ウブロとカルティエ 腕時計ブランドに時代を見る

ウブロとカルティエ 腕時計ブランドに時代を見る

時計と言えば、トム・クルーズに憧れて大学生の時身に着けていた、TIMEXの腕時計(遠い目)。「インディグロナイトライト」と言って、光る文字盤が好きでした。ちなみに、時計は数字でなく針で表示するアナログ派です。

こんにちは、Junkoです!

スマホが普及した今も、高級腕時計が「たしなみ」であることに、変わりはないようです。以前目にした記事でも、イタリアと日本ではその傾向が強いと読みました。職人魂とか、一点ものとか、古いものを大切にするとか、なんとなく共通点を感じます。

なぜ今日このテーマにしようかと思ったかと言うと、ある時計の広告塔として出たイケメンが発端でした。

https://www.hublot.com/en-us/partnerships/football

ウブロ(Hublot)というスイス時計のブランドアンバサダーとして、サッカーフランス代表のキリアン・エムバペ(Kylian Mbappé)選手が起用されたこと、2018年11月のことです。サッカーのことは1%くらいしか分からないので恐縮ですが、この端正かつ菩薩にも似た癒しのお顔に、引き込まれてしまったのです。

もう一人のアンバサダーは、ブラジルの伝説、ペレ(Pelé)氏ですね。1%の私でも、ペレは分かります。

440https://www.hublot.com/en-us/partnerships/football

高級腕時計、価格帯を見たところ25,000ドル~な感じでした。300万円弱でしょうか。このブランドのサッカーを応援する姿勢や、一流アスリートへのサポートを、支持します。

もう一つ、最近時計の広告で気になったのが、2020年9月に発表された、カルティエの「パシャ」です。下にある1985年のモデルから、今回リニューアルしました。文字のフォントは同じで、丸いフレームがツルッとした感じに変わりましたね。

https://www.hodinkee.com/articles/pasha-de-cartier-in-41mm-and-35mm-introducing

広告では、あの『ボヘミアン・ラプソディ』で主人公を演じたラミ・マレック氏が目に留まり、同時に明らかにダイバーシティを意識した5人の登場人物に目が行きました。

(C) Cartier

マレック氏の次に気になったのが右端のアジア人です。香港出身で韓国GOT7の歌手、ジャクソン(Jackson Wang)氏。

床に座っているのが、オーストラリアの歌手でYouTuberトロイ・シヴァン(Troye Sivan)氏。ゲイとしてカミングアウトしており、LGBTQのファンも多いです。細身の体から出てくる低くて素敵な声の持ち主。自身のことは100%隠さず話す代わりに、ボーイフレンドのことだけは自分に留めるポリシーで、秘密なんだそうです。

後方中央で足を投げ出しているのが、メイジー・ウィリアムズ氏。ちょっと上白石萌音さんに似ているような。「ゲーム・オブ・スローンズ」で知られています。

ブラックのすらっとした女性は、歌手のウィロー・スミス(Willow Smith)氏で、ウィル・スミス氏の娘さん。父の日に投稿されたこの写真、めっちゃ可愛いですね。

https://www.instagram.com/p/CBtUlFknSE0/

新しい世代に向けたユニセックスのラインアップ、素晴らしいです。価格は30万円台からで、100万円以内で5つほど選択肢があるので、手に届く高級腕時計と言った感じでしょうか。

https://www.instagram.com/p/CEuNuhTHidX/

この5人を選ぶのは本当に大変だったと思いますが、2020年らしいセレクトだったと感服しています。そしてCMの字幕(スーパー)からも伝わってきますが、力を合わせることの大切さ、自分の力をみんなのために使うこと、好きなことに打ち込める自負など、ミレニアムな価値観で溢れています。個が立ちながら、個が凌駕するのではなく、5人いることが不可避の「パシャ」。

ウブロもカルティエも、今後を見守っていきたいと考えています。

腕時計ブランドが作る世界観が好きだ!