トリアーのノルウェー映画『テルマ』

大好きなラース・フォン・トリアー監督は、私の信頼する監督のベスト10、いやベスト5に入るかもしれない。クレイジーな作品を作る。

今回、トリアーという所だけを信じて観に行った、彼の甥っ子さん(同世代!)のヨアキム・トリアー監督。デンマーク生まれ、ノルウェーが生活の拠点らしい。2017年の『テルマ』だ。

これから見られる方のために、もちろん結末は言えないが、私がいいなと思った点をお伝えしたい。

◆画面が暗くていい!

ここは北欧だった、と意識させられるほどに、外も暗ければ、家の中も暗い。空がどんよりしていて、鳥の群れが不愉快に舞う。日本のコンビニレベルの明るさに慣れた目からは、居間もベッドルームも何これ!という暗さ。うっそうとした空気感が、おどろおどろしい作品の雰囲気に貢献している。

◆女の子がいい!

主人公のテルマは子役から活躍する女優さんとのことだが、美女というよりはわりとどこにでもいる普通の女の子感があり、好感が持てる。テルマが大学で知り合うアンニャは目鼻立ちがはっきりしていて、妖艶。誰かに似てると思って記憶を辿ったら、『ヘンリー&ジューン』(1990)だった。大きな目のマリア・デ・メデイロスと、人間離れしたユマ・サーマンを足して二で割った感じが、今回のカヤ・ウィルキンスだろうか。

◆争いがないのがいい!

この映画はホラーかと思ったら、オカルトかな?人と人が争ったり、傷つけ合ったりするようなものではない。極めて平和な日常の中に、何かを見つけたり、鳥が鳴いたり、目が合ったりした時の、静かな恐ろしさ。「苦しい」「熱い」「悲しい」など様々な感情を見ている者と共有し、画面の空気感で恐怖に包みこむ、上級で上質な作品。

 

「カメ止め」人気が止まらない!

『カメラを止めるな!』(2018)

kametome映画評論をする者の性分として、映画を見た後にどうしてもしたくなってしまうことがある。
それは、その映画を①監督の過去の作品と比較し、テーマや表現の側面から分析すること、そして②映画史の大きなカーペットの上に作品を位置づけようとすること。

カメラを止めるな!』(2018)は、上田慎一郎監督の初長編作品で、すでにご覧になった方も多いと思う。作品は、大きく2つのパートに分かれている。前半はホラー、後半はコメディだ。

映画自体にフォーカスを当てた作品、映画について自覚的である作品は、Self reflexive と呼ばれる。『カメラを止めるな!』も、映画制作自体がテーマだ。

映画について自覚的な作品としてよく例に挙げられるのが、ウッディ・アレン監督『アニー・ホール』(1977)、ロバート・アルトマン監督『ザ・プレイヤー』(1992)。シーンでは伊丹十三監督『タンポポ』(1985)など。

 

前半のホラーは、37分ノンストップ。ハンドカメラの手ぶれも、長回しという技術も、これまであったやり方だ。ビデオカメラの一般化とともに、カメラの機動性が高くなり、少人数でも扱いやすくなり、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(1999)と似た印象。これも低予算で大ヒットを記録した。長回しは劇映画でも全編ワンカットを謳っている作品があり(フィリピン『人質交換』(2015)など)、ドキュメンタリーは基本カメラを止めなければワンカットになる。

後半はコメディ。サスペンスと似ているが、自分が知っていることを誰かは知らない、というところにギャップが生じ、笑いが起こる。「刑事コロンボ」シリーズをご存じだろうか。犯行シーンはいつも冒頭、そして犯人を追い詰めていく刑事さんに、観客は同化しつつ、名案にうなり、共感を寄せる。

「カメ止め」で素晴らしかったのは、キャスティングだと思う。劇中劇の映画監督は、濱津隆之さん。ペーソスたっぷりの表情で、観客のエールを集めるキーパーソンだ。劇中劇で助演女優となるしゅはまはるみさんは、個性派の小林 聡美さん、片桐はいりさんらの系列に入れてよい大物感あり。そして、主演女優の秋山ゆずきさんも、女性に嫌われるタイプの女性を好演している。