クイーン

予習するかしないか決めて行く、『犬王』(2021)

こんにちは、星読み☆映画ライターのJunkoです! 森山未來さんが好きという理由だけで(あと漫画家の松本大洋さんも好き!)、予習ゼロで足を運んだ『犬王』(2021)。日本史に極めて弱く、犬王の意味も知らない私が観た結果…。 『犬王』へのひと言 二択をお示しします。 予習してから行くか、ふんどしロックとして観るか。 どうも既視感があったのは、多くの方が書いておられるようにクイーンを彷彿と […]

若さは素晴らしい!『ボヘミアン・ラプソディ』

また書いた、と言われるくらい間を置かずに連投します!(前回はこちら) 映画『ボヘミアン・ラプソディ』はロックグループのクイーンを題材にしたものですが、アラフィフのオーディエンスがティーンエイジャーだった時にドンピシャなんだと思います。楽曲としての『ボヘミアン・ラプソディ』は1975年発表というので私は2歳だったし、映画に登場するチャリティ・コンサート Live Aid も1985年ということは、ま […]

『ボヘミアン・ラプソディ』に見る強烈なアイデンティティのお話

まず初めに、素晴らしい映画でした。元気が出ました。 特に世代の方々は、ドはまりしたことと思います。私は現役の時のクイーンを知りませんが、それでも曲は分かる。 公開後、劇場でも混雑していますね。今日も朝からいっぱい、夕方まで満席です。 映画もそうですが、人物がパワフルだったのだと思います。 映画が始まってすぐに、これはアイデンティティについての作品だと分かりました。ネタバレにしたくないので、主人公フ […]