京都モーニングの実力、いかに? (1) 進々堂

京都モーニングの実力、いかに? (1) 進々堂

夏の京都にお邪魔しました。最近、旅行や出張でもホテルの朝食をつけることは減ったので、その代わり地元のモーニングにトライです。少し前に岐阜へ出かけたときは、さすが名古屋の文化圏からか、あらゆる喫茶店でモーニングが充実。観光地である京都はどうでしょうか?

進々堂レポートです。

名前がいいですよね。ベーカリーでなく、万年筆を売っていそうな屋号。三条河原町の交差点にあります。逆側に、三条商店街が伸びています。

全体的に黒とダークブラウンで抑えめの色使い、パン屋と分からずに通り過ぎてしまうかもしれないくらいでした。

ほら、控えめですよね。(うっすらパンが見える)

さて、さっそくモーニングです。私は日曜日の7時半すぎにお邪魔しましたが、8時には満席になってしまいました。

中はちょっとしたゴスロリ調?です。

さて、注文です。英語はちょっとだけ惜しかった。

私は時間が限られていたので、パンの食べ放題を選ぶ余地がありませんでした。その代わり、760円のメニューで、おかずとパンの種類を選びます。

  • スクランブルエッグ
  • フライドエッグ(目玉焼き)
  • ミネストローネスープ
  • グラノーラ&ヨーグルト  ←私はこれ!
  • パン・ド・ミ(山型食パン)
  • プルマン(四角い食パン)
  • 雑穀生活
  • 全粒生活
  • コテディアン(田舎パン) ←私はこれ!

飲み物は、もちろんホットコーヒーにしました。

ほどなくして来たプレート、はこんな感じです。

つい塗りたくなる昭和なジャムも!

塗ったのはいいですが、いつも雑です。バターにいちごジャムって、小さな頃のちょっとしたご褒美感があります。

コーヒーもすっきりしていて、美味しかったです。

私のお隣の観光客ファミリーが、4人で来店していたので、彼らが頼んだ食べ放題をパシャリとさせてもらいました。

全部説明してくれます。(英語でもやっておられました。)

名残惜しく去りますが、店内はこんな感じです。

忙しくも、お店の方はきびきび働いておられて、素敵なお店でした。

そして小さなケーキ用ショーケースには、マカロンが。このサイズは、フランス本場のサイズです。かっこつけてないところがいい!

京都の良心が詰まったお店でした!