両手に花!「選べなくて困る」おススメ作品群

「両手に花」ということわざは、一人の男性が二人の女性を伴っている時に使われる。その逆は、何て言うのかな。

http://betsuma.shueisha.co.jp/memories/

いくえみ先生が大好きなあたしは(一人称指定)、『POPS』で薬子が三島と湖太を両脇に抱えるシーン、くぅ~~印象的ですね。

私も、人生で一度だけ、しかも10分足らず、リアル薬子状態になったことあります。海外でしたが。

最近は、高橋一生さんと佐藤健さんにはさまれるLilicoさんを見て… 悶絶!

「半分、青い。」で律と涼ちゃんにはさまれる鈴愛も、いいよね~♡

 

映画でも、女1男2の三角関係は永遠のテーマなので、少しクラシックな1960~70年代から二人の男性を一人占めできる映画をご紹介。

  • 「突然炎のごとく」(Jule et Jim):F・トリュフォー監督1962年の作品。ジャンヌ・モローの瑞々しい演技が話題となった。
  • 「男と女」:(Un homme et une femme):こちらも、アヌーク・エーメの圧倒的な美しさが印象的。事故で他界した夫と、偶然出会った男性との間に揺れ動く主人公を描く。
  • 「明日に向って撃て!」(Butch Cassidy and the Sundance Kid):ジョージ・ロイ・ヒル監督1969年作品。恋愛色は薄いが、男2でも、女2男1でも成立しない絶妙なバランスが成立。
  • 「天国の日々」(Days of Heaven):テレンス・マリック監督の美しい映像に乗せて、若かりしリチャード・ギア様をご覧あれ。1978年。

たまには妄想のヒロインとなり、「どっちも好きで、選べない」を楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です