしません。形は崩れてしまいますが、最後は土に還せばいいという、とてつもない安心感。

三重県尾鷲市で作っていると聞き、尾鷲市の返礼品に選ばれていました。そこで、尾鷲市の環境プロジェクトに寄付させていただき、代わりにへむへむを数個いただくことにしました。

1個600円なので、3か月もてば万歳ですが、いつも1か月経たないうちにほどけてきてしまいます。もう少し耐久性があると嬉しい。

プロデューサーに注目するようになった理由

東京フィルメックスという、ずいぶん長い間お世話になっている国際映画祭がある。期間中に、「タレンツ・トーキョー」と言って、若手育成のプログラムも並走している。

12234844_10153556537145865_6791090861749111094_n
FILMeX 2015オープニングでは園̪子温監督の『ひそひそ星』が上映された

「タレンツ・トーキョー」はワークショップ形式で、現役の監督・プロデューサーと一緒に数日間を過ごし、レクチャーを受けたり、映画を観たり、自分の企画を相談することができる。プログラムに関わる中で、あるプロデューサーの話を聞けたことが、私にとってとても参考になった。例えばこんなことだ。

「どの映画祭に出すかを決めてから、逆算して映画を作る」

三大映画祭であるカンヌ、ベネチア、ベルリンの他に、サンダンス、トロント、釜山など世界各地で映画祭が行われる。新人ならどの映画祭のどの部門に勝機があるか、いつから募集されるのか、その研究なくして、これらの競争を勝ち抜くことはできない。

「映画祭ディレクターの好みを知る」

映画祭ディレクターは、いわば映画の目利き、作品の鑑定人だ。映画祭のテイストは大事だが、映画を選ぶ個人のテイストも知っておく必要がある。この人がイエスと言わなければ、作品も日の目を見ることがない。

「直接会いなさい」

著名な監督であっても、無条件で作品がかかるほど甘い世界ではない。アポを取って、試写をし、一緒に食事をする。なんだか接待のようにも聞こえるが、作品の価値とこちらの熱意を伝える場だ。情報収集としても役立つはずだ。

これらのことを、監督だけでは成し遂げられず、むしろ監督は作品作りに専念したい。自分のために敏腕プロデューサーを見つけたいところだ。プロデューサーは「お金を取ってきて管理する人」というイメージがあるが、監督という一つの才能をどのようにプロデュースしたらよりインパクトがあるか、という視点で、ビジネスセンスとコミュニケーション力が必要とされる、欠かせない存在だ。

映画を観る時には、そのまま監督の世界に入り込むが、その作品が公開されるには、プロデューサーの力が大きい、そう感じている。

旅行のお役立ちサイトとアプリ

個人旅行の場合、旅の行き先を決めた後、具体的にどこに行くかを調べますよね。

adult adventure beautiful climb
Photo by Nina Uhlíková on Pexels.com

デジタルネイティブの皆さんは、TwitterやInstagramでハッシュタグを使い検索しているようです。私はいつもガイドブックを買わずに、ウェブで調べていますが、特に海外旅行でこれまで活用度の高かったウェブサイトとアプリを、紹介します。

TripAdvisor

TripAdvisor、海外旅行では日本よりも早く、観光スポットや飲食店の前でステッカーを見てきた気がします。日本語サイトでもおおむね海外情報にアクセスできます。ホテルはいろいろなサイトで取れますが、特に「観光」と「レストラン」が使える!ユーザーの満足度を☆の数で確認できるので、レストランなら日本の「食べログ」と同じコンセプト。

バンクーバーでの滞在最終日午前にスタンリー・パークのサイクリングを入れたり、台北の養心茶楼でシックなベジタリアン飲茶を満喫など、とても役立ちました。

運転するならMAPS.ME

海外でレンタカーするなら、MAPS.ME(Apple / Google)がおススメです。なぜなら、Wi-Fiなしの環境でも使えるから。これは大きいです。GPS機能はついているので、現在地が分かり、「次の交差点を左折」などのナビもしてくれます。

使いたいエリアの地図をダウンロードしていく必要があるので、Wi-Fiありの環境で準備しておくことをお忘れなく。

公共交通機関ならGoogle Map

Google Mapは日常的にも使っている方が多く、待ち合わせに遅れた際、Google Mapと「にらめっこしてた」「泣かされた」という話も聞きますよね。

海外でバスや電車を使う場合、かなり正確に路線や時刻を表示してくれるので、助かります。

特に海外のバス利用は、安くて助かる代わりに、到着地までのいくつバス停を通過するか、どこで「降車」リクエストを出すか、など冷や汗もの。Google Mapで調べておけば安心です。

私は少しアナログな方法で、検索画面のスクリーンショットを撮っておき、Wi-Fiのない環境でも手掛かりを残せるようにしています。

Happy travels!

国を越えた芸術家、藤田嗣治

東京都美術館の「藤田嗣治展」に行ってきました。

dav

嗣治(つぐはる)って読めず、上野駅のチケットセンターで「藤田展… ふじたナントカじ展、1枚」と伝えたら、「藤田つぐはる展、1枚ですね」と教えてくれたお姉さんありがとう。藤田氏ご自身も、フランスでは「つぐはる」が難しいため、「つぐじ」というニックネームをお使いだったそうで… 救われた。

画家や作品についてすでに多くの研究がされているはずなので、ここではアイデンティティについて。

多くの人の中で、「私は〇〇人です」という国籍のアイデンティティは大きいと思う。藤田氏の場合は、1910年代に渡仏、中南米を旅行しており、戦中は日本にいて、戦後アメリカに渡り、フランス国籍に変え、晩年は地方での隠居生活、スイスの病院で生涯を終えている。今でこそ海外へ行くことは簡単になったが、画家だから旅ができたと言っていいだろう。

若き頃の藤田氏のトレードマークはおかっぱ頭に丸眼鏡、ちょび髭。西洋の中での東洋のルックスをかなり意識している。欧米や白人への憧れがあるのかと思いきや、中南米では褐色や黒い肌の人たち、日本でも日焼けした沖縄の人々を、たくさん描いている。日記は日本語で残している。

晩年カトリックの洗礼を受けた後は、黒人のマリア様のお顔を全員黒人の天使が囲んでいる絵や、マリア様の横にアジアの風貌をした自身と妻を描きこんでいる絵も見られる。宗教色のある作品は、フランスではそれでも「東洋人の描くキリスト教」と受け止められたようだが、国籍は関係なく、とても自由に作品制作に取り組んでいた様子が想像できる。

黒田氏は国に特徴づけたり収められたりできるような作風もなく、むしろ時期によってここまで色使いがちがうかというまでの作品の変遷が見られている。黒田氏を黒田氏たらしめたものが国籍ではないのは明らかで、彼を形容するには「芸術家」という言葉が一番しっくり来る。フランス政府、のちに日本政府からも受勲しているが、明らかに国の枠組みを超えた、世界のフジタ、と思える。開催は2018年10月8日(月・祝)まで。