丁寧な暮らし

2/3ページ

醤油百選味比べ!

海外から日本の空港に降り立つと、どこか醤油くさいという都市伝説があるくらい、日本人と醤油とは奥深いつながりがあります。そんな醤油について、料理研究家と、そして醤油専門店と、接点がありました。 行正り香さんと、薄口醤油 私が料理用の醤油を1種類から2種類に増やしたのは2000年頃、行正り香さんのレシピ本との出合いでした。行正さんは、料理研究家というよりもスタイリストという感じ。 当時まだ広告代理店に […]

茅の輪くぐりで、今年に感謝♡

茅の輪(ちのわ)くぐりは、どうも6月の印象がありますが、半年に一度というのが正しいのでしょうか。 今週の山王日枝神社。いつも変わらない姿です。空気がピリッと肌を刺すほどの朝でした。 どこかしらで工事しているのも、このエリアの光景ですね。 ちなみに右手奥に見えるのが、東急キャピトルタワー。神社も小高い丘にありますが、ホテルが神社を見下ろす位置関係にあるのも、今どきです。 一週間すると、神社も初詣で大 […]

「ル・スール」の陶器カップが届きました

普通銀行の金利に辟易している人は多い、というか増えることを最初から期待できない時代です。よく、0.001%で100円増やすには何年かかるか、というクイズになったりしているくらい。そこで皆さん、株式、外貨預金、投資信託、ビットコインなど、別の手段で増やそうとしますよね。 増やすまで気力がない、知識がおぼつかない場合は、眠らせておくよりは活用することができます。無利子で応援する企業に預けて使ってもらい […]

手づくり味噌には昆布をイン!

普段、昆布を消費することは、なかなかないだろうか。塩昆布は使うことはあっても、昆布を毎日の食事に使うかというと、なかなかそうはならない。 私は「味噌玉」を作るようになってから、昆布の消費が日常的になった。味噌玉は、味噌とダシ、具材をボール状にしたもので、お湯に溶くだけで味噌汁になる。私はそれすら面倒で、味噌、ダシ、具材を小さなタッパーに入れて、お弁当に忍ばせている。 今年初めて味噌づくりをしたもの […]

塩加減のマジック!

塩はどの国の料理にも使われている、もっともベーシックな調味料の一つ。 食材によって塩のパーセントは違うが、それぞれ絶妙な塩加減になるのが、料理を通して分かってきた。今日は,私がトライしたことのあるレシピから3つをご紹介。塩の多い順です。 梅干しの作り方。初心者でも失敗しない簡単な漬け方。 (やまでら くみこ のレシピ) 今年、こちらのレシピを参考に、初めて梅仕事をしました。しそは入れずに塩のみで4 […]

スリランカのお土産として!体ぽかぽかドリンク「サマハン」

インドとスリランカはカレーなど共通の食文化もあると思うが、カレーに欠かせないスパイスは生活の一部になっているよう。 スリランカに行く人がいれば、ぜひお土産をお願いしたいのが、「サマハン」。体調が少し優れないときに飲むナチュラルな薬です。 ゆるやかに天然の成分で治すようなカゼ薬、日本なら葛根湯でしょうか。スリランカではクミン、コリアンダー、ジンジャー、コショウ等のスパイスミックスです。 写真のこの箱 […]

破れないストッキングが世界を変える!?

女性に生まれたことは100%喜ばしく思っているのだけれど、ストッキングだけは苦労した経験が多い。 20代の頃は、代謝もよいので暑く感じ、まとわりつくのが気持ち悪くて、履けない。大体素足にフットカバー的なもので済ませてしまう。 30代後半くらいから、足の乾燥や引き締めなどの目的もあってだんだんストッキングを履くようになったが… 悲しい哉、私は足が大きいのですぐに親指に穴を開けてしまう。1 […]

アクセサリーは作家から買う「ミンネ」

アクセサリーは習慣的にするものなので、付けなければ落ち着かない人もいれば、まったく付けなくて大丈夫な人もいると思う。私は肌の弱さから、汗をかいたりかぶれたりということを避けるために、アクセサリーを身に付けないことの方が多い。しかし、肌に負担をかけない軽くて細いものなどは、付けたいなと思うことがある。 「ミンネ」というサイト(アプリ)を見つけたのは、ちょうどハンドメイド作品の販売サイトが立ち上がった […]

手で食べる美味しさ 極めつきはポテチ

素手で握ったおにぎりが衛生的でないとして、食べない子どもがいると言う。ラップも普及しているし、コンビニおにぎりになれているからだろうか。 パンや麺は、手作りすれば素手でこねるものだ。和菓子は職人が手で成形している。それを思えば、感覚的な問題なのかな、とも思う。 手で食べる美味しさを一番感じたのは、私の場合ポテトチップスだ。本を汚したり、服を汚したり、何度となく裏切られた(?)食べ物。 人生で一度だ […]

築5年物件にピクチャーレールをつけてみた

好きなものと暮らすこと。誰もが憧れているだろう。現実は、たくさんのものに囲まれて、好きなものがどこか分かりづらくなっていることも多いと思う。 そんな、どうしても後回しにされがちなアイテムの代表格がアート、「絵画」や「額縁」ではないだろうか。賃貸物件は壁に穴を開けることができないし、分譲物件であっても変更の効かないような大がかりな冒険は避けたい。日本家屋の代表格である鴨居はもうないのが当たり前なので […]