みやじインスタ、デジタルと相性いいアナログ

みやじインスタ、デジタルと相性いいアナログ

幅広い年代から愛される、エレファントカシマシの宮本浩次さん。「みやじ」の愛称で知られます。

彼のストレートな歌声に熱烈なファンがいる中で、時々フリーズしたり、頭をぐしゃぐしゃっとかき乱す姿がユニークすぎて、よくネットで話題になっています。

ロックスターとして優等生すぎる、太らない体。私はこっそり「ルパン三世体型」と呼んでいます。現在53歳、カッコよすぎ。

で、みやじさんも音楽シーンには40年近くおられる方なので、続けること、変化し進化すること、ファンとの関係性も変わっていくと思います。昨年インスタグラムを始められていますね。

アカウント名「miyamoto_sampochu」ですし、メイン画像裸足ですし、きわめつけが「手書きの縦書き文章」!

一番最近の投稿は2020年1月1日、なかなかです。2枚目の写真は万里の長城!謎すぎます。

View this post on Instagram

#宮本浩次 #宮本独歩

A post shared by 宮本浩次 hiroji miyamoto (@miyamoto_sampochu) on

こちらは2019年2月5日の初投稿。写真日記とありますが、写真も日記ももうほぼ死語かも。

View this post on Instagram

#宮本散歩中 #宮本浩次

A post shared by 宮本浩次 hiroji miyamoto (@miyamoto_sampochu) on

1年近くでまだ20投稿と言うスローテンポもおもしろく。

インスタグラムは、ストーリーでの動画配信、4枚や9枚一組での大きな画像など、見せ方にもいろいろな工夫があります。宮本さんは、意識したのかしなかったか分かりませんが、デジタルにアナログを持ってきたことで、むしろ新しい表現になりました!本人しか書けない手書きのタッチが、ファンとつながるうえで最強です。