トリアーのノルウェー映画『テルマ』

大好きなラース・フォン・トリアー監督は、私の信頼する監督のベスト10、いやベスト5に入るかもしれない。クレイジーな作品を作る。

今回、トリアーという所だけを信じて観に行った、彼の甥っ子さん(同世代!)のヨアキム・トリアー監督。デンマーク生まれ、ノルウェーが生活の拠点らしい。2017年の『テルマ』だ。

これから見られる方のために、もちろん結末は言えないが、私がいいなと思った点をお伝えしたい。

◆画面が暗くていい!

ここは北欧だった、と意識させられるほどに、外も暗ければ、家の中も暗い。空がどんよりしていて、鳥の群れが不愉快に舞う。日本のコンビニレベルの明るさに慣れた目からは、居間もベッドルームも何これ!という暗さ。うっそうとした空気感が、おどろおどろしい作品の雰囲気に貢献している。

◆女の子がいい!

主人公のテルマは子役から活躍する女優さんとのことだが、美女というよりはわりとどこにでもいる普通の女の子感があり、好感が持てる。テルマが大学で知り合うアンニャは目鼻立ちがはっきりしていて、妖艶。誰かに似てると思って記憶を辿ったら、『ヘンリー&ジューン』(1990)だった。大きな目のマリア・デ・メデイロスと、人間離れしたユマ・サーマンを足して二で割った感じが、今回のカヤ・ウィルキンスだろうか。

◆争いがないのがいい!

この映画はホラーかと思ったら、オカルトかな?人と人が争ったり、傷つけ合ったりするようなものではない。極めて平和な日常の中に、何かを見つけたり、鳥が鳴いたり、目が合ったりした時の、静かな恐ろしさ。「苦しい」「熱い」「悲しい」など様々な感情を見ている者と共有し、画面の空気感で恐怖に包みこむ、上級で上質な作品。

 

外国のお友だちに手土産 厳選スナック・お菓子3点

インバウンド人気で、日本で外国人観光客がよく買っていくものは耳にします。菓子では例えばキットカットはフレーバーが多くて大人気。その他にも、抹茶フレーバーの菓子などが人気で、ドン・キホーテなどにはそれら商品が溢れていますね。

しかし来日したことがない人、日本にあまり関心がない人への手土産を選ぶ観点からは、少し状況も異なります。あんこやせんべいなど好みが分かれるものは避けたいし、チョコなど温度管理が大変なものもあるのが現実。意外にも喜んでいただけるスナック・お菓子を3つご紹介。

第1位 ヨックモック シガール

https://www.yokumoku.jp/

もう写真で答え出てますね。本当に一押しです。小さい頃、タバコを吸う真似をした人、「ハーイ」(全員)。繊細で、小麦粉製品なのに粉っぽさがなく、フワッとバターの香りに包まれる幸せ。中華圏にもエッグロール(蛋巻)はありますが、シガールは家庭菓子のハイエンドで、高級感があります。

割れやすいのが難点ですが、ちゃんと缶に入っているから大丈夫。少量のラインアップはエコな紙箱なのもいいです。空港のパスポートコントロールを通過して免税店で買える場合には、消費税分もお得ですよ。

第2位 歌舞伎揚

なぜかバーレーンの人に大人気な歌舞伎揚。「かぶきあーげ」と呼ばれています。バーレーン人の舌に合うのなら、中東で人気と言ってよいでしょう。現地のスーパーでもお金を出せば売っているそうですが、手ごろな価格で食したいですよね。あのほんのりした甘さと、揚げ菓子特有の雑多感がたまらない。

一つポイントは、みりんも含めてお酒が使われていないこと。イスラム教徒の方々はお酒を口にできないので、原材料がOKなのはポイント高いです。似たようなお菓子はたくさんありますが、天乃屋さんのがいいと思います。

原材料表示
うるち米(米国産、国産)、植物油、砂糖、しょうゆ(大豆・小麦を含む)、果糖ぶどう糖液糖、調味エキス(大豆を含む)、食塩、加工でん粉(小麦由来)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素

第3位 柿の種

なぜかノルウェーのお友だちが、柿の種好きだったので、北欧へのお土産なら大丈夫ではないかと。勝手な想像としては、魚を食べる国なので、鰹節ベースの味付けに抵抗ない可能性があります。魚より肉文化の国の方々だと、反応を示されることがあるので。

甘いものが苦手な人も、柿の種なら食べられるし、ビールにも合うようです。私のおススメは王道の亀田です。

 


送料無料《ヨックモック》YCG-F シガール(48本入り) 洋菓子 ギフト ハロウィン 缶入り 個包装 詰め合わせ チョコクッキー 内祝い お礼 お祝い お返し 手土産 スイーツ ご挨拶 贈り物 引越し 粗品 焼き菓子 快気祝 お菓子 百貨店 のし 人気