食の幸せがギュッと詰まった、クリスマス・ハンパー

食の幸せがギュッと詰まった、クリスマス・ハンパー

この季節、イギリスなどでよく見かける「クリスマス・ハンパー」。ハンパーは、バスケット、カゴの意味です。

そして、クリスマス・ハンパーには洋酒を効かせたフルーツケーキ、ジャムなどの食品の数々。これは、保存食をバスケットに入れてプレゼントする、という習わしからのようです。

実際に見てみるのが早いので、ご紹介しましょう。

ハロッズです。

https://www.harrods.com/en-gb/christmas

写真から見えるのは、ジャム、コーヒー、紅茶、ビスケット、チョコレート、ケーキ、などでしょうか。クリスマスプディングという、この時期特有のデザートが入ったり、ワインなどお酒が加わる場合もあります。価格帯は40ポンド(5,700円)くらいから、500ポンド(75,400円)くらいまで様々。予算に応じて、ということでしょうか。

次は、Waitrose(ウェイトローズ)です。ちょっとよいスーパーという感じで、日本で言うところの成城石井、紀伊国屋あたりでしょうか。ためしに250ポンド(35,700円)のハンパーを覗いたところ、こんな中身でした。名前も「Waitrose & Partners Christmas Extravaganza Crate(クリスマスの豪華な木箱)」です。

https://www.waitrosegifts.com/hampers/waitrose-christmas-extravaganza-crate-642412

こちらは fresh food hamper ということで、チーズや生ハムも入っています。なんだかこれだけでポストカードになりそうな、可愛らしいアイテムです。

日本のお歳暮よりも、価格帯は少し高めのように思いますが、お酒を楽しむ方も、カジュアルにアフタヌーンティーなど楽しむ方も、もらったら必ず嬉しい、幸せのバスケットですね!ハッピークリスマス♪