ついに300投稿!ここからどこに行く?

ついに300投稿!ここからどこに行く?

2019年5月の「祝200投稿!ゆるやかに発信していきます」から、約8か月半。

この時はまだ、グーグル砲を受ける2019年9月より前でしたから、可愛らしいことを言っていたと思います。

もちろん私のブログから見える景色も今では変わりましたが、記事の発信という意味ではあまり変わっていません。週3回の投稿をゆるやかに続けています。

ここで一つ、小室淑恵さんの話。これね、2008年の本なんですよ。買って読んだから覚えています。当時は22時ころまで会社にいるのが当たり前だったので、早く上がるなんて夢の夢でした。というか、早く帰ったら何していいか分からなくなるレベルに、麻痺していたと思います。

小室さんが繰り返し言っておられることは、「人間の集中力は、起きてから13時間が限度」、つまり朝7時に起きたら最悪でも夜8時までに仕事を切り上げる必要があります。

なぜこの本を話題に出したか?と言うと、ブログを書く時間を最近昼に移動させました。帰宅して夜10時、11時に書くのではなく、昼休みを有効活用し、さくっとお弁当を食べた後にブログの下案を書きます。集中していますので、ほぼ書き上げることができます。これで、写真やタイトルを付けたとしても、遅くに作業することなく、ブログを続けられています。

私にとっては、ルーティンというか、筋トレのような作業と化しています。スキマ時間の有効活用と言う意味でも、なかなか満足度が高いです。

さて、次の目標は何か。

ネタを探すことや続けることが目標になっては寂しいので、文章をもっと際立たせていきたいと思います。これまであまり意識的にしてこなかったのですが、客観的に自分の文章に手を入れることをしていきたい。

最近、新宿の紀伊国屋書店のレジ横で見つけた本。買いました。

バズることが目的ではないんです、念のため。つい読んでしまった、とか、この人の文章いいな、とか、そういう形でリピートしてくださる方が増えたらいいなと思って。そのためには、文章力を上げないと。

著者の三宅香帆さんは、文芸オタクと名乗るほどに本がお好きで、つい読ませてしまう文章のテクニックには何があるか?ということを、かなりアナログに研究されまとめて下さいました。今の時代、AIにも似たようなことはできるかもしれませんが、人間が編纂したことに脱帽です。まるで花の蜜を吸い、自身の体内を通してハチミツにしてくれたミツバチのよう。

まなぶはマネる、と言います。だから三宅さんが例に出した森鴎外でも星野源でも、じゃんじゃん自分の文章に取り込んでいきたいと思うのです。ぜひ笑ってやってください。

フラリと訪ねてくれた方も、定期的に読んで下さる方も、本当にありがとうございます。300投稿まで来られたことを、一緒にお祝いしたい。励みになります!そして、Happy Valentine’s Day!