良質なお寿司をそこそこの金額で!金沢まいもん寿司(上野)

良質なお寿司をそこそこの金額で!金沢まいもん寿司(上野)

こんにちは、星読み☆映画ライターのJunkoです!

旅になかなか行けない今、食べ物だけでも… という方も多いと思います。金沢に行けた2019年年末を思い出しつつ、上野のパルコに出かけました。

そう、もりもり寿司のライバル店と言える「金沢まいもん寿司」が、東京・上野にあります。大手町や渋谷にもあるようです。

土日は行列ができていて、見送ったこともありました。

最初にひとつ強調したいのですが、パルコって若者向けじゃないですか。パルコ6階のレストラン街、どのお店も高いんです!フロアをぐるぐる回ってメニューを見ている人を何人も見ましたが、1,000円はおろか、1,500円では食べられない感じ。それってつらい! パルコじゃなくて、松坂屋にあった方が、客層に合っていると思います。

私はまいもん寿司が食べたいという明確な目的があったので、迷わずゴーでした。平日の遅い昼に、待たずに入ることができました。

来店しているのは、サラリーマン風の人もいれば、自営業風の男女もいれば、いろいろです。アクリル板越しに撮った店内はこんな感じ。

そして自席。すべて消毒済みとのことで、安心です。

ちなみに目の前にはネタの保冷ケースがありました。きっと金沢から運んでいるんですね。

回転寿司ではなく、タッチパネルでオーダーして握ってもらいます。もりもり寿しでもそうでした。

最初にオーダーを入れたのが、みそ汁!(275円)

お椀が大きいのが分かるでしょうか? 磯の香りが充満します。クーラーの効いた店内に、熱い汁物が心地よいです。

この後、ほたて(440円)えんがわ(330円)はまちぶり(440円)と食べました。シャリのサイズは普通か小さめかが選べます。食べ盛りの高校生だったら、シャリ「大きめ」がほしいところですな。

どれもとても美味しい。口の中に福が広がります。ここまでで6貫、もう少しいけそう。

最後に、なんとなくコスパよさそう、と思ってあぶり三昧(495円)を頼みました。ボタンエビ、はまち、サーモンだったかな?

結論:あぶってない方がよかったです。

さて、店内を見渡すと、赤を基調とした豪華さが漂います。加賀百万石と言われた裕福な土地柄ですから、少し派手と思われるような金の色使いなども、特徴的。

先ほどのタッチパネルは多言語に対応していましたが、お皿には英語の文字も。

オリジナル:人生は 夢と現実 かくれんぼ
英訳:Life is like a game of “hide and seek” between dreams and [the] reality.

なるほどですね。この格言はお皿によってもちがったので、1枚1枚楽しめそうです。

お寿司9貫と大きめのみそ汁で、税込1,980円でした。実はサイドメニュー(天ぷらとか)も充実していたので、2人以上でお酒もあれば、どんどん頼んでしまうでしょう。北陸の白エビやかになども、美味しそうでした。

いわゆるランチのにぎり、はなかったので、食べたいものを食べる、という贅沢を楽しんで下さい。お皿は200円台のものもあったと思いますが、100円の回る寿司とはクオリティがちがうことはよく理解して。予算的に、ランチでもお一人2,000〜3,000円出すつもりでいたら、気持ちよくいただけます。タイトルの「そこそこ」は、安い寿司ではないが、決して高くない、という意味を込めてみました。

それにしても、魚に惚れました。金沢の寿司が、大好きだ!

金沢まいもん寿司上野
上野パルコヤ6階

https://www.maimon-susi.com/shop/ueno/