ヒカキンすごいから

ツイッター、インスタグラムは、だいたいどの企業・団体でも取り入れているかと思う。動画が大事と言われていながら、YouTubeは少しハードルが高く、YouTuberについては「知らない」「分からない」という人も多いのではないか。

ヒカキンとはじめしゃちょーは小学生に大人気。しかしテレビ界では子どもが真似するものは長く続かないため、YouTuberも一発屋なのではないか?と、私も食わず嫌いであった。

しかし動画を見ていくにつれて、自分の見方も少しずつ変わっていった。YouTuberさんにまつわる誤解を3つほど、紹介したい。

動画は短いものしかウケない?

6秒動画Vine(ヴァイン)はなくなってしまったが、Snapchatは10秒、Tik Tokも15秒と、短時間しか見ている人の興味を引き付けられないように感じてしまう。

しかし特にYouTuberさんの作品になると、特定のファンがついており、その方の世界観に浸りたい、その方を見ていたいというニーズが発生する。ヨガや筋トレであれば、5分プログラム、10分プログラムもある。

そのため、動画は短い方がよい、かどうかはケースバイケース。誰に何を届けたいかで、変わってくる。

動画は、いわゆる映像教材と一緒?

通常の教材は、後ろにホワイトボードがあって、教室にいるかのようなスタイルが多いだろう。YouTuberさんの場合、もう少しリアルだ。

バイリンガルのYouTuberさんが英語を教えているものでは、「海外のスタバ/マック/サブウェイで注文」「聞き返す時のフレーズ」「お土産を渡す」などより実践に近くリアルなシーンが見られる。そういう英会話教えてくれなかったよね、と思うと、切り口が素晴らしいと思う。

YouTuberは企業の味方?

例えばコスメ、菓子、飲料などの新商品を著名人に使ってもらう、というような売り方は昔からあり、ブロガーさんも例外ではなかった。YouTubeではさらに、YouTuberにスポンサーがついて、CMを作ることがある。YouTuberのチャンネルもしくは、企業のチャンネルで公開となるようだ。

YouTuberさんの一番の強みは、徹底的な「消費者目線」。

モノを売る側は、伝えたいことがたくさんある。だからたくさん並べてしまう。往々にして、それは消費者が知りたいことではない。

hikakin tv cover

以下の動画が、ヒカキンさんの事例だ。モノを売る側からは出てこない発想、かつ購買活動を妨げない仕掛けが、この動画に集約されている。考えていると見せずに考え抜いているヒカキンさんに、脱帽!

色んない・ろ・は・す全部混ぜたら何味になるの?

YouTuberは企業のイエスマンではないところが、テレビCMと違うかな。むしろ中立の立場。よい塩梅でいじりつつ、その商品に興味を持たせることには成功しているプロ。同じ動画でも、テレビとは別ジャンルで考えるのがよさそうだ。

60年代のやくざ映画がラグビーに影響?

日本でのラグビーW杯を1年後に控え、海外選手のタトゥー(刺青)が話題になりました。統括団体のワールドラグビーが、公共のプールやジムではタトゥーを隠すように、と呼びかけたことが発端です。

NHKは、イギリスBBCが「1960年代に派手な入れ墨をした “YAKUZA” (やくざ)が登場する任侠(にんきょう)映画が多く制作されたため」日本でタトゥーが暴力団を連想させるようになった、と解説したことを報道。大真面目なBBC、ナイス!

任侠映画ってなに?

  • 映画の一つのジャンルで、日本のやくざを扱うもの。組織犯罪を扱うジャンルはギャングスタ―・フィルムと呼ばれ、もちろんハリウッドでは戦前から作られていて、1970年代の『ゴッドファーザー』シリーズも立派なギャングスタ―・フィルム。
  • やくざ映画と言えば、東映。映画会社はほかにも松竹、東宝、大映、日活など、それぞれの看板で監督が作品を作っていた時代。
  • 東映では、高倉健さん、小林旭さん、千葉真一さんなどの主演作品がヒットしていた。
  • 任侠映画が多く制作された、とはシリーズものが量産されたことを指すと思われる。

高倉健さん人気か?

シリーズもので多くの方の目に留まったとなれば、高倉健さんのやくざ映画の数々。高倉健さんは、1960年代に「日本侠客伝」「昭和残侠伝」というやくざシリーズものに出ている。「網走番外地」も加えて三大シリーズらしいが、網走…は刑務所映画。

というわけで、BBCがそう解説するほどに影響があった、「1960年代に派手な入れ墨をした“YAKUZA”が登場する任侠映画」の代表格は、高倉健さんに決定!

A1dRozABDhL._SY445_

  1. ただ、日本人には「遠山の金さん」などでも刺青になじみがあるため、もう少し検証が必要。