人は日常的に何人を記憶できるのか

人は日常的に何人を記憶できるのか

奥田民生さんの『人間』という歌は、こんなフレーズで始まります。

人間は 死ぬまでに どれだけ

自分の事 他人の事

おぼえていれるでしょう

友達の名前 好きな人の顔

2、3個忘れて 困る

奥田民生 『人間』

ワタクシ、人材育成プログラムに関わっていた時期は、年間100人、200人と会う状態でした。幸いにも、スタッフは友だちの延長として接してもらい、Facebookのアカウントを2007年に取ってから友だち申請も送りあうように。

Photo by rawpixel.com from Pexels

ある日、Facebookの友だちが1,000人を超えました。今はFacebookアカウントを作らない人もいますが、友だち1,000人は多い部類に入ると思います。

一方で、毎日のように「今日お誕生日の人」のお知らせが入ってきます。”Every day is somebody’s birthday”(毎日が誰かの誕生日)だからです。

だんだん関係性が薄れていく人もいました。友だちになっている人は全員、直接会った人たちですが、名前を見てもどこで会ったか思い出せない人も出てきました。

昔は、旅先で出会った人、研修で出会った人と関係を深める手段が特になかったですし、ビジネスでは名刺交換だけで終わる関係がたくさんありました。

これがSNSに代わり、私の友だちが1,000人いるような状態になったということですね。

しかし、本来は何人ぐらいを記憶していられるものでしょうか。そして日常的には、何人くらいと交流をしているでしょうか。もちろんビジネスでは無数の人に会う場合がありますが、利害関係のない友人として付き合う人を思い浮かべてみます。

幼なじみ、近所の人、幼稚園・保育園、小学校、中学校、高校。大学、サークル、恩師、バイト先や会社で仲よしの人、友だちの友だち、趣味友、配偶者や子どもを通じた友だち…。

Photo by Stanley Morales from Pexels

私の感覚的な試算では、ざっくり日常的に150人、日常的に会わない人がさらに150人くらいではないかと思っています。

孤立した小さな村に住んだ場合、そして記憶の容量を考えても、このくらいかな、というように、思い浮かべています。

ビジネス利用と混同するせいか、数千人、数万人のフォロワーがいる方を見ると、友だちも多い方がよいという気に一瞬なります。もちろん、広く浅くの場合もありますが、広すぎると友だちとしての付き合いができなくなるのでは、というのが今回のワタクシの疑問です。

一期一会袖振り合うも他生の縁という美しい表現もあるので、出会った偶然には感謝。そこから関係性を発展させていけるかどうかが、友だちになるプロセスのような気がしています。

Photo by Zun Zun from Pexels