中途ハンパな地方都市は「非密」に振り切ろう

今、在宅勤務やリモートワークの流れを受け、人口の集中する東京に住むのはむしろリスクだと言われるようになりました。 これは、少なくとも「大都市に出てくることがサクセスストーリー」だった30代以上の労働人口にとって、大きな変化です。35年住宅ローンを払い続けている最中なのに、勤務地も住居も、東京でなくてもよくない?という提案なのですから。 もちろん、軽井沢や伊豆のようなところに住めたら嬉しいです。小鳥 […]

推さずにいられない!鬼鯖鮨(長崎・五島)

以前も東急ハンズとか、ミスタードーナツとか、タイラ・バンクスとか、私なりの好きを伝えてきました。これからもたまに、「好きです」シリーズを書いていきたいのです。 今日の告白… しめ鯖が好きです。一度だけ自宅でも作ってみようと思い立ち、家庭用冷凍庫で冷凍してロシアン・ルーレットのように食したこともありましたが、アニサキス(寄生虫)の問題があります。私の過去のような真似はしないでください。 […]

たまにはデジタルデトックス

時間がないと嘆いておられる、すべての方にお伝えします。時間を作る方法。 デジタルデトックス! 私の場合はブログを書いているので、ノートパソコンはプライベートでも使うのですが… 時間を奪うのは、むしろスマホの方ですね。 先日通勤にスマホを忘れたことに気づきましたが、時間がなかったのでそのまま向かいました。電車の中、30分もしないのに長かったこと! 中吊り広告を見たり、ちょっと迷走もどきを […]

潜在意識にライトアクセス!心のブロック解除

心のブロック解除をするのに、私たちの意識の95%を占める潜在意識が変わることが大事、それは気づいている人も多いと思います。 最近、潜在意識に「ライトに」アクセスするマインドブロックバスターというのを知る機会があったので、そのお話をします。 やや「ヘビー」なUMI その前に、やや「ヘビー」なお話をしましょう。私が学んだUMI(Universal Mind Integration)では、普段感じる何気 […]

期間限定フレンチトーストにつられて向かった「サラベス」(東京・八重洲)

サラベス東京店は2015年12月オープンしました。私が初めて訪れたのは2016年4月、朝食メニュー目当てながら、夜の予約がやっと取れて行ったのを覚えています。Billsもそうでしたが、朝ご飯が夕方になっても食べられないほどの人気が、続いていました。 2016年談。夜でもフレンチトーストは提供してくれたので、食事系のハンバーガーと甘味系のフレンチトーストをチョイス、シェアしました。その前にオードブル […]

広瀬香美さんが神様から与えられた才能に気づくまで(しくじり先生SP)

たまたま見たテレビ朝日『しくじり先生 俺みたいになるな!!』特別授業SP (2020年7月12日放送)が面白かったので、まとめておきたいと思いました。 冬の女王で人気YouTuberの広瀬香美先生が登場します。そう、ついた呼び名は冬の女王なのですが、先生ご自身が、「私は冬の女王様」と様をつけるのが、可愛らしいです。私は広瀬さんブレイク時、ちょうど留学していて日本のポップスから離れていたため、広瀬さ […]

ポテサラ論争を宇宙の法則で見てみる

久しぶりに、宇宙の法則(UMI: Universal Mind Integration)で見てみたいという現象が起こりました。「ポテサラ論争」です。 登場人物は3人ですね。大よその反応は、幼児連れの女性、そしてポテサラを買って応援の気持ちを送った「私」への共感と、男性は何を言っているんだ、何もわかっていない、という非難です。 私が宇宙の法則を学んだ時に、難しいと感じたことの一つは、「この世の中、い […]

スマホで体温測りたい(と、みんな思う)

検温が日常のものとなりつつあります。 以前、こんな投稿をしました。 この中で、「くさいものが検知できる装置」がほしいと書きました。そして、そのデバイスはスマホだったら便利だなと思うのです。一番身近で、マルチな存在。そう、電話なのにメッセンジャーであり、カメラであり、電子マネーであり、ゲームであり、目覚ましアラームであり、計算機であるデバイス。 話を検温に戻すと、5月はじめに頭痛がして近くのクリニッ […]

Go To キャンペーンの謎が解けたよ

少し英語を勉強した方だと、「Go To キャンペーン」と聞いて、あれ?と思うと思います。 Go To の後には、「場所」が来るのが一般的です。「~へ行く」の~がないのは、変な感じがします。Go to school とか言うくらいですから、旅行に限った話ではありません。 英字サイトでは、「Go To Travel Campaign」とされているようですが、Go To キャンペーンと同じなのでしょうか […]

厚盛ひまわりに沸く、ロンドン・ナショナル・ギャラリー展(10月18日まで、上野)

バンクシー展に続いて、日時指定の美術鑑賞です。イギリスずいてますな。 美術展をなぜ日時指定にしないのか、常日頃疑問に思っていました。2015年の鳥獣戯画展(東京国立博物館)では、絵巻物3分のために2時間以上立って並びました。並んでいるうちに人が増え、この写真を撮ったことを覚えています。また、2017年の「怖い絵」展(上野の森美術館)も、日曜の夜出かけて1時間待ちのうえ、初詣レベルの混み具合に絵を見 […]

1 38