二番目が紡ぐ物語 『ラストレター』

二番目が紡ぐ物語 『ラストレター』

岩井俊二監督の最新作『ラストレター』を見てきました。何とかネタばれにならないよう書きます。

この作品で一番のキーワードは、「二番目」のような気がします。

人生でこういうことないでしょうか。例えば一番注目の的である姉に対する、二番目の妹。例えば一番好きだった人ではなく、二番目に好きだった人と結婚すること(もしくは一番好きだった人に選ばれず、二番手になり下がる)。例えば一番目の妻ではなく、二番目の妻。母でなく娘、というのもあるかもしれません。

そういう、二番目の登場する群像劇のような気がします。

この映画は、主人公が不在とも言えます。その不在の中で、周囲の人がどうその穴を埋めようとしているか、もがいているところがあります。

最後、それが少し救われるところもあって。つまり、二番目は自分の人生の一番手として生きようとする。そのギアチェンジが、観る者をスッキリさせます。

ストーリーについて伝えたいのはそんなところですが、相変わらずキャスティングが素晴らしいです。岩井監督が得意とする少女たちを描きながら、今回は中年男性もしっかり主人公でした。福山雅治さん。高校時代に好きになった人を忘れられずに25年間、まだ好きだという思いを持つ小説家。よく言えばピュア、悪く言えば過去に酔っているような、十分カッコいいのに憂いのある役、存在が光りました。歌手だから、声もいい!

森七菜さんも、広瀬すずさんの妹(回想)/従姉妹を好演していました。お茶目なキャラの中に、少しだけ見える羨望、嫉妬、失望を、うまく表現していたと思います。

もちろん、松たか子さんや広瀬すずさん、トヨエツが素晴らしいのは言うまでもありません。中山美穂さんのくたびれた感じもサイコーでした。皆さん岩井監督ファミリーです。欲を言えば、庵野秀明さんには役柄上「嫉妬する夫」にもう少し深みがほしかったと思います。

最後にひと言、岩井監督と同世代に生きてきてよかったなと思える、大人の作品でした。

映画公式サイト https://last-letter-movie.jp/

映画公式ツイッター  https://twitter.com/lastletter0117

映画公式インスタグラム  https://www.instagram.com/lastletter0117/

https://last-letter-maker.com/  (キャンペーンは終了しています)