東京フィルメックス

偶然が現場でも起きているほっこりさ、『偶然と想像』

トップ画像:https://twitter.com/FilmWFF/header_photo こんにちは、星読み☆映画ライターのJunkoです!11月、12月はエネルギーチャージのため、週2回(月・木)の更新とさせて下さい。 濱口竜介監督の『偶然と想像』(2021)を、東京フィルメックスのオープニング作品として見ることができました。12月17日、Bunkamuraル・シネマでの公開が控えているよう […]

芸術家×職人の装幀者、菊地信義さんを追う『つつんで、ひらいて』

広瀬奈々子監督の新作『つつんで、ひらいて』を、東京フィルメックス2019で見ることができました。一般公開は、12月14日から(イメージフォーラム)です。 本の装幀を手がける菊地信義さんの日常を追う、ドキュメンタリーです。あの俵万智さんの『サラダ記念日』も、菊地さんご担当とのこと。戦前生まれで巨匠級の菊地さんを、 ギリ昭和生まれの新鋭監督が撮ったことが、興味深かったです。関係性は思ったよりも画に出て […]

プロデューサーに注目するようになった理由

東京フィルメックスという、ずいぶん長い間お世話になっている国際映画祭がある。期間中に、「タレンツ・トーキョー」と言って、若手育成のプログラムも並走している。 「タレンツ・トーキョー」はワークショップ形式で、現役の監督・プロデューサーと一緒に数日間を過ごし、レクチャーを受けたり、映画を観たり、自分の企画を相談することができる。プログラムに関わる中で、あるプロデューサーの話を聞けたことが、私にとってと […]