旅行のお役立ちサイトとアプリ

個人旅行の場合、旅の行き先を決めた後、具体的にどこに行くかを調べますよね。

adult adventure beautiful climb
Photo by Nina Uhlíková on Pexels.com

デジタルネイティブの皆さんは、TwitterやInstagramでハッシュタグを使い検索しているようです。私はいつもガイドブックを買わずに、ウェブで調べていますが、特に海外旅行でこれまで活用度の高かったウェブサイトとアプリを、紹介します。

TripAdvisor

TripAdvisor、海外旅行では日本よりも早く、観光スポットや飲食店の前でステッカーを見てきた気がします。日本語サイトでもおおむね海外情報にアクセスできます。ホテルはいろいろなサイトで取れますが、特に「観光」と「レストラン」が使える!ユーザーの満足度を☆の数で確認できるので、レストランなら日本の「食べログ」と同じコンセプト。

バンクーバーでの滞在最終日午前にスタンリー・パークのサイクリングを入れたり、台北の養心茶楼でシックなベジタリアン飲茶を満喫など、とても役立ちました。

運転するならMAPS.ME

海外でレンタカーするなら、MAPS.ME(Apple / Google)がおススメです。なぜなら、Wi-Fiなしの環境でも使えるから。これは大きいです。GPS機能はついているので、現在地が分かり、「次の交差点を左折」などのナビもしてくれます。

使いたいエリアの地図をダウンロードしていく必要があるので、Wi-Fiありの環境で準備しておくことをお忘れなく。

公共交通機関ならGoogle Map

Google Mapは日常的にも使っている方が多く、待ち合わせに遅れた際、Google Mapと「にらめっこしてた」「泣かされた」という話も聞きますよね。

海外でバスや電車を使う場合、かなり正確に路線や時刻を表示してくれるので、助かります。

特に海外のバス利用は、安くて助かる代わりに、到着地までのいくつバス停を通過するか、どこで「降車」リクエストを出すか、など冷や汗もの。Google Mapで調べておけば安心です。

私は少しアナログな方法で、検索画面のスクリーンショットを撮っておき、Wi-Fiのない環境でも手掛かりを残せるようにしています。

Happy travels!

五島行きを決めた方へ

今年の夏、初の五島列島へ行ってきました!

ネットでいろいろ調べて計画を立てた個人旅行でしたが、こうだったらいいな!と思ったことを書き残しておきます。

dav

上五島と下五島

長崎県は島が多いことでも知られていますね(971もあるとか)。五島も140ほどあるようですが、ざっくり北側の「上五島」と南側の「下五島」に分かれることを覚えておいてください。下五島にある福江島(ふくえじま)が最大で、福江空港もあります。目的の島がある方以外は、初の五島はほぼ福江に行く、もしくは福江を含むことになると思います。ただし「福江島に世界遺産はありません」と、福江の方に言われます。

五島は長崎市以外からも行ける!

私は羽田―長崎の飛行機を押さえてからフェリーで五島に向かいましたが、調べるうちに福岡や佐世保からもフェリーが出ていました。飛行機は福岡から福江(下五島)にも出ているみたいです。ただ、出発点と帰着点を変えて(例:長崎IN、福岡OUT)三角移動したい方は、念入りに計画する必要がありそうです。

車が必須!軽でOK!

五島では、港に着いても空港に着いても、車が必要です。レンタカーの予約をお勧めします。いつも普通車に乗っている方も、軽のレンタルで構いません。普段乗らないから少しでも快適にと、高級車を予約しない方がよいかと。なぜか?一つは、ガソリンが島価格でリッター当たり20円くらい高いのです。少しでも燃費がよい方がいいですよね。もう一つは、狭い道と側溝が多いので、車が小回りがきく方がよいです。この2つは地元の方に聞いたので、参考にされるとよいと思います。