「チームラボ プラネッツ」を丸ごと楽しむ!所要時間と注意事項は?

「チームラボ プラネッツ」を丸ごと楽しむ!所要時間と注意事項は?

チームラボ プラネッツ」に行ってきました。

ネタバレなしなのでご安心を。これから行く方に役立つかもしれない情報を書いておきます。

東京には2つの「チームラボ」

今回体験した「チームラボ プラネッツ」は豊洲にあります(最寄り駅は新豊洲駅)。

一方、「チームラボ ボーダレス」は台場にあります。(最寄り駅は青海駅
/ 東京テレポート駅 )。

両方行った方から聞いたところ、台場の方が展示数が多く、時間も必要とのこと。まずライトに体験したい場合は、豊洲をおススメします。

入場料はどちらも3,200円です(2018年1月時点)。

「チームラボ プラネッツ」への行き方

新橋と豊洲を結ぶ路線「ゆりかもめ」。新豊洲駅は豊洲駅から一駅ですが、天気がよければ一駅分歩ける距離。ゆりかもめ走行路を目印に進むと、10分弱で到着です。

こんな感じで右手に見えてきます
左手に、新豊洲駅。この次が、豊洲市場のある「市場前」駅です

入場時間が 30分ごと指定されているので、その時間に列に並びます。ここは外なので、暑すぎたり寒すぎたりする日には注意してください。およそ30人ずつくらい入場していくので、私は休日でしたが待ち時間はわずか15分でした。

高層ビルが並ぶのも豊洲の光景。穏やかな晴天に感謝

大切な注意事項

絶対に大切なことは2つです。

一つは、スマホを落とさないこと。落とさないよう、入場時にパスケースを貸してもらえるので、その中に入れて首から下げます。パスケースの上からも操作はできるので、常に入れてジッパーも閉めておくのがいいと思います。

タブレットなど大きいものは入らないので、ご注意下さい。

もう一つは、私も注意が十分でなかったのですが、膝までまくれるパンツを履いておくことです。私はタイトなジーンズを履いていて、ふくらはぎまでまくったらうっ血したので断念。

公式ウェブサイトにも、

  • 館内では裸足になっていただきます。
  • 大人の方でも膝丈まで水に濡れる場所がございます。
  • 床が鏡面になっている場所がございます。
    スカートや裾の広いズボンなどの場合、下着が映り込む可能性がございます。

とあるので、ストッキングやスカートも避けた方がよいです。スカートでも中にスパッツを履いておけば大丈夫ですね。

私のようなうっかりさんには、ハーフパンツを無料で借りられます。感謝!

しかしそのせいか、ムエタイ選手のようなルックスと化した私…。

チームラボ プラネッツの所要時間

チームラボ プラネッツの大きな見どころは、5つほどあります。大体15~20分ほど楽しんでいくので、1時間半見ておけば十分かなと思います。速い人で1時間、ゆっくりでも2時間あればよいと考えています。

館内は飲食禁止で、スマホ以外すべてロッカーに預けて体験をしますので、途中で喉が渇きます。それもあって、あまり長い時間楽しんでいられないというのが正直なところです。

誰と行くのがよい?

一人で空間に没頭するのは素晴らしいと思います。短所は、写真を撮るのが大変なこと。自撮り棒は使えません。

となると、同性の二人以上が楽かな。インスタ目的の女性二人組であれば、お互いを撮りあうのにいい組み合わせです。カップルの場合は、お付き合いが浅いとちょっとドキドキするかも… 隣に寝転んでも大丈夫なくらいの方と行きましょう。

ファミリーもいらしていて、子どもさんには楽しい空間です。かなりアドレナリンが出るので、その日はぐっすり寝てくれるはず。

バリアフリーではないので、サポートが必要な方は事前に相談されるのがよいと思います。

チームラボ プラネッツ の体験をひと言で言うと…

オシャレな温泉ランド

素足で過ごすこと、膝まで水に濡れること、館内がモワッとしていることから、温泉ランドにいる感覚が強いです。

その中で、キレイなものを観たり、暗闇で薄明かりを頼ったり、足裏にさまざまな質感を味わったり、ちょっといい香りに包まれたり。

そのようなオリジナルな体験に、映画2本分、温泉ランド2-3回分払ってもいいな、と思えたらGO! でしょう。

金額が少し…という方は、平日割引や、夜の割引があるので活用してみては。

最後におまけで、近未来的な写真が撮れました。気に入っています!

それぞれの楽しみ方で、満喫されて下さい!