銀座

一周回って新しい えがわの水羊かん(福井)

土日の都心は、「お金を使いたい」人々であふれていました! こんにちは、Junkoです! 東京には道府県のアンテナショップが溢れていますね。コロナで旅行に行けない分、アンテナショップホッピングで、いろんなところに行く気分を味わってみました。 行先は有楽町。「茨城」「高知」を通過して、「沖縄」でランチして、「大阪」で豚まんのお土産買って、「北海道」は混みすぎて入れず…。 これまで知らなかっ […]

2斤は多かった!セントル ザ・ベーカリーのずっしり食パン(銀座)

トースト、選べるなら全面パンの耳がよい。 こんにちは、Junkoです! 東京駅に近い側の銀座(1丁目)に、行列ができるパン屋さんを教えてもらってからしばらく経ち、行列ができていないタイミングを狙っていました。「セントル ザ・ベーカリー」です。 え、もしかして行列? 焦ったら、なんと喫煙エリアに空きを待つ行列でした。その行列を抜けたところに、お店の看板が。 半分は喫茶で、フルーツサンドなど断面が美し […]

まさかの3日間ノックアウト! ドライヘッドスパ「悟空のきもち」

冷凍した牛肉と豚肉って見分けがつきにくくないですか? 豚汁と芋煮の間のような料理を作ってしまいました! こんにちは、Junkoです! 「悟空のきもち」を知ったのは、EXILEマツさんの番組で見たことがきっかけだったと記憶しています。2016年、もう4年も前です。 「絶頂睡眠」と呼ばれるほどに心地よく寝入ってしまうことや、「予約が取れない」ことで有名な悟空のきもち、私もなかなかその好機に恵まれません […]

星付きでも気軽に楽しめる飲茶 ティム・ホー・ワン

小籠包のディンタイホン(鼎泰豊)とイメージが近しく、台湾の企業かと思っていたら香港のお店でした、ティム・ホー・ワン(添好運)。 2009年と、比較的新しく看板を掲げた店ですが、『全世界最便宜的米芝蓮餐廳』 (世界一安いミシュラン星付きレストラン)と一気に有名に。便宜は安い、 米芝蓮はミシュラン mǐ zhī lián 、 餐廳は食堂を指します。 2018年4月、日本の1号店が日比谷にできてから1年 […]

俺のレーズンパンを食する幸せ

世の中には、レーズンが好きな人と、レーズンが嫌いな人がいます。 これは、他の食材よりも顕著に好き嫌いが出ます。たぶん干してあるからですね。ブドウが好きでも干しブドウ嫌いはいると思います。 私とレーズン 私はレーズン嫌いからレーズンまあまあ好きに転じました。 小さい頃はあのグチュッとした触感と中途半端な甘さが嫌い。好きになったのは料理に合わせるようになってからです。直接食べるより自然な甘さを活かすこ […]

本と写真が好きな方、ライカのレスリー・キー写真展へどうぞ

「ライカ」(Leica)がカメラのブランドであることは言うまでもないですが、ある犬の名前でもあります。ソ連が打ち上げたスプートニクに乗せられた、ライカ犬(Laika)。私の中で殿堂入りしている映画『マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ』(1985)の冒頭に主人公の「宇宙を飛んで餓死したライカ犬より、僕の人生はましだ」という内容の、詩的な独白があります。 今日はカメラの方の「ライカ」の話。写真家のレスリー […]

醤油百選味比べ!

海外から日本の空港に降り立つと、どこか醤油くさいという都市伝説があるくらい、日本人と醤油とは奥深いつながりがあります。そんな醤油について、料理研究家と、そして醤油専門店と、接点がありました。 行正り香さんと、薄口醤油 私が料理用の醤油を1種類から2種類に増やしたのは2000年頃、行正り香さんのレシピ本との出合いでした。行正さんは、料理研究家というよりもスタイリストという感じ。 当時まだ広告代理店に […]